Object 907

Last-modified: 2021-07-15 (木) 16:34:52


ソ連MT3兄弟と比べ、車体が特徴的でわかりやすい。
車体側面上部は逆三角形という奇抜な形状。

Tier10 中戦車

[[公式紹介ページ>]]

スペック

スペック

車体装甲厚(mm)110/100/45本体価格(ゴールド)22,500
最高速度(km/h)前進55マッチング範囲(戦闘Tier)10~11
後退20シルバーボーナス(%)無し
隠蔽率静止時0.30経験値ボーナス(%)5
移動時0.23搭乗員経験値ボーナス(%)無し

パッケージ

Obj. 907
22,500G

詳細

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比地形抵抗旋回速度視認範囲
Obj. 907V-12-5U100 mm D-54TSObject 907Object 9071,900R-123
61054 / [46.29]228/180/46850
16.940.6/0.7/1.538400

※車体旋回速度の実質値は通常地形、操縦手熟練度100%で計算。スキル及び超信地旋回の可否は考慮していません。

 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
100 mm D-54TSAPCR
HEAT
HE
1,100
12G
1,170
264
330
50
320
320
420
7.942,5412.100.36
?
?
45+16
-5

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説

  • 概要
    Tier10のソ連中戦車
    課金車両ツリーの右端にあり450,000フリーEXPから入手することができる。
     
  • 火力
    T-62AObject 140と同程度の攻撃力を持つ。俯角が狭いのは相変わらず。
    • 100 mm D-54TS
      先述の2両よりも砲拡散値が2割程悪化しているため、比べると弾が当たりにくい。
      通常弾の弾速がかなり速いのも同じ。偏差射撃はとてもやりやすく感じる筈だ。
       
  • 装甲

    画像による解説


    ↑正面装甲の防御力。車体の上部を打つ際は中央付近を正確に撃つ必要がある。
    下部は一見広い弱点に見えるが、実際には左右端が空間装甲になっていてダメージが入らない。緑色の部分は190~230mm相当になっているが、一部250mm相当の装甲が帯状に配置されており通常弾では弾かれかねない。
    ~厚表記以外の数値は、AP弾の標準化を加味した実質の防御力。
    装甲モデルはtanks.ggより

    • 砲塔
      ソ連お得意のお椀型砲塔。以前は30mmしかない砲塔天板が弱点だったのだが、HD化により大部分が40mmに増厚、口径122mm砲以上の砲でなければ跳弾されるようになった。
      キューポラは240mm相当と同格に比べてかなり硬い。また機銃が付いてる側は判定が小さく狙い辛い。
    • 車体
      正面上部は約220mm程度の防御力ではあるが、背の低さから撃ち下ろす事を考えると正味200mmといった所。姿勢や当たり所によっては跳弾も起こり得るため、正面に近い面に対する的確な狙撃が求められる。
      車体下部は220~250mm相当と硬い。一部180mm程度で抜ける箇所も存在するが範囲が狭いので狙う価値は薄い。
      車体側面はかなり歪な装甲配置で、側面上部は100mmだが45度の傾斜があり、正面から車体を見ると逆三角形に見える。斜め前や斜め後ろから側面を撃つと跳弾されるため狙う際は注意。側面中央から下は45mm~30mmと極端に薄くなる。

      画像による解説


      ↑側面装甲。履帯裏は外観上では垂直に見えるがここも空間装甲であり、その裏にはObject 257のようなキツい傾斜装甲が隠れている。
       上の図の赤い線で囲った領域は本装甲が45~30mmに薄くなっている場所。その上の草色の部分は100mm厚ある。
       下の図は車体底面装甲の図。最下部には垂直に出っ張った構造物があるが、ここを狙うと弾が股下に抜けてしまいがち。
      装甲モデルはtanks.ggより

       
  • 機動力
    ソ連中戦車らしく、厚い装甲を持ちながら優秀な機動性を有している。エンジン出力がソ連MT三兄弟より30馬力増えて、出力重量比が上がった分出だしが良くなっている。
     
  • 総論
    Object 140、T-62Aと比べると砲の取り回しと総弾数が5発少ないことで劣るものの実用の範囲内。高い隠蔽性とHD化による装甲のバフによりTier10MT屈指の強車両となっている。
    そのため、拠点戦やCWなどに使われる汎用性の高い車両となっている。
    経費が450,000フリーEXPと(労力も考慮すれば)高いが開放条件はフリー経験値のみと緩く入手しやすいということもあり、乗り手の腕前も平均的に高いことが多いので注意が必要である。
     

史実


1953年7月13日、新世代の中戦車の開発開始が決定され、第100研究所により開発が行なわれました。計画案は 1954年3月に提出され、1955年の初めには新車両の車体の防弾性試験が実施されました。しかしながらその後、計画は中止されました。

 

コメント

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 初めて見かけたけどすげー連射してくるなコイツ。オートローダーと思うくらい。バッチャみたく見かけたら優先的に撃っといた方がいい感じ? -- 2019-10-04 (金) 17:53:21
    • いやこいつのリロードはむしろ半端じゃないほど弱体化食らってるよ。なんならT-54の方がDPM高い(はず)。他のobject140 430 T-62Aと見間違えたんじゃないの?そっちはリロード5秒半切ってるからクソ早いけど。 -- 2019-10-04 (金) 20:48:55
  • アプデ後はDPM上げやすくなったのである程度補えるようになり、とても強くなったように感じる -- 2020-12-18 (金) 07:48:07
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White