Top > 【てんしのすず】


【てんしのすず】

Last-modified: 2019-09-02 (月) 09:14:23

概要 Edit

DQ5、DQ9、DQ10、DQ11、モンスターズに登場したアイテム。
天使の声に例えられるほどの澄んだ音が鳴る鈴で、その音を聞いた者の【混乱】を治す効果がある。

DQ5 Edit

ポートセルミ以降の道具屋で500Gで販売している他、【バルーン】が落とすことも。
シリーズを通じて初の混乱専用の治療手段であり、【パーティアタック】が出来ない本作で混乱を治癒する唯一の方法となっている。
繰り返し使えるが、必要となる機会はほぼない。(ゆえに他のどうぐ類と同じく使い捨て品だと思い込んでいるプレイヤーも多いかも知れない、特に後期出演作経験者。道具屋で買い物をせず呪文や宝箱のアイテムだけで済ませる派なら、存在自体知らないというパターンもあり得る)
というのも、5の味方の混乱は他作品と違い放っておいても危険性がほぼ無く、いちいち治さず攻撃に集中してさっさと敵を全滅させた方が早い。
そもそも敵に【メダパニ】の使い手自体が少なく、敵のメダパニは単体対象な上、混乱無耐性の仲間モンスターでもない限り命中率も高くないため、喰らうこと自体が稀。
本作の混乱はターン経過では回復しない為、戦力外が確実に増えるが、よほどもたつかない限り全員が混乱するような事態になることはないだろう。
万一、2人以上が混乱するような事態になったら、素直に逃げた方が賢明。
逃げられない戦闘だと活躍できそうだが、逃げられない戦闘で使ってくるのは【ニセたいこう】に呼ばれてくる【わらいぶくろ】【デモンズタワー】のイベント戦のバルーン、トラップモンスターの【ツボック】のみ。
ニセたいこう戦はまだ天使のすずを入手前で、イベント戦のバルーンは1体のみなので瞬殺、ツボックは馬車メンバーがいる場所にしか出ず、いくらでも対処のしようがあるため結局使いどころはない。
メダパニを使うボスキャラでもいれば、まだ使用機会もあったかもしれないが。

リメイク版 Edit

敵のメダパニの命中率が大幅に上がったので、多少は使う機会があるかもしれない。

DQ9 Edit

こちらでは使い捨て品。表記は「天使のすず」。
ツォの浜以降の道具屋で90Gで売っているほか、天使の泉に落ちていることもある。
また、とっしんこぞうとさまようたましいが落とすことも。
単独で使うよりも、錬金素材として使うほうが多いかもしれない。
中でも、天使のはねは天使のソーマの素材であり、最終的には足りなくなる人が多いだろう。
とはいえ店で買うだけなので、入手は非常に簡単である。
これを用いる錬金は以下の通り。

天使のすず×3+きんのゆびわ×1+ムーンアックス×1【りせいのリング】
天使のすず×1+ばんのうぐすり×1+めざめの花×1【超ばんのうぐすり】
+かぜきりのはね×3+きよめの水×2【天使のはね】

それにしても、こんな無機物を超ばんのうぐすりなんて薬品に突っ込んで本当に大丈夫なのだろうか?

DQ10 Edit

【ダークペルシャ】の通常ドロップとして入手可能。
混乱は【ツッコミ】で治せるため、ランプ錬金で混乱ガードを付けるための素材としての用途が大半。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

【メダル女学園】購買部にて90Gで売られている。
パーティアタックの復活や【キアラル】の登用など、混乱解除の方法には事欠かないため、今回も【ふしぎな鍛冶】の素材が主な存在意義。
素材としては以下の装備に用いられる。

 
なお、このアイテムをドロップするモンスターや拾えるキラキラは存在せず、【サマディー城下町】の宝箱に1個入っているのみであるため、買い物縛りをしている間はこれらのレシピを全て埋めることは不可能である。

モンスターズシリーズ Edit

こちらでも使い捨て品。
DQM1では落ちているアイテムのためのグラフィックはこれ専用(他は何かしら共有)という特別扱いだった。
初期の作品にのみ登場し、ジョーカー以降混乱直しはめざめのはりに代わった。