【ガーディアン】

Last-modified: 2018-03-29 (木) 17:28:08

※DQ6に登場する同名のモンスター(【デビルアーマー】の色違い)は【ガーディアン(DQ6)】を参照。

概要 Edit

初登場はDQ4。
【ドラゴンライダー】の色違いで、赤い鎧の騎士がピンクまたは紫色の飛竜に乗っており、
飛びながら魔界を哨戒し、侵入者を排除する任務についているとのこと。
その他の色違いとしてDQ11では【ハデスナイト】、スーパーライトにはデビルドラグナーがいる。

DQ4 Edit

【闇の世界】【デスキャッスル】に出現。
FC版での表記はROM容量の都合で小文字のイが使えなかったため「ガーデイアン」になっている他、
最終盤にしか登場しないためか、FC版では【公式ガイドブック】非掲載である。
 
下位種のドラゴンライダー同様、2回攻撃でローテーション行動。
攻撃力が格段に上がり、飛竜のブレスも【こごえるふぶき】【あまいいき】に強化された。
吹雪→攻撃→甘い息→攻撃→吹雪→攻撃→ の順で動く。
ドラゴンが先行でブレスを吐き、騎士が畳みかけるように攻撃してくる。
 
同時に2匹しか出現しないが、HPが300と非常に高く、呪文耐性も高めなので倒しにくいかなりの強敵。
初手で確実に吹雪を食らう上に、2ターン目の甘い息で眠らされたところへ集中砲火を喰らうとかなり危険である。何とか1ターンで1匹は倒したいところ。
ドラゴン系ゆえに【ドラゴンキラー】も有効で、ドロップアイテムもそのドラゴンキラーである。
 
攻撃手段は打撃とブレス系だけなので意味はないが実はMPを35持っており、これは本作に登場するモンスターの中で第6位である(MP有限に限る)。

リメイク版 Edit

上記の場所に加え、【謎のダンジョン】の一部にも出現。
ドラゴンライダーと異なり、攻撃パターンがFC版と同じくローテーションになっている。
守備力が下がり、ヒャド系以外の呪文が確実に効くようになり、さらに2回攻撃の頻度も下がった。経験値も300下がっているが。
個体は弱体化したものの、出現数制限が無くなり3体でも出るようになった。
その場合は戦い方を間違えるとFC版以上の痛手を負うため【ギガデイン】【イオナズン】で素早く倒そう。

DQ11 Edit

【天空の古戦場】【天空魔城】に出現。
1~2回攻撃で騎士が【ドルモーア】を唱えたり竜が【こごえるふぶき】を吐いたり、ドラゴンライダー同様コンビネーション攻撃(【強化攻撃】のように見えるが実際は単体対象のブレス攻撃)もしてくる。
無論倒すとに乗れることもあり両版ともに天空魔城のショートカットとしても使える。
 
ドロップアイテムは【ドラゴンのツノ】【ドラゴンバスター】(レア)。

邪ver Edit

【天空の古戦場】【ユグノア地方・入り江の島】(PS4版のみ)に出現。
使用攻撃が【ドルマドン】【かがやくいき】にパワーアップしているが、コンビネーション攻撃は行わなくなっている。
PS4版では移動システムの関係上こいつを利用しないといけないクエストが存在する。

テーブルゲーム Edit

老師ゲーム第1弾【ドラゴンクエストカードゲーム キングレオ】には、ドラゴンライダーのみ同系モンスターがいないという扱いになっており「ガーディアンは?」と思ったユーザーも多いことだろう。
第3弾の【冒険活劇ボードゲーム ドラゴンクエスト デスパレス】では、ドラゴンライダーと共に登場することになった。
キングレオとは正反対に、彼らだけがこのゲームで唯一の同系モンスターである。