【動かない石像】

Last-modified: 2020-01-25 (土) 23:26:31

概要 Edit

DQ3、トルネコ1、トルネコ2(PS版)に登場するオブジェの一種。
【うごくせきぞう】にそっくりなだけで、本当にただの石像である。
何とも当たり前な名称だが、そっくりで見分けが付かないので動くものが擬態している場合もある。

DQ3 Edit

【ゾーマの城】の各所に存在する。
1Fの玉座へ通じる部屋では、ただの【石像】と思わせておいて、突然喋り出し【だいまじん】が襲いかかってくる。
FC版では【いざないの洞窟】【ダーマの神殿】の石像と同じ腕を下したデザインだったが、
リメイク版ではゾーマの城の石像のみ、うごくせきぞうに似た腕を上げたデザインに変更されている。

不思議のダンジョンシリーズ Edit

フロア内に1体しか存在せず、部屋の入り口や迷路内には設置されない。もちろん自然発生もしない。
モンスターのうごくせきぞうはこの石像に擬態しているので、
動かない石像だと思ってうっかり近付くと殴られる場合もあるので注意。

トルネコ1 Edit

DQ3等の経験者であれば「こんな序盤にうごくせきぞうが!?」と驚く事だろう。
恐る恐る近づいたプレイヤーを「なんだ、ただの石像か」と一旦安心させておいて、
少し進んだ下の階層では本物のうごくせきぞうが現れる、という仕掛けである。
 
うごくせきぞうよりも色合いがほんのわずかだけ薄く黄色っぽいが、
本物と偽物を並べても区別が付きにくく、外見で見分けるのは余程視力が良くなければ無理に近い。
【矢】を撃ったり不要なアイテムを投げつけてそれで判別するのが無難だろう。
うごくせきぞうの出現する13~21階では、【トルネコ】【レベル】【最大HP】が少ない場合はあまり近付かない様にしよう。
これを間に挟んで【リリパット】【木の矢】を無駄撃ちさせて矢を稼ぐのは冒険の基本。
扱いとしては【金縛り】状態のモンスターと同じなので、こいつの周りをグルグル回る事でモンスターに攻撃されずにHPを回復できる。
 
ちなみにこの石像、本作のみ【地雷】【爆弾岩】の爆風で消滅してしまうのだが、
その際一瞬だけうごくせきぞうのやられモーションが作動してしまう。
 
トルネコの店の新店舗が完成するとトルネコ像と一緒に祭られているが、1体だけうごくせきぞうが紛れている。

トルネコ2(PS版) Edit

腕を上げているかどうかで判別できる様になった。
腕を下げているのがこれなので、近付いても安全。
このままでは擬態もへったくれも無いが、前作で分かりにくかったのを反省して見た目を分かりやすくしたのだろう。
但し【リリパット】系のモンスターが間に石像を挟んでる場合に矢を撃たなくなった為、矢稼ぎに利用する事はできなくなった。
それどころか矢を外しても落とさなくなったが、その代わり倒すと一定確率で手に入る仕様になった。

DQB2 Edit

【オッカムル島】の地下神殿攻略のキーアイテム。表記は「うごかないせきぞう」。
見た目は【うごくせきぞう】そのまんまのオブジェ。
 
地下神殿中央に石像を乗せる台座が6つ陳列された部屋があり、最初はそのうちの4つにしか石像が置かれていない。
神殿内を攻略すると動かない石像を2つ入手できるので、これを神殿中央の台座に乗せる事で、【宝箱】【カギ】が開く仕組みになっている。
但し、仕掛けを解いた直後に6つの石像全部が【うごくせきぞう】となって襲い掛かってくる。とんだ動かない詐欺である。この時のドロップアイテムは【石材】、バラバラに破壊された様だ。
 
【ヒエヒエ島】に生息するうごくせきぞうを倒すと、仲間にならなかった場合にドロップする。
これを手に入れれば、【からっぽ島】等でオブジェとして飾る事も可能。
開拓地にこれを置いておくと、その開拓地に住民登録されているうごくせきぞうか【だいまじん】が、像の隣で何故か像のポーズの真似をする。
見ている分には面白いが、反面【染料ダル】での染料作成のアシストはあまりやってくれなくなるので注意。