Top > 湯田浩一


湯田浩一(ゆだこういち)

Last-modified: 2019-07-24 (水) 11:17:42

 7、8における主人公の相棒。11では敵球団選手として、14ではなんと主人公の養父として登場する。
 凡田に次ぐかなりのマニアであるが、萌えは興味ないらしい。ガレージキットを組み立て・彩色してマニアショップに売り込むなど、手先は器用なようだ。
 実の父親とは小学生のとき一度だけ会ったことがある。その際にグローブを買ってもらい、プロになった今でもそのグローブを使い続けている。グローブにはその父親の字で「夢成さねば夢のまま」と書かれている。
 また、メガネ一族にしては珍しく、7のまゆみルートや8友子ルート・8美空ルートなど、彼女候補のシナリオで活躍する場面が多い。



パワプロクンポケット7 Edit

 ポジションは投手(主人公(7)が投手の時は外野手)でモーションはスリークォーター。メガネ一族では珍しい左投げ左打ち。パワーアップイベント後はなぜか右利きになる。

 

 メガネ一族の一人だが、彼の母親は彼の父とは別の男と結婚している。湯田の直接の父とは離婚したのか、はたまた最初からシングルマザーだったのかは不明。
 ただしその義理の父親も7の時点ですでに死去しており、家族構成は母と義理の妹の中田まゆみの3人である。その複雑な家族構成故か、義妹まゆみとはいつも喧嘩ばかりしており、この義兄妹が和解を果たせるのは少なくとも劇中では彼女が交通事故で記憶喪失を起こす、というケースのみである。
 なお、彼のプロフィールでは、湯田に「同じ顔の異母兄弟が13人存在する」とされているが、パワポケ8の公式サイトとパワポケ10・11公式Q&Aでは、この設定に対する否定的見解が書かれている。(因みに14まででは、矢部亀田・凡田・落田山田三田荷田具田無田餅田の十人。開田は一族か否か不明。)

 

 ゲン担ぎとして試合の前日には風呂に入らない。まゆみルートではインキンで病院に通っていた事が分かる。

 

 母方の叔父のカステラ屋でアルバイトをしているが、その大半がおもちゃ代につかわれており常に金欠状態でいる。
 ドラフト6位でホッパーズに指名されプロ野球選手になった。プロ入りした理由についてはパワポケ8で「好きなおもちゃが買えるから大学へ行かずにプロ入りした」と語っている。

 

 なお、劇中の住宅街イベントでは、イヤなことばかりの世の中を少しでも良くする為に学者になりたい、野球をしているのは根性を鍛えるためだ、と語る一方、喫茶店イベントでは、野球バカの自分には勉強は必要ない、太く短くこの瞬間を楽しむ、と正反対の事を語っている。
 両者が独立したイベントである事からすると、ライター間の調整ミスだろうか。いずれにせよ、続編での彼は、野球人生とマニア道を両立させてはいるものの、学問に特に関心のある様子はない(14ではむしろ、息子を野球に専念させる為、学校の宿題等々を邪魔している節すらある)。

 

パワプロクンポケット8 Edit

 引き続き相棒として登場。
 主人公(8)芽舘倉刈明らと同期で大神ホッパーズに入団(ドラフト6位)し共にプロとしての日々を重ね、最終的には一軍めるまでに成長する。
 山形しあわせ草入りジュースを飲んでも体質的に効果が無いらしく、「効果が無ければタダ」という言葉を受けずっとタダでジュースを楽しんでいた。
 イベントでパワーアップするが、初期ROMだとバグで逆に弱体化してしまう。
プロフィールによればプロ野球選手になり、自分で金を稼げるようになって手のつけられないマニアになったらしい。

 

 入団直後に張り切りすぎて故障する、球場近くの公園でかくれんぼや凧揚げをするなど、主人公(8)に比べてもやや若さが目立つ。また、女性には今なお縁がなく、高校時代の友人たちともプロ入り後は疎遠になっている為か、クリスマスには山口幸恵の店で一人寂しく大騒ぎしている姿が見られる。
 一方、友子バッドでは「・・・人は忘れるから、生きていられるんでやんすよ。苦しいことや悲しいことを 全部覚えてたんじゃ、つらくて仕方ないでやんすよ。」と語っており、普段の陽気な姿の裏に隠された苦悩を垣間見ることも出来る。

 

 妹と和解を果たせたか否かは不明。

 

 なお、14のOPでは、この頃には異母兄弟の山田・落田と既に交流があり、8の三年目の秋には身寄りのない主人公(14)を三人で育て始めていた事が明らかにされている。

 

