Top > ドイツ
HTML convert time to 0.258 sec.


ドイツ

Last-modified: 2016-06-28 (火) 10:11:36

通常戦車 (v.0.9.15) Edit

※「ショップ」または「技術ツリー」にて、クレジット(ゲーム内ポイント)で購入出来る戦車。

特殊戦車 Edit

  • パーソナルミッション
    Tier車種名称入手方法
    キャンペーン1 : 待望の支援
    5駆逐戦車StuG IV第1オペレーション クリア報酬
    9中戦車T 55A第3オペレーション クリア報酬
     

全体的特徴 Edit

  • まず一瞥しただけで分かる数の多さ。全Tierの大半で同車種でも複数の顔が並んでおり、史実での関連性に則った法則こそあるが、分岐と合流を繰り返すツリー構造はルート選択に大いに頭を悩ませる事になるだろう。しかしTier4辺りから大まかなルートの方向性が決まっており、まずは目先の戦車より、終着点として何に乗りたいか?を考えれば、自ずと答えが出易い。大雑把に言えば一部例外のPz.Kpfw. 38 (t) n.A.等を除いてTier4のPz.Kpfw. II Luchsで一本道に収束する軽戦車ルート、現状全ての中・重戦車ルートへの橋渡しとなっているIII号戦車A型と、最初の選択を間違えなければ後の大半のルートをカバーできる為、概ね素直な印象に沿っていく形にはなっている。
  • ソ連やアメリカ同様、有名な史実戦車が多いのも特徴の一つ。創作やプラモデル等で馴染み深いティーガーやパンター、レオパルトといった戦車を目標にするのもよい。ただ、実車についての知識がある場合、おそらく「?」となるケースがもっとも多くなると思われる(特に装甲関連)。WG社のゲームバランスの匙加減であると思って割り切ろう。
  • 性能面で見た場合、幾つかの例外を除いて高い砲精度と低いエンジン出力、遅い砲塔旋回速度の戦車が目立ち、中〜遠距離戦に強く近距離戦に弱い「狙撃屋」の傾向がある。また防御面も垂直装甲の車両が多く、昼飯や豚飯といったWoTの基本知識の体得が必要だ。
  • 各国ツリーにほぼ共通するが、中でもドイツはクセのある性能で初心者の壁となりやすい車輌が要所に存在する。一芸に秀でて尖った性能の戦車が多いとはいえ、WoTテクニックの知識を活かさないと辛い、やや玄人向けのツリーと言えるかも知れない。

長所 Edit

  • 耐久値が高い
  • 正面装甲が厚い
  • 砲の精度が高く、貫通力も若干高い
  • パーツの互換性が高い
  • [低Tier]無線機の通信距離が長い
  • [高Tier]視界範囲がやや長い
  • 一部の駆逐戦車では旋回砲塔を持つ
  • 超信地旋回が可能な車両が多く、スペック以上に小回りが利き、動ける場所が限られた場合の対処がしやすい
  • 同じtierかつ同じ車両タイプにおいて、複数の車両(の種類)が存在することが多いので、ゴールドを使わない乗せ換えペナルティが少なく、搭乗員を育成しやすい

短所 Edit

  • 傾斜装甲採用率が低く、車体正面以外の傾斜は非常に緩い
  • 車体下部が広面積で狙われ易く、エンジン破損を誘発する為慢性的に火災や損傷に悩まされる
    ※9.3よりTiger IとTier8以降の車両はトランスミッション破損による火災は発生しなくなった
  • [低・中Tier]砲の仰俯角が狭い
  • [中・高Tier]加速性や旋回性が低く、小回りがきかない
  • [高Tier]隠蔽率が非常に低い
  • 技術ツリーが同ルート上で同じ車両タイプ(車種)がほとんどを占めているわけではなく、Tierが上がるたびに車両タイプ(車種)変更を頻繁に強いられるので、ゴールドを用いない育成では乗せ換えペナルティが大きくなってしまう

その他 Edit

  • Tier10に中戦車と駆逐戦車、重戦車がそれぞれ二種類ずつ用意されている。
  • 似ている名前が多い(VKシリーズなど)ので紛らわしい。
  • 軽戦車〜自走砲までを有する5か国(独米英仏ソ)の中では、ひときわ戦後戦車の数が少ない。
  • トラをはじめとする動物の名前が多く、専用の勲章が用意されている。

編集情報提供 Edit

 

編集用の情報提供フォームです。
ここでの雑談・質問はおやめください。 国籍別の雑談・質問はこちらへ→雑談用
また、煽りや誹謗中傷、無関係なコメントに反応しないようお願いします。

 

 
上記を理解した上でコメントを書き込みます。
 

情報提供フォームアーカイブリスト