【ジャミラス】

Last-modified: 2020-11-13 (金) 09:39:20

概要

DQ6で鮮烈なデビューを飾った、三つ目で二足歩行のグリフォンのようなモンスター。
DS版DQ6以降での英語版での表記はJamirus。
 
色は最初は頭部と翼が灰色で身体が黄色だったが、モンスターズでは頭部と翼が紫色で身体が茶色。
【ドラゴンクエスト モンスターズ】においても、鳥獣魔人属の代表選手として原画が掲載されていた。
同族の中でも絶大な権勢を誇る特別な個体であり、支配領域を広めるために暗躍しているとされる。
 
どの作品においても炎系の攻撃を得意とするほか、その鋭い爪による強化攻撃を行なうことも多い。
戦闘以外では、初出作品において披露した演説でも有名で、再登場の際にも大勢の魔物の前で演説をする機会が多い。
色違いに【サイレス】【エビルホーク】【ゲルバトロス】【イビルビースト】がいるほか、DQ8には色違いかつ、名前や能力に関連性が伺える【ダークジャミラ】が、さらに【ボス級モンスター】にDQH2では彼の性格を受け継いだ【モーリアス王】が、星ドラには魔星獣プロスペロ、ゴルドロスという亜種が登場した。

 

ちなみにボス級モンスターとして初登場し、外伝作品にも多く登場しているモンスターと言う点はDQ2の悪霊神々とも共通するが、意外にもあちら(アトラスを除き)と違いナンバリング作品で雑魚モンスターとして登場したことはない。
これはあちらで言うところの【ハーゴン】ポジションともいえる【ムドー】以外の同僚も同じである。

DQ6

人々の『希望』を喰らう四魔王の一体で、ムドーを倒した後に行ける【しあわせの国】を治める。
そこで彼は演説をぶちかますのだが、 その時のコール「ジャミラス! ジャミラス!」が受けたのか、専用スレまで立つほどの人気を得ている。
ジャミラスコールのAAはかなりの出来。閣下という愛称もある。
あれだけ多くの配下たちを熱狂させるあたり、かなりの政治手腕と演説力、カリスマ性を持っているらしい。
 
なんだか強そうな気がするが、実際のところはムドーに毛が生えた程度の強さ。
弱くはないが、ムドーの時よりも戦力が充実しているはずなので、体感的にはムドーよりもだいぶ楽に感じられるだろう。
 
使ってくる特技は【かえんのいき】のみ。ムドーの稲妻や氷の息よりも弱いので恐れる必要はない。
ただし攻撃力が非常に高く、強化攻撃のわしづかみをすることもあるので、単体への威力は強烈。
【ほのおのツメ】を使って【メラミ】代わりにすることもある。
ちなみに、本作ではAIが道具を使ってくれないため、ほのおのツメの道具使用効果がメラミに変わったことを教えてくれる貴重な存在でもある。
集中攻撃されると死人が出る危険性が大きいので、HPは常に高く保っておきたい。特に高攻撃力の集中攻撃で回復役を潰されると、逆転敗北の危機に陥るので要注意。
 
高火力だがHPが低いので、短期決戦を狙うのがセオリー。
ただしメラ系に強耐性を持つため、メラミだけ覚えてさくさく進んできたプレイヤーには壁となる。
打撃耐性が若干あるが、【せいけんづき】が有効である。低確率で効く【ルカニ】と併用したい。
炎の攻撃が得意なだけにヒャド系やバギ系が無耐性なので、【かまいたち】も有効。
味方のHPに注意しつつも、果敢に攻める姿勢を忘れず、短期決戦を狙おう。
【スクルト】で守りを固めるのも有効。後衛の防御と回復を欠かさなければ、よほど運が悪くない限りは負けないはず。
 
