学習

Last-modified: 2020-09-21 (月) 15:13:53
学習
gakushuu.pnggakushuu p.png

カード考察

  • ターン終了時に洞察を1枚山札に加えるパワー。
    • 優秀なドローソースにはなるが、2コストはやはり重い。利用する際には早めにアップグレードしておきたい。
  • 洞察を使用する事で2ドローする事ができ、デッキの回転が早まり立ち回りが安定する。
    • 洞察は山札に混ぜられるため、実質的なドロー加速は1ターンあたり1枚であることに注意。
    • 掌握した現実を使用済であれば3ドローに増加。実質的には2倍の効果といえる。
    • 洞察が保留を持つ為、憤怒・神聖スタンスに合わせてまとめて使用し、ラッシュをかけるのが強力。
    • 占術と併せて使用できれば効果が大きい。必要なタイミングで必要なカードだけを手札に引き込みやすい。
  • 戦いの賛歌等から生成されるスマイトとは異なり、エナジーを使用しないので手札は圧迫されにくい。
  • 手数が増えるので使用枚数がデメリットになる状態では注意が必要。ベルベットチョーカーとの相性は悪く、タイムイーター相手には使用しないことも重要な選択となる。
  • 山札に加えてからドローする為、スネッコアイとの相性はかなり悪い。高コスト化した洞察が手札に貯まると圧迫が酷い。神人化で稼いだエナジーで使う、制定で時間をかけて解決する手もあるが他のドローソースを採用した方が無難。

更新履歴

コメント

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • 製作者としては他クラスの残虐商売道具機械学習と同列のドロー増パワーとして作ったんだろうか?高コスト、天賦なしと引き換えに保留の柔軟さ、掌握した現実での伸びしろ、レア度アンコモンで差別化を図ったのかな。 -- 2020-09-21 (月) 15:13:53
  • タイムイーターとは相性最悪だし目覚めし者にもあんまり良くなく、そもそも他に優秀なパワーが多いから微妙な気がしてきた。洞察が手札圧迫するのとリターン得られるのが遅いのも良くない。デッキ2週目以降は占術もあればだいぶ強くなるけどね -- 2020-04-16 (木) 22:17:14
    • タイムイーター相手の時はともかく、0コストで適当に使い捨てられる洞察で圧迫されてるのはただのプレイミスだと思う -- 2020-04-16 (木) 22:57:04
      • 洞察を最大限有効に使おうと思ったら手札に溜めておいて必要な時に切るやり方だけど限られた保留枠を他と食い合うのが良くないという意図だった。長い。引いたらすぐ吐き出せばそりゃ手札圧迫しないけどそれじゃそんなに強くない。 -- 2020-04-16 (木) 23:20:15
    • 強いんだけど即効性に欠ける。これがあっても保留ブロック欲しくなるし手札圧迫考えると個人的には不要となるカード。回り始めたあとの強さより回り始めるまでの安定のが欲しい -- 2020-04-16 (木) 23:53:26
  • 掌握した現実で実質効果2倍になるのがあまりにも強い。占術も豊富なら毎ターン欲しいカード確実に引けるレベル。 -- 2020-03-30 (月) 20:50:54
  • 占術で山札整えてからドローするといい。憤怒待ちで一気に使うのもいい -- 2020-03-26 (木) 03:50:08
  • スネッコアイとの相性が最悪 -- 2020-02-07 (金) 22:40:30
  • ドローソースがめんどくさい時にこれあれば解決する感 -- 2020-02-07 (金) 20:24:56
  • 実質2ドローはおかしくない? -- 2020-02-02 (日) 11:59:20
    • 山札に加えてた洞察をドローしてるから洞察を使っても実際は1ドローってこと?それとも確実に洞察が引けるわけではないってこと? -- 2020-02-02 (日) 12:13:56
    • 効果を平たく均せば実質毎ターン追加1ドロー相当ですね。実際は引き順によるタイムラグが発生する場合がある代わりに効果を得るのを先送りにする選択が取れるので、単なる追加ドローと比べて一長一短あるのが面白い。 -- 2020-02-04 (火) 18:59:52
  • 地味に重いので取るの悩む -- 2020-01-29 (水) 20:08:07
  • 正式版と逆なんじゃないかってぐらいベータアートが綺麗 -- 2020-01-24 (金) 00:40:24

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照