パワプロクンポケット11 Edit

 ホッパーズの選手として登場。顔の周りの鬚を剃っている。ホッパーズの守護神に昇格し、ピンチに強いが四球と被本塁打が多い。北条監督のやり方に不満を持っている。
 なお、メガネ一族では2の亀田以来となる主人公視点での敵球団選手となる。
 同期の倉刈明とは親密な友人だったらしく、彼がトレードで退団する時は、激励してウダマニュラの人形をプレゼントしていた。

 

パワプロクンポケット14 Edit

 山田平吉、落田太二と共に主人公(14)の育て親として登場。異母兄弟の山田と落田を「義兄さん」と呼ぶ事が無く互いで苗字で呼ぶ間柄。三人の中では最も年下だが、プロ野球選手であったためか家族の中では権限が一番強く専業主婦的な立場。プロフィールではメガネママとも称されている。
 プロ野球選手を3年前*1に引退しているため家事に専念している。プロでは自身がスター選手になれなかったため、主人公(14)にはスター選手になってもらいたい一心で育てているが、親バカな面もあり行動が行き過ぎている場面が多々見られ、その中でも主人公(14)がフィンチーズに所属する前のチームで問題を起こしてしまっている。ちなみにカタストロフの後は主人公が魔球を投げられなくなったショックでいまだに立ち直れていない様子が描かれている。
 マニアショップで田西が友人と時代がかった合言葉で通話しているのを見かけ、無性にイライラしてしまうシーンもある。(既に覚えていないようだが、十数年前の自分の恥部を掘り返されているようなものである)

 

裏サクセス Edit

 表同様、7・8で連続して相棒を務める。

 

大正冒険奇譚編 (パワポケ7) Edit

 湯田浩一という名前で主人公(裏)の友人兼行商人として数々の冒険に同行する。
 戦闘中はアイテムを主人公(裏)に売るという形でサポートしてくれる。
 後にそれらの冒険を物語にして発刊し、巨万の富を得た。しかし、大戦とその後の極度のインフレで破産し、晩年は貧乏であった。

 

昭和冒険編 (パワポケ8) Edit

 冒険家の主人公(裏)の友人兼、助手兼、荷物係兼、行商人。
 主人公(裏)の冒険を物語にして発刊し、大儲けしているため(この時点ではまだ)金持ちである。

 