ドロップアイテムは戦闘中に嫌と言うほど使ってくるほのおのツメで、1/8と高確率で落とす。
ドロップするまでリセットしつつ挑み続けるのも良いだろう。
 
彼を倒すと、生贄にされた人々の魂が解放され、【メダル王の城】がシエーナの西にあった大穴に出現する。
また、具体的な名前は伏せられているが、背後にいる黒幕の存在をほのめかす台詞もある。
ただ、騙された人の一人が「なんとかムーアさま」と呼んだのを聞いている。
会場を埋め尽くしていた手下のモンスターがどこへ行ったのかは不明。
 
彼との戦闘で全滅するとそれまでのことは夢オチとなり、【砂漠の抜け道】の宿屋から所持金が半分且つ全員生きた状態で目覚めることになる。

漫画版

漫画版では兜と胸当てを付けた姿で登場している。
しあわせの国も『ジャミラス城』になっており、余計偉そうな態度になった。
ムドーを倒したボッツたちも完全になめきっており、「我が楽土の完成近し」と自身の楽園を作ったことに酔いしれていた。
メダル王の城を封印した理由付けがされており、希望の夢を喰らう魔王となっていた。
その際、希望の夢の象徴となる【ちいさなメダル】を実際に喰っている。
ボッツ一行をラリホーの術で洗脳したものの、彼らの仲間である【ぶちスライム】【キズブチ】だけには術が効かなかったため、思わぬ反撃を食らうこととなった。
この時はゲーム中の反応とは異なり「我が同胞が裏切るとは」と動揺していた。
 
ゲームでの演説の影響か、雄弁家である事が強調されており、ボッツたちと戦う時も、幸せを求めた村人たちの心を操り盾にしていた。(操ると言っても洗脳の類ではなく、劇中で自身が語っている通り、ただ「ここに来ればもっと幸せになれる」と噂を流しただけ)
この作品でのジャミラス戦は心理戦的な要素が多く、欲に対する人間の精神的な弱さを利用するジャミラス。
それにかどわかされ勇者たちを糾弾する村人達。そのせいで手を出せないボッツ達…と、のちの作品を彷彿とさせるような孤立無援状態に追い込まれてしまう。
しかし、ボッツが説得によって村人の心を取り戻すと形勢は逆転。最後はボッツの【ライデイン】によって倒されている。
 
心理戦的な描写が多い半面、ジャミラス自身の戦闘描写は少なめであった。
この話のジャミラス、実は冒頭で炎の爪を繰り出した後は何も攻撃していないのである…。

小説版

本日最初のいけにえとして若い女性を選んだのだが、いけにえにする前にまず服だけを切り裂きいたぶるという悪趣味な様子を見せる。
この様子を見て怒りに燃えるイザたちが乱入し、イザとジャミラスの一騎打ちの形となる。
このときのイザにはある戦士の魂が呼び寄せられて力を与えられており、火炎の息を真正面から受けながらも突っ切り、強烈な一撃を与えてジャミラスを倒している。

CDシアター

CVは山野井仁。ディスク2枚目である下巻は何と前述のジャミラスコールと演説で始まる。
演説は端折る事なく完全収録、ことあるごとに魔物たちのジャミラスコールをはじめとした歓声が所々で上がる力の入れっぷり。
そして彼の手下に連行されてきた主人公ウィル一行にゲームと同じく血を騒がせるが、ウィルはそれに対し「言いたいことはそれだけか」と一蹴した上で人の弱み、心の迷いにつけこんで生贄を集めるやり方を扮劾され、ハッサンは卑怯者呼ばわりまでしている。
 
そして他の面々の宣戦布告からウィルの号令と共に戦いが始まる…が、このジャミラス戦からエンディングまでCD一枚でまとめた弊害としてか、戦闘はウィル達5人がかりによって過程は完全に省略され、ひとしきり剣激や呪文などの効果音が鳴り響いたかと思えば断末魔を上げてそのまま消滅というあっけない扱い。
 
