Top > NC 1070


NC 1070

Last-modified: 2018-04-19 (木) 11:40:28

Tier8 フランス 地上攻撃機 SNCAC NC 1070 Edit

NC1070_front.jpg
▲初期状態・最終状態

 

スクリーンショットはエンブレム・ノーズアートなし

 

性能一覧(v2.0.4.8) Edit

スペック解説

項目非爆装時フル爆装時*1
火力
Gun Armament
50
爆装
Bombs and Rockets
021
抗堪性
Survivability
42
耐久値
Hit Points
1,300
速度
Airspeed
40
最適高度最高速度(km/h)
Top Speed at Best Altitude
580
最大降下速度(km/h)
Maximum Dive Speed
630
機動性
Maneuverability
25
一周旋回時間(s)
Average Time to Turn 360 deg
17.3
横転率(°/s)
Rate of Roll
50
最適速度(km/h)
Optimum Airspeed
320
失速速度(km/h)
Stall Speed
85
高度性能
Altitude Performance
20
最適高度(m)
Optimum Altitude
800
上昇率(m/s)
Rate of Climb
50.5
フラップ有り
ブースト時間(s)
本体価格(Gold)12,500
 

装備 Edit

武装 Edit

固定武装

機首機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
2x 30 mm DEFA 551 (C)340330700
 

旋回機銃

旋回機銃ダメージ/秒有効射程
(m)
射界
(度)
仰角
(度)
俯角
(度)
2x 20 mm HS 4042089005050-40
 

追加武装1

爆弾攻撃力加害半径
(m)
価格
(Cr)
リロード
(s)
8x 100 kg2,80060700
 

その他の項目 Edit

機体

名称耐久値
NC 10701,300
 

エンジン

名称馬力
(hp)
冷却方式ブースト時間
(s)
2x Gnome-Rhone 14R-24/251,600空冷
 

搭乗員

1Pilot2Gunner
 

解説 Edit

  • v2.0
  • v1.9
    フランスTier8プレミアム地上攻撃機。地上攻撃機にしては比較的速度と機動性に優れている。また後部銃座による防御火力はTier8内ではトップクラス。IL-20並みの火力とIL-40並の射角があるので不用意に後方に張り付いた敵には痛烈な反撃を与えることができるだろう。
     
    その反面正面火力は控えめとなる。30mm機関砲2門は戦闘機相手には強力だがハードスキンの地上目標相手には多少心もとない。また収束率が極端に悪く500-700m程度の距離がある場合は狙った箇所にはまず届かないと考えたほうがいいだろう。地上攻撃を行う際は8発まで搭載可能な100kg爆弾の使い方が鍵となる。ただしIL-20相手には地上攻撃の効率性で大きく劣るので地上攻撃は捨てて直接撃墜を狙ったほうが勝利に貢献できるかもしれない。
     

史実 Edit

第二次世界大戦の後、フランスは早急に軍事ギャップを埋める必要があり、海軍/空軍用に新たな航空機の設計が開始されました。それらの設計の内の一つは艦載爆撃機/雷撃機でした。この研究は中央国有航空機製造社(Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Centre{※以下SNCAC})によって実施されました。

 

初期の青写真は1946年に描かれ、最初の試作機は翌年に用意されました。1947年4月12日、フェルナンド・ランヌ(SNCACのテストパイロット長)による操縦で最初の飛行試験が行われました。

 

初期の飛行試験の結果、降着装置が着陸の負荷に耐えられなかったので、より頑丈な降着装置が必要なことがわかりました。その他の改修には左翼と右翼を頂点に重ねて折り畳みのできるより洗練された主翼の間接部も含まれていました。電気式のエアブレーキも同様に装備されました。こららの改良は飛行甲板での運用に合わせたものでした。

 

NC1070は14-20mmの装甲と80mmのガラスで分厚く守られたキャノピーによる優れた乗員保護を特色としていました。乗員は3名から成っており燃料タンクは1,450リッターの燃料を搭載可能でした。

 

1947年4月27日に最終デザインが決定されました。必要な全ての改修の後、完全な飛行試験が始まりました。機体はまだ研究開発が必要な状態にも関わらず、7月23日に軍事委員会はジェット機の新型デザインを要求しました。一年もたたない1948年3月9日、試作機は不時着事故を被りました。SNCACは機体を飛行可能な状態にまで修復せずに、ジェット機作成のために使用することを決定しました。機体はNC-1071の機種番号を受領しました。

 

(注:上記は抄訳。詳細は出典を確認して下さい)

 

出典:公式blog記事「SNCAC NC 1070 — The French Debutant

 

コメント Edit

コメントはありません。 NC 1070/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 8x 100kg