Wraith King

Last-modified: 2021-10-17 (日) 23:25:37

最終更新7.30d

ヒーロー

Strength Hero

Ostarion
the Wraith King
ロール
Durable[3] / Disabler[2] /
Carry[2] / Support[1] /
Initiator[1]
 22 + 3.0
 18 + 1.7
 18 + 1.6
LevelLv1Lv30
HP6402660
HP自然回復2.4512.55
マナ2911011
マナ自然回復0.93.92
アーマー212.55
Att/sec0.691.07
攻撃力60‒62161‒163
魔法耐性25%
基礎攻撃速度1.7
攻撃射程150
弾速Melee
攻撃動作0.56+0.44
移動速度315
振り向き速度0.6
視野1800/800
衝突幅24
Hero Talents
Reincarnation 発動時
Wraithfire Blastを周囲の敵に与える
25-2秒 Mortal Strike クールダウン
+6 Skeleton 召喚数20+25% Cleave
+24 Skeleton ダメージ15+0.7秒 Wraithfire Blast スタン時間
+15 攻撃速度10+20 移動速度
 

Wraithfire Blast

Active
敵ユニットを幽火で焼き焦がし、ダメージとスタンを与え、その後徐々に進行するダメージ(DoT)を与え減速させる


  • 指定: 対象
  • 対象: 敵ユニット
  • キャストタイム: 0.35+0.5
  • ダメージタイプ: Magical
  • Disjoint: 可
  • スペル耐性: 貫通しない
  • ディスペル: Strong Dispelのみ
  • 射程: 525
  • 基本ダメージ: 60/80/100/120
  • 毎秒ダメージ: 20/40/60/80
  • 移動速度減少: 20%
  • Debuff効果時間: 2
  • スタン効果時間: 1.1/1.4/1.7/2
  • 17/14/11/8 95/110/125/140

備考

  • 弾速: 1000
  • スローとDoTはスタンの後に始まる
  • 合計ダメージ: 100/160/220/280
     

Vampiric Spirit

Passive
通常攻撃にライフ吸収を付与する。
またユニットを2体殺す毎にチャージを1つ獲得する。
Active
すべてのチャージを消費し、チャージ数に応じたSkeletonを召喚する。


  • 指定: 無し
  • 対象: 自身
  • キャストタイム: 0.1+0.5
  • Lifesteal: 10%/18%/26%/34%
  • Skelton発生範囲: 300
  • 最大チャージ数: 2/4/6/8
  • Skeleton効果時間: 60
  • 50 70/80/90/100

備考

  • 他のライフ吸収と重複する。
  • チャージ数は自身のバフ欄に表示される。
  • ユニットがどのように殺されたかにかかわらず、Wraith Kingが殺したならばチャージは溜まる。
  • レベル20タレント「+6 Skeleton 召喚数」はこのスキルの基礎Skeleton召喚数を増加させる。つまり、チャージが0でも6体は必ず出現するようになる。
  • ワード、建造物、味方には発動しない
     

Mortal Strike

Passive
CD毎に通常攻撃がクリティカルになる。


  • 指定: 無し
  • 対象: 敵ユニット
  • Criticalダメージ: 150%/190%/230%/270%
  • 5.5/5/4.5/4

備考

  • ワード、建造物、味方には発動しない。
     

Reincarnation

Passive (Aura*)
死亡時、自動的に復活する。復活まで3秒間かかる。
復活する時、範囲内にいる敵ユニットにスローを与える。
Aghanim's ScepterAghanim's Shardを持つことでスキルが強化される。


  • 指定: 無し
  • 対象: 自身 (味方ヒーロー*)
  • Slow範囲: 900
  • 移動速度減少: 75%
  • 攻撃速度減少: 75
  • Slow効果時間: 5
  • Wraith化範囲: 1200
  • Wraith移動速度増加: 25%
  • Wraith攻撃速度増加: 75
  • Wraith効果時間: 7
  • Skeleton召喚数: 3/敵ヒーロー毎
  • 200/130/60 160 (0**)

備考

  • 死亡時にCD中やマナ不足の場合を除き、Reincarnationは必ず発動する。
    死亡時に全てのDebuffは消えるため、スタンやサイレンスやDoom状態でも復活する。
  • 復活する時にHPとマナは全快する。アイテムとスキルのCDはリセットされない。
  • Aegis of the Immortalを所持している場合、先にこのスキルを使用する。CD中やマナ不足ならAegis of the Immortalを消費する。