もっとも、ジャミラス演説開始から4分ほどでウィルによる怒涛のナレーションを経てあわあわ船入手(をしたと思われる)という大幅カット、その直後に数十秒しか出番がない上倒された描写すら省かれた海の同僚【テリー】との戦いのオマケのようにあっさり斬られて果てたお空の同僚、そしてセリフすら用意されてない異世界の同僚のことを考えると、大盛り上がりで演説をぶちかませただけムドーに次いでまだ恵まれているのだ…。
DQ6のCDシアターの端折り具合がどれほど凄まじいのかをうかがわせる。 

DQ10

【魔法の迷宮】のボス、及び【コインボス】(【幻界の四諸侯】の一員)として登場した。詳しくはこちらを参照。
また、ストーリーでは【知将ジャミラス】として立ち塞がる。
加えて、彼の子孫とされる【魔鳥の頭目】なるモンスターも登場しており、ジャミラスコールのパロディを披露してくれる。

DQM1

悪魔系のモンスターとして登場する。鳥系と間違わないように注意。
【しあわせのとびら】の主として出てくる彼は、やはり演説をぶちかますのだが、残念ながらジャミラスコールは無い。
そして【メラゾーマ】【ばくれつけん】といった強力な攻撃手段で本編以上の猛攻を仕掛けてくる。ちなみにあと1つは【きょうふう】。息系の技を使うのを躊躇わされる。
演説にせよ、戦闘にせよ、デスタムーアに仕えていたときよりも気合が入っている気がしてならない。
そんなに【しもふりにく】が魅力的なのだろうか・・・。
倒しても仲間に出来ないが、【デフォルトネーム】だけは設定されている。デフォルトネームは「ジャミラ」。某怪獣みたいだ…
 
【アクバー】【にじくじゃく】の配合によってのみ生まれる。
基本的に配合素材となる二匹よりも能力が低いのだが、成長が早めで、 マダンテなどといった両者の特技を受け継ぐことができるという利点がある。下手なレベルで配合したりしなければ十分な強さを引き出せるだろう。
結構忘れられやすいが、【ビッグバン】を思いつくのもポイント。
そして【シドー】を生み出す為の材料になるので、何かと作る機会は多いはず。
なお、にじくじゃく、アクバーのどちらを血統にしてもジャミラスが生まれるため、 お見合いで作ると両方にジャミラスが行き渡りとてもお得。
 
PS版ではちいさなメダル10枚(ただし、25枚集めた後に)で何体でも入手可能になったほか【じゃりゅうせんし】との配合で【デュラン】が生まれるようになった。

DQM2

高ランクの鍵の異世界に通常出現するようになり、手に入りやすくなった。
しかし、血統はアクバー固定になったので、お見合いで両方に行き渡ることはなくなった事に注意。

DQMCH

悪魔系のAランクモンスターとして登場。野生の個体はスライムランドの海底洞窟深層に出現する。
ステータスは全体的に伸びていくが、特にHP、守備力、すばやさが素晴らしく成長する。
ただし習得特技はメラ、おいかぜ、タカのめとあまり恵まれていない。

DQMJ

一般配合で生み出せるお手軽な種族にランクダウン。
【AI2回行動】を持つが、攻撃力は低く、その他の能力もさほど高いわけではない。
しかし、ガルーダを生み出すにはこいつが不可欠なので、是非強くしておきたい。
所持スキルは【メラ&バギ】
 
余談だが、開発中の画像ではAランクではなく、Bランクのモンスターであった。

DQMJ2

悪魔系Bランクに格下げとなり、更に持ち味だったAI2回行動がAI1~2回行動に劣化。
スキルはメラ&バギのままで、Bランクに下がったので能力限界まで下がっている。
そのくせ【サイレス】×【バズズ】の特殊配合でなければ生まれなくなった。
デスタムーアの配下の中で最も格下(他はAランク以上、こいつだけBランク)扱いで、なんとほぼ全ての面でパシリである【まおうのつかい】以下という冷遇っぷり。
DQMJの時点で位階は魔王の使いより低かったが。
 
そしてストーリー上では、親父である【ゲモン】と一緒になって【ピスカ】を追いかけ回すチンピラとしてのポジションが割り振られ、言動も小物臭さが漂っている。
もっとも、原作でコイツが封印を任されていた人物一番大事にしていた宝がコレという時点で、当時からかなり不憫な扱いではあったが…
ジャミラスとベリアルを配合する事でゲモンが産まれるが、こっちも微妙。

DQMJ2P

相変わらず悪魔系のBランクでDQ6の幹部の中では最も格下。
だがAI2回行動になり、さらに賢さの限界値がトップクラスとなった。
特性はAI2回行動、【おうえん】【しょうひMP×2】
例の演説で鼓舞しているんだろうか?
 
