搭乗員スキル

Last-modified: 2021-07-30 (金) 01:40:08

搭乗員スキルとは

搭乗員(パイロット、銃手)の性能を向上させたり、戦闘を助けてくれる技能である。
一部の例外を除いて習得に順序はない。
例えば、
銃手が4ポイント持っているなら習得に4ポイントを要する弱点集中だけを習得する、
というようなことが可能。

 


 

スキル習得に要するポイントの獲得方法について

戦闘を行い搭乗員経験値を獲得していけば、スキル習得に用いるポイントは得られる。
必要な搭乗員経験値はポイント数に応じて増加していく。
1つ目のポイントは熟練度が100%になると得られる。
2つ目のポイントはそこから20,000exp稼ぐと得られる。
以降はポイント獲得に必要な搭乗員経験値はどんどん増えていく。

上画像のように14ポイント目を得るために必要な搭乗員経験値はうんざりするほど多い。
(ポイントを得るために必要な搭乗員経験値は公表されていないようだ)

搭乗員1名が保有できるポイントは15、習得できるスキル数は8。

 

なお、v1.9.5からプレミアム機体を用いた場合、獲得できる搭乗員経験値にボーナスがつく。
ボーナスは+20%以上であるらしい。

開発が終わった機体では搭乗員訓練の促進にチェック入れると獲得できる搭乗員経験値が倍になる。
代償として、機体経験値は一切得られなくなる。
機体経験値をフリー経験値へ変換する予定がなければチェックしたほうがいいだろう。
開発が終わった機体に貯めた機体経験値はフリー経験値へ変換する他の用途はないので。

(ハンガー画面で中央上端にあるCREWをクリックすると↑のような表示が画面左上に出現する)

 

スキルのリセットについて

クレジットまたはゴールドでリセットが可能で、ポイントは返却される。
クレジットの場合は1ポイントにつき40,000クレジットが必要。
合計3スキルポイントを使用していればリセットに120,000クレジットが必要になる。

ゴールドでリセットする場合は1スキルにつき100ゴールド。
4つスキルを覚えている場合は400ゴールドで全てのスキルがリセットされポイントが返却される。

いずれの場合も全リセットになり、これは残してこれはリセット、というようなことはできない。


参考として、上の画像のような場合は以下のようになる。
クレジットでのリセットの場合、8ポイントを使用しているので、40,000*8=280,000クレジットが必要。
ゴールドでのリセットの場合、3スキルを習得しているので、100*3=300ゴールドが必要。

安いんだか高いんだか。

World of Tanksではクレジットリセットの場合、経験値がいくらか没収されるペナルティがあるが、
こちらではそのようなペナルティはないようだ。

 

熟練度が100%未満の場合のスキルのペナルティ

以下のような注意書きが搭乗員情報に表示される。

・スキルポイントのための経験値は凍結され、全ての搭乗員経験値は熟練度の向上に充てられる。
・通常スキルの効果は25%減。ということらしい。
・特殊飛行技術は熟練度が100%に達するまで有効化されない。

 

乗せ換え後に再訓練を行っていない場合のスキルのペナルティ

以下のような注意書きが搭乗員情報に表示される。

・いくら経験値を稼いでも熟練度は向上しない。
・通常スキルの効果は25%減(または50%減)。
・特殊飛行技術は無効化。
・いくら経験値を稼いでもスキルポイントのための経験値にはならない。
・各種機体性能は著しく悪化している。
ということらしい。

 

パイロットのスキル

通常スキル

戦闘中、特に何もしなくても効果を発揮しているスキル。

 

耐火 / Fire Resistance


習得コスト:1
火災の時間とダメージが20%軽減。

v1.9.5.3(2016/08/04)にて効果が10%から20%へ増加。


 

鷹の目 / Eagle-Eyed


習得コスト:1
敵機を発見できる範囲が10%拡大。
後部銃手のスキル"警戒"との重複可能。


 

歴戦 / Battle Tested


習得コスト:2
パイロットの負傷確率が20%低下。機体の翼、尾翼、胴体に重大な損害を受けている場合、操縦性が25%上昇。


 

エンジン専門家 I / Engine Guru I


習得コスト:2
エンジン出力が3%上昇。航空機の加速が大幅に向上。


 

射撃手 I / Marksman I


習得コスト:2
前方固定兵装の分散率が5%軽減。命中率が大幅に上昇。


 

