【てっぽうみず】

Last-modified: 2018-01-24 (水) 18:55:49

DQM1(PS版)、DQM2

相手一体に40程度の【水系】ダメージを与える特技。消費MPは5。
【ようかいぎょ】【ホエールマージ】【バブルデーモン】【キラーウェーブ】などがLv13で習得可能。
習得してから程なくして弱小攻撃に成り下がる運命なので、他の特技に比べ弱いため忘れさせてしまいがち。
しかしLv19(キャラバンハートではLv35)でHP・攻撃力・素早さが一定値に達すると【つなみ】に進化する。
モンスターズのつなみは本編より格段に強力なので抹消するなかれ。

DQMJ

【みずしぶき】【つなみ】の中間に位置する水属性体技。
敵全体に90程度のダメージを与え、レベルが上がると威力も上がる。消費MPは10。
【ディアノーグ(スキル)】【ディアノーグ2】でのみ覚えられる。
覚える手段が限られているうえに中級体技なので地味な立ち位置。
実質神獣専用であり、水系への耐性が事実上無意味になっている。これは火炎系や大地系も同じ。
敵では【海賊イベント】【グラコス】が使用する。この時だけ、水系への耐性が役に立つ。

DQMJ2、DQMJ2P、テリワン3D、イルルカ

DQMJ2から表記が「てっぽう水」に変わり、属性もヒャドと吹雪の複合属性になった。
それ以外の性能はDQMJと同じだが、ディアノーグのスキルに加え、【みずげい】【オセアーノン(スキル)】【海王神(スキル)】でも覚えられるようになった。
 
特に、みずげいで覚えられるようになったのが非常に大きい。
必要なスキルポイントが45~50のため序盤で覚えられるうえ、燃費・威力も申し分なく、複合属性のため呪文やブレスと比べ無効化されにくい。
しかもシーメーダなどの低ランクモンスターが持っているので、覚えるのもすごく簡単になった。
DQMJ2Pではみずげいスキル持ちの【リーファ】が最初に貰えるという大盤振る舞いっぷり。
また、テリワン3Dとイルルカでは敵の出現数が最大4匹に増えたため、全体攻撃できるこの特技は相対的に価値が上昇した。
テリワン3Dとイルルカは回復呪文のコストが信じられないくらい高いため、敵に殴られて回復する羽目になるくらいならこの特技を使って敵を殲滅したほうがMPを節約できたりする。
正直言って、この4作品全てで活躍することが出来る。序盤で覚えれば無双状態になることは確実。
モンスターがしっかり育っているであろう冒険終盤では辛くなってくるが、優秀な特技に進化を遂げたと言えるだろう。
 
なお、イルルカでは【リバイアさま(スキル)】でも覚えられるようになったが、流石にこの時期だと使い物にならない。
クリア後のシナリオや対戦では素直につなみを使おう。

DQMJ3

属性が氷結に変更された。
【氷海の力】【赤い霧マスター】などのスキルで覚える。
B級ライセンス試験の最終戦で登場する【だいおうイカ】の使うものが強力だが、水中ライド解禁後に登場する雑魚敵の【オクトリーチ】のものはそれ以上に危険。詳細は【オクトリーチ】の項目を参照。

少年ヤンガス

【プチアーノン】【だいおうキッズ】専用。
武器を持っている敵に使うと攻撃力を下げ、ヤンガスに使うと壺に入れてないパンや巻物を濡らす。