Top > 【ガネーシャエビル】
HTML convert time to 0.004 sec.


【ガネーシャエビル】

Last-modified: 2018-02-15 (木) 00:31:13

概要 Edit

DQ10のVer.2で初登場したモンスター。白い体をした象の獣人で、六本の腕にそれぞれ違う武器を持つ。
インドの神話に登場する象頭の神様をモチーフにしているが、DQ5では4足歩行の【ガネーシャ】が登場している。
色違いに【ナウマンボーグ】【キングエレファント】、ボスモンスターに【邪教祖サダク】【ファラオ・エレフ】【ナウマンムーア】がいる。

DQ10 Edit

連続攻撃や【はげしいおたけび】【めいそう】などを使う強敵。
詳しくはこちらを参照。
同作でのキングエレファントはコイツの転生モンスター。

DQ11(3DS版) Edit

冒険書の世界の【ロンダルキアへの洞窟】に出現。行動パターンは10と大差ないが、はげしいおたけびではなく【おぞましいおたけび】を使用する。
こいつの【はげしく斬りつける】攻撃は6本腕を動員した6回攻撃である。
完全2回行動で行動パターンは制限なしのランダムらしく、同じ特技を2連続で使用することもある。反面、ダメージを受けていなくてもめいそうを使用することも。
 
前作同様、キングエレファントはコイツの転生モンスター。
通常ドロップは【ヘビーメタル】、レアドロップは【ギガントアックス】。このため3DS版では、最強シリーズの斧を4種類全て手元に残すことができる。

DQMJ3 Edit

モンスターズシリーズ初登場。魔獣系のBランク。
位階配合でも作成できるが、【黒鉄の監獄塔】の居住区に生息している為スカウトした方が手っ取り早い。
なお【メガボディ】である為、スカウト目当てだと多少仲間になりにくい。
いずれにせよスカウトQ第7問のお題である為、仲間にする必要がある。
敵として出て来た時は【ばくれつけん】を使う。
 
固定特性は【こうどう おそい】。他は【狂信者】【AI2~3回行動】
プラス値が25で【カウンター】・50以上で【最後の息吹】・超生配合で【天地雷鳴士(特性)】が解禁される。
なお、ギガボディ化で【秘めたるチカラ】・超ギガボディ化で【HPギャンブル】が追加される。
 
能力としてはHP・攻撃・賢さに優れたアタッカー気質。
素早さはともかくMPに不安を抱えており、AI行動も多い為燃費がかなり不安。この点はフォローしたい。
ただ多いAI行動と【狂信者】のお陰で【根に持つタイプ】に結構強いのが利点。
【不屈の闘志】を付ければ対根に持つタイプ特化と言う面白い事も出来る。
 
初期スキルは【ビーストフォース+】
普段は持っていないが、突然変異すると【闇ガードEX】を持つようになる。
 
ちなみにライブラリのデフォルトの並びを見ると、何故かキングエレファントの後に並んでいる。
(デフォルトの並びは同系統のランク順となっている)