  • Aghanim's Scepter所持時、自身の周囲1200以内で死亡した味方ヒーローがWraithになるオーラを新たに取得する。
    Wraithは死亡判定を遅らせ、時間を過ぎると即死する。この間はあらゆる行動が可能。
    一度死亡した仲間を助けることはできず、ゴールドや経験値は倒されてから5秒後に敵に入る。
    オーラは範囲外に出ても0.5秒間持続する。
    WraithがCDが解消したReincarnationを持っていた場合、Wraith死亡時にReincarnationが発動し生き返ることができる。
    Wraith King本人もこの効果を得ることができる。
    (*)内はAghanim's Scepter所持時の能力。

  • Aghanim's Shard所持時、マナコストが0になる。
    さらに、発動時に自身の周囲900の敵ヒーロー1体ごとに3体のSkeletonを召喚する。
    (**)内はAghanim's Shard所持時の能力。

  • 25レベルのtalentでReincarnation発動時に範囲900のすべての敵ユニットにWraithfire Blastがキャストされる。
    そのとき、Wraithfire Blastの弾速は通常より遅い500となる。
    Wraithfire Blastを習得せずにtalentを取得した場合、通常のスローが発生する。
    戦場の霧の中やInvisible中の敵にもキャストされるが、Invisible中の敵には即座にdisjointされる。
    Wraithfire Blastをキャストする方を選択すると、元のスローはなくなる。
     

Skeleton

生存時間60攻撃力32-37
HP175HP回復0
Armor1魔法耐性50%
移動速度350視野800/600
攻撃射程115攻撃動作0.56+0.64
基礎攻撃速度1.2衝突幅2
ゴールド5経験値5
  • Skeletonは操作不能なユニットであり、範囲約6500以内の敵ユニットに自動的に攻撃する。
  • 攻撃対象がいないとき、レーンクリープと同様に歩く。
  • Wraith KingがWraithfire Blastを使用すると、範囲約2000以内のSkeletonはその対象を攻撃する。
  • 敵にdispelされると即死する。
  • 死亡した場合、3秒後に一度だけ復活する。
     

ヒーロー解説

特徴・役割対策・注意事項
役割:Durable/Carry/Disabler
死んでもultで復活できるSTRCarry。強力でCDが短い遠距離スタン+スロー、HP吸収オーラ、クリティカルと一般的なCarryに求められるスキルが揃っている。
[推奨レーン]Safe/Hard
タレントを取るまでマナが無ければ復活できないのでマナバーンが有効。そうでなくでも3番の骸骨召喚を除けば普通の近接Carryなため、Force Staffやスローといった近接Carry相手の定番の対策をしていればいい。殴り合う際はBasherがあるとより確実。範囲攻撃もないためイリュージョンも有効。3番の骸骨の火力は出るため、何かしらの範囲攻撃で一掃してしまいたい。

ビルド例

ビルド名筆者最終更新日
キャリービルドm22015-03-07 (土) 02:53:20
タンクビルドm22015-03-07 (土) 02:43:58
URSA+WKで行く1LVRoshanビルドなぎさく2015-06-09 (火) 13:09:23

余談

  • 以前は Skeleton King という名前だった。名前の通りガイコツが王冠やマントを装備していた。
  • Skeleton King は別の会社のキャラクターであり、問題になったため名前や外見が変更された。
    • 変更される際に専用イベントが用意された(Wraith-Night)。
    • 後にアルカナによってガイコツの身体を取り戻した。
  • Refresher Orb所有時にDivine Rapierを購入すると10%以下の確率で特殊台詞を喋る。

ヒーローストーリー

莫大な年月にわたって、King Ostarion は敵の遺体から王国を作り上げた。偏執狂的なこの事業には、決して死なぬように運命づけられたかみえる君主の長き永遠が費やされた。彼は、宮殿の塔を築く限り死なないと信じていた。しかし、結局彼は裏切られたことを悟った……骨それ自体は消えうるのだ。肉体の激しい不信感に、彼は永久に彼の治世を伸ばす方法を探し求め、最後には、死亡時に特定のダークソウルが放つ純粋な生命力の一形態である亡霊エネルギーの追求に落ち着いた。 Wraith Essence を自分に注入すると、自我のように輝き不滅な肉体ができると考えたのだ。 Wraith-Night といわれる千年目の冬至の日に、変身の儀に従い、臣民に不死の願いを更に燃え上がらせるのに十分な魂を収穫するよう強いた。どれだけの数の勇者が死んだのか、誰も知るものはいない。翌朝、太陽とともに目覚めたのはWraith King ただ1人であった。今や、彼は誉れに満ちた玉座に片時も費やすことはない。しかし、死後も続く忠誠を要求し、剣を抜きながら闊歩している。

 

コメント