【さまようたましい】

Last-modified: 2022-06-03 (金) 10:30:25

概要

現世に未練を残した悲しい霊魂。つまり【幽霊】
【メラゴースト】【マネマネ】【ドルマージュ】【ジェイドフレア】【亡者のひとだま】【やみのたましい】の色違いで体色は青。
 
なんだか祟られそうな感じがしてくるが、いずれの作品でもまごまごしている等の行動をとり、向こうから積極的に攻撃してくることはないのでこちらから手を出さない限りは基本的に無害。
【ニフラム】で成仏させてやりたいところだが、生憎DQ4以外の登場作品にはニフラムがない。そんなわけで今日も今日とて物理で殴られるのであった。
ただし、倒せば成仏させられるということが記されている作品もあるので、物理攻撃でも成仏させられると思われる。
同色のボスに 【殺意の怨霊】がいる。

DQ4

【アッテムト鉱山】の1階と【大灯台】に出現。
最大7匹の大集団で出現することもあるが、場所柄なんとなく納得のいく生息地(?)である。
 
メラゴーストの上位種、といってもまごまごしてばっかりでほとんど攻撃することはない。攻撃力も低く、素早さにいたってはたったの1。しかも戦闘開始時から混乱していることもある。
しかしHPが少なくなるとはじけとんでくるため迂闊に手を出すのは考え物。
 
このはじけとぶで受けるダメージは18~22と、同エリアに出現する【ひとつめピエロ】【ギラ】や、【ベビーサラマンダ】【ひのたま】を凌駕する。
4章時の姉妹のHPでは2発か3発ももらえば瀕死になるか死亡してしまう。
さまようたましいのHPと与ダメージの関係上、ギラだけでも、【バギ】だけでも、ギラとバギを重ねても、常にHP1/3というはじけとぶの条件を満たしてしまう可能性が残り続ける。
全員を中途半端に削った結果、一斉に自爆してメガンテ顔負けの被害になることもありえる。
倒すなら複数の敵のHPが同時に自爆ゾーンに入らないよう、1匹ずつ打撃で倒すと良いだろう。
あるいは【ラリホー】で眠らせているうちに倒すというのもあり。
たた、大した経験値やGを持ち合わせているわけでもないので、そこまでする必要はないだろう。元々こちらから攻めなければ何もしてこないので、放置して逃げてしまうのも良い。
逃げたら逃げたで回り込んでくることがあるが、回り込んだのにまごまごして何もしてこないこともある。呼び止めたはいいが用向きをド忘れしてしどろもどろ、そんな光景を思わせるところだ。
 
大灯台では「さまよう」仲間の【さまようよろい】とともに現れることがある。この時期になればさまようよろいを先に倒してAIが間違ってこいつにダメージを与えてしまった等の事故がなければなんてことはない。
 
だいぶ後になって【しにがみきぞく】がコイツを呼び出すことがある。
何の戦力にもならないのに何故こんなヤツを呼ぶのかも不思議だが、貴族だけに下級霊を使役しているという箔付けのための演出か、それとも死神だけに殺した相手の魂を使役でもしているのだろうか。
いずれにせよ雑魚なのですぐに倒され、経験値とゴールドをちょっぴり増やしてくれるだけのことである。
 
なおFC版【公式ガイドブック】には「死んだ魔物の魂」とあるが、PS版とDS版では「死んだ人間の魂」と紹介されている。
どちらが正しい設定なのかは不明。

DQ8

【剣士像の洞窟】のみに出現。今作でも【さまようよろい】との同地同時出演と相成った。
 
【エレメント系】に分類されており、通常テンションのダメージを60%もカットする【ダメージ軽減能力】をもっているため非常にしぶとい。
でもそれだけ。
相変わらずまごまごしているばかりで基本人畜無害。
こいつらだけで現れたのなら【おどかす】でご退散いただいてもいいが、剣士像の洞窟は基本的に【ゾンビ系】ばかりで常にテンションを上げて戦うことを強いられる場所なので、テンションを乗せた全体攻撃で他の敵を始末するついでにでも倒せてしまえるだろう。
よしんば倒し損ねて弾け飛ばれても威力がDQ4以下なので気にすることもない。
 
落とすアイテムは通常枠が【せいすい】(1/32)、レア枠が【まほうのせいすい】(1/64)。
 
【闇の遺跡】ではメラゴーストと一緒に過去のシリーズにおける話す魂の役も兼任している。

DQ9

ベクセリア地方、ふういんのほこら、低ランク宝の地図(氷)で出現。
ただし宝の地図以外では他シンボルのお供としての登場のみ、低ランク宝の地図(氷)の入手確率も決して高くないので人によっては全く会うこともないかもしれないほどの影の薄さ。
モンスター図鑑では「現実から目をそらしまごまごし続け最後にハデに自爆する。負け組モンスターなのだ」と散々な言われようをされている。
ただ、2ページ目ではどこに行っても邪魔者扱いされているらしい。ちょっと可哀想である。

DQ10

相変わらずのザコだが、たまに【呪いをかける】ようになった。
詳しくは こちらを参照。

剣神

ステージ1から登場。
低速度で一直線に移動した後、消える。

DQS

【鏡の塔】に登場する。
今作ではまごまごせず、代わりにぐるぐる回っている。
欲張ってまとめて斬ろうとするとだいたい空振るので1匹ずつ斬ろう。冷静さを忘れずに。
 
後に【魔王の城】の最後の方に出てくる。やはりぐるぐる回っているので、後の魔王戦に向けて必殺剣の源としてしまおう。

DQH2

【ローザス森林地帯】に生息。
今作も基本まごまごしているだけだが突如はじけ飛んで自分の命と引き換えにダメージを与えてくる。
やんちゃ討伐するなら自爆されないよう必殺技で一気に消し飛ばした方がいい。
 
【モンスターコイン】は2枠のアシストタイプでやはりはじけ飛ぶ。

DQウォーク

メインストーリー6章7話~7章6話などでフィールドに出現する。ただし夜の時間にしか出ない。呪いを放ったり自爆したりする。
その後、7章10話でボスのお供として2匹出てくる。ボス戦の個体はメラミやマヌーサも唱え、HPが1/4を切ると確実に自爆してくる上、ダメージも守備力などによるが300程度と凄まじい。
 
こころの色は緑でコストは83。
スキルHP回復効果等はないが高い回復魔力を有している。

モンパレ

ゾンビ系、ランクEのモンスターとして登場。さまようたましいを仲間にできる数少ない作品だった。
初期とくぎはなし。何も覚えていない個体を特技伝授に使用すると覚えられるとくぎは【インテ】
ステータスとしてはDQ4のすばやさ1という数値はどこへ行ったのか素早さがかなり高くみかわし率も6.00と高いので敵の攻撃を避けまくる。
ただしそれが彼の全てである。攻撃力や賢さは使い物にならないレベルで低いので、それらに依存しない息系の攻撃かひたすらサポート呪文を唱えさせるなどの使い方しかできない。
またそのとくぎに使用するMPもかなり低いので、相当使いづらいモンスターであった。