Spit.V DB605

Last-modified: 2019-10-11 (金) 21:46:27

Tier6 ドイツ 戦闘機 Supermarine Spitfire V DB 605


▲初期状態

 

スクリーンショットはエンブレム・ノーズアートなし

 

性能一覧(v2.0.4.8)

スペック解説

項目初期状態
火力
Gun Armament
16
爆装
Bombs and Rockets
0
抗堪性
Survivability
7
耐久値
Hit Points
240
速度
Airspeed
40
最適高度最高速度(km/h)
Top Speed at Best Altitude
600
最大降下速度(km/h)
Maximum Dive Speed
720
機動性
Maneuverability
83
一周旋回時間(s)
Average Time to Turn 360 deg
8.6
横転率(°/s)
Rate of Roll
100
最適速度(km/h)
Optimum Airspeed
323
失速速度(km/h)
Stall Speed
120
高度性能
Altitude Performance
64
最適高度(m)
Optimum Altitude
2,000
上昇率(m/s)
Rate of Climb
116.9
フラップあり
ブースト時間(s)8
本体価格(Gold)3,450
 

装備

武装

固定武装

翼内機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
4x 7.69 mm Browning Mk.II (W)25600440
 
翼内機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
2x 20 mm Hispano Mk.II (W)90400680
 

その他の項目

機体

名称耐久値
Spitfire Mk.Vb240
 

エンジン

名称馬力
(hp)
冷却方式ブースト時間
(s)
DB 605 A-11,475水冷8
 

搭乗員

1Pilot
 

派生軍用機

派生元-
派生先-
 

解説

イギリスドイツのTier6課金戦闘機。
Spitfire VにDB 605 A-1を積んだだけなので基本的にSpitfire Vと同じ。
大きく異なる点は高度性能。

  • v2.0
    性能調整によってエンジン性能以外全くSpitfire Vと同じになった。
    耐久性も武装も運動性能も最大降下速度も全く同じ。
    実はエンジン出力性能自体はMerlin XX(二番目のエンジン)に劣る程度で、ドイツ機としては貧弱。
    もっとも、Bf 109 FのDB 601 Eよりも出力は高いのだが。
    ブースト時間もBf109シリーズ同様8秒なので、本家から2割負けている。
     
    高度適正のシステムが変更された結果、低高度で戦うときのデメリットが無くなった。
    ドイツ機はソ連・イギリス機に旋回性で劣るため、高高度に留まることがセオリーだが、本機はそれらと同等以上なので逃げる必要がない。
    Spitfire Vと同じ運用をすれば、Bf 109 Fと同等の高度性能が無駄になってしまう。
    高度性能を活かして爆撃機や味方爆撃機迎撃に上がっている機体を落とそうとして高度を上げると、エンジン性能の低さゆえに速度不足に陥ってしまうし、中低空の敵ソ英機をフリーにさせてしまう。
    機体性能の高さゆえに普通に運用すればそれだけでも強いが、長所を活かして戦おうとすると反って別の長所を潰してしまうという二律背反に陥るという、奥の深い機体であることに気付かされる。
  • v1.9
     

史実

ドイツで捕獲されたSpitifiresの臨床試験中に、1航空機はドイツのDB 605エンジンを搭載した。これは後に連合軍の空襲で破壊された。

 

出典:Supermarine Spitfire V DB 605 WoWP

 

コメント