散々格下扱いされてきたが、Bランクのおかげで最強化が可能で、最強化すると【メラブレイク】を取得。
その945もの賢さから繰り出される 彼のメラガイアー&メドローアの2回攻撃は凄まじい火力を持つ。
消費MP2倍以外はどれも優秀な特性で、前作の冷遇から一転、ジャミラス様は真の力を解放して強キャラになったのである…
 
と思いきや、ステータスが絶望的なまでに低く、最強化しても賢さ以外のステータスがとてもSランクとは思えないほど低いどころか、
消費MP2倍を考慮すると賢さ以外のステータスがFランクのスライムにすら劣るというとんでもない数値。
あまりの貧弱なステータスをネタにされ専用のAAまで作られた。
その遅さ、脆さから身代わりを駆使しないとその高火力を拝む前に間違いなく地に伏している。
なんで閣下すぐ死んでしまうん?
また、MPの都合でメラガイアーとメドローアを2回ずつ使うとMPが切れる。
MP自動回復がつけばギリギリで3回目のメドローアが使えるが、使い切った後は攻撃472の時点でお察し。
また、くろいきりや常にマホカンタ、メラ・ヒャド無効を持つ相手には何も出来ない。
なお、親父ことゲモンの方は彼と違い大幅に強化されている。息子涙目。
 
以上のことから前作の評価を覆すまでにはいたらず、相変わらずネタキャラ街道を突き進むジャミラス閣下だが、こんな有様でもAI2回行動では彼より微妙な奴が複数居たりするのでAI2回行動の中では恵まれているほうである。

テリワン3D

リメイク前と同様、しあわせのとびらのボス。
微妙に演説の内容が変わっており、聴衆の「ジャミラス! ジャミラス!」コールも復活。ファンには嬉しい演出である。
一日一個のしもふりにくを要求するのも変わらないが、今回は撃破後に仲間になる。
 
仲間としてはデメリット特性後天化によって消費MP2倍が消滅。
かわって【バギ系のコツ】を習得し、HPも1000を超えた。
結果大幅強化され、1枠で確定2回行動の魔法アタッカーとしての役割を確立。
スキルの暗黒皇帝ガナサダイとの組み合わせは【トルネード】【メラガイアー】が習得でき、その他の技も優秀なので相性が非常に良い。
 
【アトラス】or【ベリアル】or【バズズ】との配合で親父こと【ゲモン】が、名前の似ている【ジャミ】との配合で【ゲルニック将軍】が生み出せる。
 
驚くべきことに、テリワン3Dの全国大会優勝者は控えのモンスターにジャミラス様を採用しており、トロフィーにもそのお姿が描かれることとなった。

イルルカ

【新生配合】【バギ系のコツ】【メガボディ】化で【いあつ】【ギガボディ】化で【秘めたるチカラ】を習得。
【他国マスター】がムドー、グラコス、デュランと共にこいつを連れていることがある。
 
テリワン3Dから変わらず呪文アタッカーとしては優秀な部類に入り、さらに今回特性も入れ替えることができるのでお好みのジャミラスを作ることが可能。ただし素の特性がやや強力な為かデメリットはつきやすい。
 
また、同格であった筈の【ムドー】に部下としてマルタの国に連れてこられている。
ムドーが連れてきたジャミラスとお見合いをすることができる。
ムドー自身の薦めのとおり、べリアルを出すとゲモンを作れる。アトラスやバズズでも可。
因みにジャミを出すとゲルニック将軍が出来る。
 
