【ゴライアス】

Last-modified: 2020-07-22 (水) 13:04:43

DQ11

【メガトンケイル】【転生モンスター】
向かって左半身が赤、右半身が緑という、DQ8の【モリー】を思わせるようなツートンカラー。
名前の語源は旧約聖書に登場する巨人で、【ゴリアテ】と同一であるが、元ネタのゴリアテは石を投げられて倒されるのに対し、こいつは逆に岩石を投げつけてくる。
 
【ばくれつけん】【みわくのマッスルポーズ】【がんせきおとし】を使う。
所持アイテムはノーマルが【マグマの石】、レアが【ごうけつのうでわ】
 
転生モンスターの中でも特に厄介な一匹であり、3回行動の上に3391もの膨大なHPを持ち、一応ザコ枠だということを忘れそうになるレベル。
というかこの数値だけ見れば【魔軍司令ホメロス】にも迫り(彼より200ちょっと低い)、こちらのほうが行動回数も攻撃力も上なので何をどう考えてもゴライアスのほうが強い。
 
がんせきおとしをこれでもかと乱発してくるので1ターンでがんせきおとし×3ということもザラで、あっという間にパーティが壊滅してしまう。ばくれつけんも危険。
たとえがんせきおとしではなかったとしても、あのメガトンケイルと同等、もしくはそれ以上の火力が1ターンに3回も飛んでくるのだからたまったものではない。
が、実は転生元同様に即死がある程度効いてしまうという弱点があり【心眼一閃】を使っていると即死効果であっさり倒せたりもする。
【ザラキ】でメガトンケイル共々倒してしまっても良い。
 
加えて、最初の出現場所がよりによって【天空魔城】で、そこを逃すと【勇者の試練】(常闇の火山)に登場するメガトンケイル・強を狙うしかなくなる(ヒノノギ火山には出現しない)。
勇者の試練では3DS版だと3Dモードではシンボルが3匹しかいない上に倒すと脱出して再入場するまでシンボルが復活しなくなるため、時間はかかるが2Dモードのランダムエンカウントで会えるのを期待した方が良い。
マグマの石はこいつから取るかカジノの景品でしか継続的な入手経路がないという、これも地味に面倒な一品。
同じ天空魔城に登場する転生モンスターである【ドラゴントイズ】と同じく、こいつを狙っていたらレベルが上がりすぎて【魔王ウルノーガ】戦が楽勝になってしまったプレイヤーもいるとか。
 
【討伐モンスターリスト】には「300人の猛者を率いる」とあるが、こちらはスパルタ王レオニダス1世が元ネタか。