Top > 武器 > 【トウルヌソル】


武器/【トウルヌソル】

Last-modified: 2019-06-03 (月) 21:23:12

綴りはTournesol
フランス語でヒマワリを意味する。






FF12 Edit

攻撃力140、物理回避率25%、CT30、連撃値12。
『最強剣装備』のライセンスで装備可能。
攻防を高レベルで兼備する両手剣で、鯨の髭のほぼ上位互換。
盾役がいれば回避は必要ないので、より火力の高い強化エクスカリバー最強の矛がいいが、
範囲技を多用する敵ならトウルヌソルで防御を補うほうがいい場合がある。

  • ヒスイのカラーと組み合わせで約48%の回避率になり、相手が暗闇状態なら約90%の回避率となる。この回避率と武器攻撃力、連撃値を考慮するとアタッカーはもとより盾役への最終武器候補にもなりうる。

サーペンタリウス×3・霊帝の魂×3・玉鋼×3を売ると交易品「ヒマワリの花」として買える。
玉鋼はマサムネ(マサムネI)入手にも必要なので、一緒に入手すれば玉鋼の数は3個に抑えられる。
サーペンタリウスは、ゾディアークから盗む、クランの報酬などでもらえるが、
材料は比較的楽に集められるので、3個交易で入手できなくも無い。
しかし、両方そろえるとなると950000ギル必要なので、キングベヒーモスの報酬等で資金を集めるしかない。

  • 交易に必要な素材の素材の大半はサブイベントのハントループで出現するようになるモンスターが持っていることを把握していると比較的集めやすい。一番の障害になるのは獄門の炎だろうか。
  • ある程度モブを倒せば、ギル稼ぎにうってつけのねこみみフードがクランショップに入荷される。頑張れば序盤あたりから手に入れられ、この時点からずっと装備してモンスターを狩りまくれば金には困らないだろう。サクサクストーリーを進めたい人にはお勧めできないが。

ウネウネした金色の刀身が特徴的。

  • FF5のエクスカリパーと同じデザインをしている。
    • 剣のデザインはNTT出版から出版された攻略本「ファイナルファンタジーV 完全攻略編」に掲載されている
      エクスカリパーの挿絵を基にしていると思われる。
      ちなみに、エクスカリバーの挿絵はエクスカリパーより一回り大きく、
      柄部分の太陽の装飾に顔が描かれている。尚、エクスカリバーの挿絵は4から登場している。
    • ↑初見でこのネタに気づいた人ってどれくらい居るんだろうか?
      • 発売されてから、ギルガメッシュと戦った人の間とかで結構言われてたような。
        刀身がクネクネしてるから気づかない人も多いだろうけど。
    • 最強の剣としてそのデザインを気に入るかどうかはプレイヤー次第だろう…。

FF5のエクスカリパーのオマージュに加え、名称や見た目的にサンブレードのオマージュの可能性もある。
もしそうだとしたらかなりの大出世だが、実戦値では結局エクスカリバーには敵わなかったか。

FFTA2 Edit

FF12と同世界・同時代のFFTA2でも引き続き登場。分類は大剣
大剣の中でも攻撃力は最大の78を誇る。


ほりだしもの「ヒマワリの花S」(大アルカナヒヒイロカネ皇帝のウロコ)で手に入る。一品物
ラニスタが「竜の魂」を覚える。
攻撃力は強いが他に何も無いので、気になるようだったら剣聖剣でも持ったらいい。

DDFF Edit

EXモード中のヴァンがこれを使う。

FFRK Edit

「トウルヌソル【XII】」。レア6の。FF12共鳴。
アーシェのオーバーフロー奥義「極星轟雷斬?」付き。修得ボーナスは魔力+10。