まめちしきによると「演説をするのが得意。」とのこと。やはりこいつ=演説であるらしい。

DQMJ3

スキルは【火の名手】
カラーがDQ10のカラーに、つまりDQ6時代の体色に戻った。
四諸侯の中ではグラコスと共に生き残った。サイレス×【ましょうぐも】等の配合で生み出せる。
 
火ブレイクは固定になり、バギ系(風系)のコツに代わって爆発ブレイク、まれにまもりのきりに代わっていきなりインテを習得し、より呪文アタッカーらしくなった。
しかし、ジャミラス様自慢のAI2回行動は+50以上限定で、1~2回に弱体化してしまった。その分能力が上がっているかと言えばかしこさ以外はむしろ下がっている。
 
まめちしきによると「カリスマ性はあるのだが、演説好きで話が長いので部下たちからは尊敬されつつも少しウンザリされているらしい」とのこと。
やはりこいつ=演説ではあるが、話が長いと思われているようだ。

DQMJ3P

今作では色違いのエビルホークが晴天時の【歓楽の霊道】で出るようになったため、後は【黒鉄の監獄塔】【くろカビこぞう】を、【ワールドマップ】等でましょうぐもを調達すれば簡単に生み出せるようになった。
 
また、今回は配合先が追加されており、【にじくじゃく】との配合でゲルニック将軍が出来る。ジャミも復帰しているが何故か素材にならない。
ゲルニック将軍は【スカウトQ】のお題にも指定されている【邪眼皇帝アウルート】【グレイナル】(の素材の【バルボロス】)の素材にもなるため、コイツ自体も1回は作ることになるだろう。
 
合体特技は【聖光神雷斬】、合体特性は【絶望のオーラ】
 
ちなみに、モンスターズシリーズではデスタムーアの配下の中で唯一皆勤賞である。

DQH2

【時空の迷宮】限定で登場する。
【モーリアス王】と区別するためか、6のカラーリング。
解説文では「かつては その頭脳を 魔王のために使っていたらしい。演説が得意で 魔物たちから 大歓声を浴びることもしばしば。」とある。やっぱりジャミラスといえば演説らしい。
ちなみに睡眠状態にすると、宙に浮いたまま腕を組んで目を閉じるという、威厳の漂う寝姿を見せてくれる。

DQMBS

第二章で虹色のLサイズチケットモンスターとして登場。色は6と同じ。
ステータスはHP:908、ちから:575、すばやさ:82、かしこさ:350、みのまもり:475。
技はきりさく→はげしい炎→しゃくねつ→ほのおのツメの順に変化していく。
相性最高の性格は【ロマンチスト】、相性が良いのは【ガチムチ】
 
【妖剣士オーレン】には及ばないものの、900超えのHPを筆頭とした全体的に高いステータスを持ち、すばやさも82とLサイズの中では高め。
テンション5の状態から強力な範囲攻撃を使えるのが魅力。
属性は炎と斬撃しか使えない。テンションを上げてもコンボ要員として運用しやすい反面、炎耐性持ちには滅法弱い。
耐性は炎と光に強く、りゅうおうの高火力呪文ベギラゴンの威力を軽減してくれる。
刺突に弱いので、竜王(変身)のかみつきは効いてしまうが…

DQR

第3弾カードパック「不死鳥と大地の命動」にて実装。共通のレジェンドレア。

7/7/4 魔王系 
召喚時:特定のマスの地形をしあわせの国に変える
     この効果で地形の上書きはできない

新要素の地形を売りにしたパックのレジェンドだけあって、敷く地形【しあわせの国】は、「乗っているユニットを攻撃不能にする」という強力なもの。
本人のHPが低いことや後だしユニットには回避されがちなこともあり、万能なパワーカードとは言えないが、【グレイナル】など、特定のカードには非常に刺さる。
 
ちなみにしあわせの国を出す際、ちゃんとジャミラスコールが入る。
また、同作のオリジナル特技「闇への供物」のイラストやフレーバーテキストにも登場しており、しっかりプレミアムカードのフレーバーテキストにもジャミラスコールが載っている。