破壊エキスパート / Demolition Expert


習得コスト:2
爆弾およびロケット弾によるダメージと爆発半径が10%上昇。

v2.0.10で効果15%が10%へ下方修正。


 

曲芸飛行エキスパート / Aerobatics Expert


習得コスト:2
全ての軸での機動性が2%上昇。接近戦での優位性が大幅に向上。


 

航空力学エキスパート / Aerodynamics Expert


習得コスト:2
搭載拡張パーツのプラス効果の内、航空機の機動性及び速度が40%上昇。


 

防御エキスパート / Protection Expert


習得コスト:2
搭載拡張パーツのプラス効果の内、機体強度及び重大な損害への耐性が40%上昇。

 

 

エンジン専門家 II / Engine Guru II


習得コスト:3(エンジン専門家Iを先に習得する必要がある)
エンジン出力と最高速が2%上昇。"エンジン専門家 I"のスキルとの重複可能。


 

射撃手 II / Marksman II


習得コスト:3(射撃手Iを先に習得する必要がある)
前方固定兵装の分散率が5%軽減され、アクティブに飛行中の標的に対する命中精度が10%上昇する。"射撃手 I"のスキルとの重複可能。


 

ロケットの名手エキスパート / Expert Rocketeer


習得コスト:2
ロケット弾の航空機へのダイレクトヒット率が大幅に向上。


 

特殊飛行技術

戦闘中、条件(動作、被弾等々)によって発動するスキル。

 

消防士 / Fire Fighter

習得コスト:1

アクティブに飛行することで火災を消火。ロール軸とピッチの角速度を高い状態で維持することで、消火可能。


 

クルーズフライト / Cruise Flight


習得コスト:2
航空機が20秒間ダメージを受けなかったときに、視認範囲が20%拡大し、エンジン出力と最高速が3%上昇。敵を攻撃したり、ダメージを受けると、効果が消滅。


 

弾性 / Resilience


習得コスト:3
航空機がHPの70%を失ったときに、重大な損害を全て修理し、全ての搭乗員の負傷を治療し、エンジン及び武器のオーバーヒートを50%軽減し、機動性とエンジン出力を5%向上。1回の出撃中、1度だけ自動的に発動。


 

回避術 / Evasive Target


習得コスト:3
アクティブに飛行中、受けるダメージと重大な損害を受ける確率とパイロットの負傷確率が25%軽減。ロール軸とピッチの角速度を高い状態で維持することでスキル発動。


 

ラプターストライク / Raptor Strike


習得コスト:3
前方固定兵装による降下攻撃中、敵機の炎上確率および重大な損害の発生確率が50%上昇。機体速度が最大効果速度に達し、ピッチ角が45°を超えた際に効果を発揮。

Developers blogによれば、
・45度以上の降下角度。
・Maximum Dive Speedの60%以上の速度。
の両方を満たすと発動するらしい。
Maximum Dive Speedはfileここの数値。機体毎に異なる。


 

アドレナリンラッシュ / Adrenaline Rush


習得コスト:3
武器のオーバーヒートを25%軽減し、敵機を撃墜後の攻撃精度を10%上昇。効果は10秒間持続。


 

銃手のスキル

通常スキル

戦闘中、特に何もしなくても効果を発揮しているスキル。

 

耐久 / Endurance


習得コスト:1
後部銃手の負傷確率が20%減少。


 

警戒 / Vigilance


習得コスト:1
敵機を発見できる範囲が10%拡大。パイロットのスキル"鷹の目"との重複可能。


 

斉射射撃手 / Armorer


習得コスト:2
銃座のバースト射撃の時間を50%延長。


 

反射神経 / Quick Reflexes


習得コスト:2
後部銃座の照準時間が50%短縮。


 

銃弾エキスパート / Ballistics Expert


習得コスト:3(斉射射撃手を先に習得する必要がある)
銃座の射程が10%上昇。


 

防衛射撃 / Defensive Fire


習得コスト:3
後部銃手が攻撃中の敵機からのダメージが30%軽減。


 

精密銃手 / Precision Gunner


習得コスト:3
後部銃手が、敵機の最も価値の高い部位を集中的に狙う。機銃による重大な損害の発生率が大幅に上昇。


 

弱点集中 / Weakest Link


習得コスト:4
後部銃手が、HPの最も低い敵機を集中的に狙う。


 

旧搭乗員スキル

以前のスキル、コメントは以下に移動。
旧搭乗員スキル
旧搭乗員スキル/コメント

 

コメント