【ジャックポッター】

Last-modified: 2021-01-04 (月) 19:32:21

概要

DQ11で初登場した真っ赤なスロット系モンスター。
【スロットマジーン】【クレイジーボーナス】の上位種であり【転生モンスター】【ミリオンゼニー】がいる。
 
名前の由来は【ジャックポット】だろう。カジノの大当たりのことである。

DQ11

【勇者の試練】に出現。
痛恨の一撃を繰り出す他、例によって目を回したり【おカネのにおい】を撒いてこちら全体を【魅了】状態にしたりしてくる。目を回した時に吐いてくるブレスは【黒くかがやく炎】。またドクロマークが揃った時には最大HP半減の【呪い】を与えてくる。
系統の例に漏れず当然【トラップモンスター】としても機能しており、この個体は能力が底上げされている。
ただトラップモンスターの個体とエンカウントした場合はミリオンゼニーは出現しない。
状態異常は面倒だし守備力は780と【メイデンドール・強】と並ぶ屈指の高さだが、この系統共通で光以外の属性は全てよく効くので攻め手には困らないだろう。
 
ドロップアイテムは【ちいさなメダル】とレア枠の【きせきのきのみ】
…言うまでもないが、ちいさなメダルもメダルスタンプコンプリート後、10枚交換の景品できせきのきのみが入手できるため乱獲されている。
こいつは【スーパールーレット】のレアドロップアイテムと言うジャックポットをやりこみプレイヤーに与え続けているのだ。
今日今この時も、奈落の冥城でこいつらの断末魔が鳴り響いていることだろう…
【デスカイザー】がお供に出てくる事もあるので、ついでに【だいしんかのひせき】もいただいておくと効率が良い。

DQR

第4弾カードパック「モンスターもりもり物語」にて実装。共通のノーマル。

7/5/5
召喚時:両プレイヤーはカードを1枚引く
スキルブースト:+1枚

スキルブーストの値次第では、大量のドローが可能。
それは相手も同じことだが、裏を返せば相手のキーカードを手札溢れで除外させたり、デッキを引き切らせてデッキ切れダメージを負わせたりといった特殊なプレイ(いわゆるミル)が可能。そのためごく一部のプレイヤーに愛用された。

DQRA

真1弾カードパック「英雄たちの凱旋」にて「勝負師ジャックポッター」名義で実装。今度は盗賊専用のスーパーレア。

6/6/6
召喚時:手札を2枚捨てる
そうした場合、ランダムなレジェンドレアカードを0~4枚を以下の確率で手札に加える
0~4枚 各20%

最近めっきり減っていた、おもいっきり運任せなカード。
有用レジェンドを大量に入手することもあれば、いたずらに手札が2枚消えるだけのこともある(このとき「しかし なにもおこらなかった!」と表示される)という、まさに勝負師なギャンブルカード。
運が良ければ2枚捨てとレジェンド4枚回収のすんごい動きができるが、運が悪いと息切れに陥って自滅するリスクも強く、どちらかというとネタ、ロマン派向けのカードと言える。
 
プレミア版フレーバーテキスト曰く、「最後は運だけの勝負に持ち込もうとするため実力主義の魔物から嫌われている」とのこと。
本作が、ある程度運の絡むカードゲームというジャンルなだけに笑えない・・・かも。