DQSB

第4章のギガレアモンスターチケットとして登場。
モンスターレベルは137と非常に高い。
ステータスはHP:2297 ちから:1024 すばやさ:151 かしこさ:688 みのまもり:662。
技は赤ボタン技がしっぷうのツメ→ほのおのツメ(テンション20)、青ボタン技がかえんの息→しゃくねつ(テンション20)。
魔法使いと相性が良い。
 
HPが非常に高く単体攻撃と全体攻撃を使い分けられる器用さも持つので使いやすいモンスター。
魔法使いと組むことで魔法使いのしょくぎょうワザの成功率もアップできる。
まめちしきではやっぱり演説について触れられており、
「えんぜつが 好きで はなしが長いので 少し ウンザリされている」と書かれている。
なお発生する相性が「りっぱなあくま」に変更になったため、バズズやベリアルなどと相性が良い。

ダイの大冒険

本編に登場した唯一のDQ6出身モンスター。
【オーザム】【ピラァ・オブ・バーン】【黒の核晶】を守護していた。
本編はモノクロ漫画なので体色からはジャミラス系統のどのモンスターか判別できなかったが、魔界モンスター紹介のコーナーにてジャミラスだと解説されている。
 
ダイからのメッセージを受け取り、意気揚々とピラァ・オブ・バーンを登る【でろりん】達ニセ勇者一行であったが、登った先に居たのがこのジャミラス。
ニセ勇者一味にはあまりにも荷が重い魔界の魔物の出現に万事休すかと思われた矢先、いつの間にかやって来ていた【マトリフ】が問答無用で【メドローア】を撃ち込み、ジャミラスはあっさり消し飛んでしまった。
一瞬で消えた彼自身に見せ場は生まれなかったが、マトリフはメドローアを使ったことで体力、魔力を切らしてしまい、黒の核晶を凍結させることが出来なくなってしまった。
 
極寒の地のオーザムに落ちたピラァにのみわざわざ見張り番がいたこと、ジャミラスは炎を吐けて彼自身も凍結を防ぐためと語っていることから、敵からの護衛というより、黒の核晶の自然凍結による不発を防ぐための管理役を兼ねていたようである。
同時起爆による六芒魔方陣の効果抜きでも「全て凍結させなければ、1つの爆発で他も誘爆し地上は吹き飛ぶ」というピラァ投下計画の用意周到さを考えると、別にオーザムの一本が自然凍結してもそこまで結果は変わらないのだが、魔方陣発動を確実にするべく二重三重の用心がされていた訳だ。
そこまで用心深いならむしろ全部のピラァに護衛をつけても良かった気はするが…。
 
ちなみにこのジャミラス、でろりん達に対して「戦って今死ぬか、俺と一緒に吹き飛ぶか」の二択を迫っており、帰還の話はまったくしない。
【リリルーラ】のような離脱手段はいくらか考えられるが、仮に侵入者が来た場合、黒の核晶が爆発する瞬間まで防衛を続け、それに自分も巻き込まれて死ぬことも厭わない覚悟で任務に就いていたようだ。

AA集

前述の通り専用スレッドが立つなど一部では高い人気を誇っており、AAも豊富。
彼自身のAAはギレン・ザビの頭をすげ替えたものが主流だが、テイルズ オブ シンフォニアの中ボスであるマグニスさまことマグニスの頭をすげ替えたバージョンも存在する。
ちなみに専用スレッドではデュランのライバルということになっていた。
残念な事に2016年現在このスレはもう無くなっている。
 
