【ギガクロスブレイク】

Last-modified: 2018-12-11 (火) 21:03:44

概要 Edit

【ギュメイ将軍】が使う技。剣に雷をまとった状態かつHP50%以下になると使用する。
二刀の刀に雷をまとわせ、前方にX字の衝撃波を飛ばす。よく見ると使用時のもう一振りの刀は自身のエネルギーで作り出している。刀に残像を発生させながら構えるのも特徴的。
正面180度約8mの範囲に390~420程度の光属性ダメージを2回与える。与ダメージ増加状態だと450~480程度までダメージが増える。
 
無耐性で食らうと即死確定である危険な大技。多段技なので聖女の守りも有効ではなく、与ダメージ増加がかかっていると【きせきの雨】を使っても耐えるのが厳しくなる。
光耐性がある程度あると即死しづらくなるので危険度はぐっと下がる。
 
ラグにもよるが、刀に雷を纏わせる「ビジュ~ン」(【ギガスラッシュ】使用時と同じ音)が聞こえた段階で素早くギュメイ将軍の背後に回り込めば対象となった人も回避可能。
ただしタイミングに失敗すると他のメンバーを巻き込む可能性が非常に高いので、よっぽど自信がない限り巻き込む人数を減らすように動き、光耐性を上げた上で【やいばのぼうぎょ】を使った方が無難。
 
サポート仲間はこの技で狙われるとやいばのぼうぎょを使おうとする事があるが、行動を中断してまで使おうとはしないため実際に使うのは稀な上に、使ったとしても与ダメージ増加がかかっていると約660ものダメージを受けてしまうため耐えるのは難しい。与ダメージ増加を消す手段を自分で行える場合は有効ではあるのだが…。
 
元はDQM2で登場した連携特技。モンスターズ作品では大抵大技として登場している。作品によってはギュメイ将軍も習得する特技でもある。
DQHシリーズでもそれらしき技が登場するが、ナンバリングでの登場はDQ10が初となった。
以前の作品ではイオ・デイン系だったり氷結・電撃属性だったりしたが今作で雷とは無関係になった。詳細はDQ大辞典側の【ギガクロスブレイク】を参照していただきたい。
それにしても、帝国の将軍なのに光属性技が違和感なく使えるのは流石ギュメイである。