Top > 【恵みの大樹】


【恵みの大樹】

Last-modified: 2019-06-13 (木) 16:59:24




DQB2 Edit

【モンゾーラ島】に存在する大樹。本作における【世界樹】と呼ぶべき存在で、作中では3種類の大樹が登場する。
なお、名前は似ているがDQ11の世界樹的存在である【命の大樹】とは別物である。

かつての大樹 Edit

島の中心の小島にそびえ建つ、意思を持った大樹。【かぜのマント】がなければ辿り着けない。
【ヒババンゴ】の軍勢によって蝕まれ、【ババンゴの実】を実らせる胞子を含むくさり風を発する「破壊の木」と化している。
大樹のある小島は【ハーゴン教団】の聖地となっており、副総督の個室には【マギール】が遺した日記や島の歴史を記した書籍?も存在する。
 
実は【伝説のビルダー】によって人工的に造られたものであり、これに目をつけたハーゴン教団はくさり風の発生の原因が【ビルダー】にあると捏造、大樹のおかげで豊かになると同時に争い事を起こすようになった人間達に破壊の教えを信じ込ませた。
しかし、恵みの大樹が人の手によって造られるという事実は、大樹を破壊されてしまったモンゾーラの住人にとって豊かな恵みを復活させる最後の希望ともなった。
 
新たな大樹の再建の情報を求めてやってきた【主人公(DQB2)】【少年シドー】に対して自身を破壊するよう願い、【命の原木】を遺して完全に朽ち果てた。
新たな物を「創造」するためには「破壊」も必要であるという本作のテーマの「創造と破壊は表裏一体」を最初に実感することになるイベントである。
 
因みにこの小島の赤く染まった泥を【ビルダーハンマー】で壊すか、【リフォームコテ】で塗り替えると【けがれた泥】という泥ブロックが手に入る。
このけがれた泥はこの小島以外からは一切入手出来ず、アイテム図鑑にも乗らない=ビルダーハートで交換できないため、大変貴重なブロックと言える。
また、この大樹を構成する枯れた樹皮と枯れ大木の葉も、ここを始めとしたごく一部でしか入手できないレアブロックである。
これらはゲーム内に存在する数に限りがありながら、樹皮以外は通常のハンマーでは入手できないタイプのブロック(つまり、減ることはあっても増えることはない)なので、アイテムのコレクションにこだわりのあるビルダーは要注意。

2本目の大樹 Edit

モンゾーラ島のストーリー序盤で【チャコ】から貰った【ふしぎなタネ】から芽吹く。
【マギール】の助力によって農園の復活と共に成長していくも、最終的にヒババンゴに破壊されてしまう。

新たな大樹 Edit

ヒババンゴに破壊された大樹の代わりに造ることになる大樹。
大量の【大木の樹皮】やかつての大樹の命の原木、【きれいな水】、そして三色島に保管されているの三色の花が必要。
これらすべてを揃えて完成させても農園を覆うくさり風をはらうだけで精一杯であり、完全な大樹の完成にはヒババンゴが持つ【はじまりの一葉】から作る【風のしずく】が必要となる。
 
ヒババンゴ撃破後、風のしずくを使うことで大量の葉が茂ると共に大樹の意思が復活、農場の周辺の緑も蘇る。
モンゾーラ島再建の道筋が整ったことで、ようやく【からっぽ島】を開拓する仲間を連れて帰ることができるようになる。