※WindowsPC以外の環境では正しく表示されない可能性があります。

   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <<        - ヽヽ     ―― ―― ――  |        >>
<<         -  / 丶__ ―― ――   / |         >>
 <<        _/  ̄\´ ――  / / \ .        >>
   ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
        △8兄8▲△8△兄▲△8▲8△兄▲8兄▲8▲
    8▲8兄▲兄8△▲兄8▲△兄▲8△兄▲8▲△8兄8▲△8
  兄▲△8▲8△兄▲8▲△8兄8▲△8△兄兄▲8▲8兄▲兄8△▲
  人  、⌒ , ,;;;゚ ゚;;, 、⌒ , ,;;;゚ ゚;;,   人   人  、⌒ , ,;;;゚ ゚;;,  人  、⌒ , ,;;;゚ ゚;;,
 (__) フリス ;;;;,,,,,,;;;, フリス ;;;;,,,,,,;;; (__)(__) フリス ;;;;,,,,,,;;; (__) フリス ;;;;,,,,,,;;;
     、( `)A_A     、  人     、oヽ,,,,,/o   、 l^! '⌒ヽ     、( `)A_A
  /っノl (   ) /っノi´   `i /っノ :;;,,,,,,,,;;;: /っノ(___) /っノl (   )
  / /  ゝ   ヽ/. /  ` - ´ / / :;;,,,,,,,,,,,;;;; / /  ノルリルリヽ/ /  ゝ    ヽ
 / /  A_A / ./  A_A / /  A_A / /   A_A / /  A_A
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(    )
   \    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\
   /     /ヽ  /     /ヽ  /     /ヽ /     /ヽ  /     /ヽ
   /     /   /     /   /     /  /     /   /     /
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <<        - ヽヽ     ―― ―― ――  |        >>
<<         -  / 丶__ ―― ――   / |         >>
 <<        _/  ̄\´ ――  / / \ .        >>
   ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
┏━┳┳┳┓    /    / c'⌒)
┣━┫┣┻┛    /  /\ ヽ   ̄ ヾミヽ   _
┣━┛┣┓     /  /   > ヽ   ヾミミヽ ヽ ヽ
┗━┳┛┗━┓ / /   ∠/   /i ヾミミゝ´く※ン _
┏━┻┓┏┓┃ /_/ 彡"ヾ`ヽ  //  ヾミミ彡ヽっー '
┣━━┫┃┗┛    [O三三] //   ヾミソ "し`-'
┣━━╋┛       ゝ」、|,lノ ,O`  , -、_ノ _三ノ
┗━━┛       「 ̄~|工Kン    ` ―― ´
┏━━┓       ヽ_,ノ/^ヽ>ヽ
┣━━┫  oヽ,,,,/o  ( `" ゚∀゚ )      人
┗━┓┃  彡゚∀゚ミ,o,  `ー----‐'    ( ゚∀゚)
┏━┻┫ 彡,,,,,,,,,,ミ'' /っン    i`-、_    ̄
┗┳━┃       / /      ゙i´^_ハヽ7
┏┛  ┫      / /  A_A  <´, ‐_⌒゙7
┣┳╋┫        \\( ゚∀゚) </゚∀゚)
┃┃┃┃   /⌒ヽ \    `ヽ   ̄ ̄
┣╋╋┫ ヽ( ゚∀゚)ノ/     イ、ヽ
┗┻┻┛   ノリ从ル /     / ヽ )

            、、ヽヽヽ、
           ミ   ●  ヽ
          /  ●(´`ヽ● |       /) 
   (\     ミヽ  | ヽノ  ミ     //)  
   ((\\    ミミヽヽ.|∪| 彡 /    //) )
    ((\\   ミミヽ ヽノ  /    //)) )
    ( ((\\  」-ゝr―‐==;十i // ) _,r--――、
    ( ( ( ヽ ヽ.ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_
 ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !

最強ジャミラス
HP 682 ←現環境トップメタ・はぐれメタルキングより上!
MP 472 ←あの魔神・ダークドレアム以上!
攻撃 472 ←今作ラスボス対策筆頭・最強スライムベホマズンを凌駕!
守備 450 ←ジョーカー2が生んだ奇跡・最強カバシラーに匹敵!
素早 517 ←無印2の破壊神・おにこんぼうを超越!
賢さ 945 ←デスピサロ・エスタークが進化の秘法を
           使用してなお上回ることのできない圧倒的数値!!