※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • なんで8ではポジションが投手で固定されてるんだろう?「7主の正史ポジションが野手だったから」ではないと思うんだが。 -- 2010-08-08 (日) 07:36:26
  • オリ変イベントがあるからでしょ。8が初登場だったし、その際のイベントをどうするか、まだ固まってなかったんだろう。9以降はみんな「ん?なんか今妙な変化をしたぞ」だけど。 -- 2010-10-25 (月) 00:46:41
  • 大学へ進学せずプロへ入った理由はオモチャが買えるから。 -- 2011-02-02 (水) 19:28:46
  • 一番主人公にべったりなメガネだよな。彼女いないと一緒におみくじに行くしクリスマスやバレンタインデーのイベントも多い。 -- 2011-02-24 (木) 22:51:15
  • 萌えは嫌いなわけじゃなく興味がないだけじゃなかったか? -- 2011-04-07 (木) 12:01:49
  • 萌えそのものが嫌いなんじゃなくてマニアをなんでも「萌え」で一括りにする風潮が嫌いなんじゃないか?女の子のフィギュア自体はたまに買うらしいし。ちなみに8主人公は「萌え」について「心の奥底から燃え上がる想いが~」って言ってしまうぐらい萌えに拘りを持ってる。 -- 2011-04-15 (金) 02:16:19
  • ↑女の子のフィギュアを「萌え」で一括りにするのが嫌いだったはず -- 2011-04-15 (金) 18:08:33
  • 偉くキビシイ父親になったようで。でもなんでだろ?7時代の彼からは -- 2011-12-13 (火) 19:47:16
  • しかし引退早いなあ 年表によるとストッパーやってた翌年に引退とは -- 2011-12-14 (水) 20:27:05
  • 14主人公がレッドとキャッチボールしたという報告を彼にしてたらどんなリアクションしたんだろう -- 2011-12-14 (水) 21:29:52
  • 厳しいけど親バカっぷりもスゴイ -- 2011-12-14 (水) 21:47:08
  • 年表によると8の3年目の頃には既に14主を拾ってたらしいが、流石に後付け過ぎる気がする。まあ特に矛盾があるわけでもないが、プロ野球をしながら赤ん坊を育ててたのか? -- 2011-12-14 (水) 22:37:28
  • ↑確かにね。8主に“あんたが普通の選手ではないと分かっていたでやんす”なんて言っている場合でもない気もする。 -- 2011-12-14 (水) 22:47:09
  • コイツだけ出稼ぎだろプロやってた時期は。14主の面倒は山田と仕事をしてない落田で見れると思う -- 2011-12-15 (木) 05:44:09
  • こう言っちゃなんだけど、湯田より凡田の方がよかったなぁ。2と5がどうなったか知りたかっただけだけど -- 2011-12-15 (木) 08:28:31
  • オープニングの会話は湯田より凡田のほうがしっくりする気がする -- 2011-12-15 (木) 22:16:23
  • プロである程度稼いで住居とかを構えたのかなぁ。あとは自分自身が対した選手じゃないと思って、主人公に幻滅されないうちに引退しようと思ったのか -- 2011-12-15 (木) 22:32:34
  • ↑×2凡田は他のメガネ達に深く関わらないようにしてた節があるからね・・ -- 2011-12-15 (木) 23:01:40
  • いつのまにワギリのメガネコンビと知り合ったのか。 -- 2012-01-10 (火) 10:18:48
  • ↑山田が作った人形(?)的なものを受け取ったときじゃないか?↑×5凡田さんって50歳近くなかったっけ・・・。GBA時代の中期のメガネから選んでるとかじゃないの?大体40代くらいだし(山田なんてDS作品ではほぼ空気だったし) -- 2012-04-22 (日) 02:58:04
  • こいつが田西に批判的だったのは本心ではなくて、14主に自分がマニアだと思われないように言っただけという可能性は無いのか?14主にはマニアだと気づかれていたが -- 2012-12-20 (木) 18:13:52
  • パワポケ8で、14主がいることの伏線はさすがにはれなかったか -- 2012-12-22 (土) 12:54:36
  • かなり無理やりなこじつけだが、エンディングで8主にカマかけたのが伏線だったって可能性はあるかも。 -- 2012-12-24 (月) 20:41:44
  • 確かにせっかくレッド出てるんだから湯田とちょっとでいいから絡んで欲しかったな -- 2013-03-27 (水) 00:17:26
  • でもレッドのこと覚えてないじゃん -- 2013-07-16 (火) 12:52:58
  • そうなん?14では会ってないよな。 -- 2013-07-17 (水) 20:29:44
  • 9主t@ -- 2013-08-19 (月) 00:41:39
  • こいつ友子のイベントで水木コーチと飲んでたけど高校からプロに行ったならまだ19だよな?いいのか? -- 2014-02-02 (日) 13:48:55
  • ↑イベントの進行具合によると思うけど2年目以降だったら20歳だから良いんじゃない? -- 2014-02-02 (日) 22:58:19
  • レッドのことは部員は覚えてたはず -- 2014-02-13 (木) 18:53:56
  • 確かにレッドと話してほしかったなあ。7時点でヒーローの秘密を知りたがったり、実際に教えてもらったり、絡みが全く無かったわけじゃないし。 -- 2014-06-06 (金) 09:18:51
  • ポケ7での勉強イベントをミスって言ってるけど先に「学者になりたい」の方を出したら喫茶店のイベントで主人公が「この前学者になりたいとか言ってなかったか?」みたいなことを突っ込んでたきがする。うろ覚えだが -- 2015-01-15 (木) 14:43:39
  • 友子BADの言葉も名言だが、7真央ルート終盤で言ってた「よくわからないでやんすけど、心が通じ合っていればまた会えるでやんすよ」とかも名言だと思う -- 2015-02-26 (木) 10:14:46
  • ↑2 「この前学者になりたいとか言ってなかったか?」「そんな昔のことは忘れたでやんす」みたいな会話イベントがあった筈 -- 2015-11-06 (金) 01:56:21
  • 色々考えるもんだね -- 2016-07-03 (日) 21:15:44
  • 色々考えるもんだね -- 2016-07-03 (日) 21:17:39
  • 球威は無いけどコントロールが良いけど四球や被弾が多い。三振もそこまで多くないし抑え向きの選手ではないやろ -- 2018-01-17 (水) 11:48:12
  • 湯田の教育方針はやや行きすぎな気もする。へたこきゃ児童相談所に訴えられても可笑しくないかと…。 -- 2018-01-17 (水) 13:41:45
  • メガネ一族の中では凡田以上か同等の出世枠の選手だよね -- 2018-02-01 (木) 13:50:28
  • 試合前風呂入らないって甲子園の時どんだけ臭かったんだww -- 2018-02-14 (水) 09:23:07
  • 別に毎日試合あるわけじゃないし -- 2018-09-06 (木) 08:51:52

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 プロフィールの記述。なお『パワプロクンポケット14 公式パーフェクトガイド』(エンターブレイン、2012)P.34 では5年前になっている