Top > STA-2


STA-2

Last-modified: 2018-11-10 (土) 07:43:27

J18_STA_2_3.png

Tier 8 日本 中戦車 (課金戦車) Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP1,420
車体装甲厚(mm)45/35/25
最高速度(km/h)55
重量/最大積載量(t)33.93/37
本体価格(ゴールド)7,400G
修理費(シルバー)

パッケージ Edit

STA-2
(7,400G)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
STA-2Mitsubishi DL10T90 mm Rifled GunSTA-2Type 3 Chi-Nu Kai480400
570AP
HEAT
HE
212
275
45
240
240
320
50380
11G
240
8.45
2.1
0.37
4470/60/3544380

解説 Edit

  • 概要
    Imperial Steelに先駆けてチヌ改と共に追加されたTier8の日本課金中戦車。マッチング優遇があるためTier9までとしかマッチングしない。
    STA-1の主砲と砲塔を61式戦車の車体に搭載したような外観を持つ。
    簡単に言えば、クレジット収支が向上し、発射速度、照準時間が高くなった代わりに隠蔽・視認範囲・エンジン出力重量比が低下したSTA-1
  • 火力
    • 90 mm Rifled Gun
      砲はSTA-1の中間砲と同名だが俯仰角、貫徹、火力、精度はそのままに発射速度が上昇し、照準時間が短くなり砲塔旋回時の拡散が大幅に小さくなった砲が搭載されている。
      通常弾の貫徹はTier相応となっているため、正面からではTier8の重戦車や重駆逐の弱点以外の部分を貫徹させる事は不可能に近くTier9車輛の場合は弱点を狙っても正面からでは貫徹が殆ど期待できない*1
      ※アップデート3.5において90mm AP M318A1 roundの貫通力が186→212に変更された。その為、本車両を含むSTA-1中間砲、STA-2 Blackの使い勝手が大幅に向上している。
      さらに本車輌はマッチング優遇があるために通常弾でも貫徹可能な車輛が多い戦場に入る事となり、機動性もあるため貫徹力不足で苦労する事は殆どない。また、課金弾についてはSTA-1の最終砲と同じ貫徹力があるため、一部のTier8車輛を除けば同格重戦車や重戦車駆逐は正面からでも装甲を貫徹可能となり、Tier9車輛が相手でも弱点であれば貫徹が十分見込めるようになる事からプレミアム車両であることを活かして課金弾を多めに搭載する事も選択肢に入る。
      ただし金弾が貫徹力275mmのHEATになるため、距離減衰が無くなる反面、履帯等の空間装甲に弱いので、通常弾との使い分けも必要となる。
  • 装甲
    紙装甲なので、撃たれない立ち回りを心がけよう。車体正面を抜かれるとエンジン及び操縦手に当たるので注意。また出火確率も高くなっている点にも注意。
    軽戦車の攻撃や榴弾にすら貫通されてしまう程度であり、自走砲や大口径砲を持つSU-152KV-2等から直撃を受けようものなら致命傷は免れない。
    • 車体
      正面装甲は45mmに傾斜を加えたものであり、このTierでは全く頼りにならない。
      これまで同様、被弾はそのままダメージになると考え、射撃から隠れる場所を常に意識して行動するべきだろう。
    • 砲塔
      前面でも70mmとペラペラだが、まともな形状をした防盾がついている。
      STA-2の防楯は最厚部124mmで、裏に砲塔装甲のある外枠部分に限っては傾斜も加わると合計200mm程度の装甲厚となり、同格の通常弾を正面から防いでくれる可能性がある。
      とはいえ、面積的には開口部や防盾外の方が広く、あくまで「運が良ければ」程度の信頼性なのであまり期待しないでおこう。
  • 機動性
    出力比がSTA-1よりも低いために登坂時の速力低下はやや大きいが履帯の走破性がSTA-1よりも高いため平地での加速は良く、最高速力こそ45kmで頭打ちになるものの直進性、旋回性共に良好であるため機動性はMTとして必要十分な物となっている。
    ※アップデート3.8においてMitsubishi DL10Tの馬力が500hp→570hp、最高速度が45km→55kmに変更
    最高速度は55km/hと日本戦車では最速を誇る。
    エンジンもSTA-1と同等のものを搭載しており、最終状態のSTA-1より履帯性能が良いぶん加速力も高い。
    履帯の旋回速度もそこそこ優れており、小回りが利いて扱いやすい。
  • 隠蔽率
    STB-1と同等もしくは僅かに良い程度。STA-1よりは低いが、中戦車としては悪くない値におさまっている。
  • 総論
    本車輌は他の日本ツリーの車輛同様に走攻守の攻に重きを置いている。頼りない装甲を補うためにマップの地形を把握し、-10度の俯角を活かしハルダウン等を利用する事で被弾面積を減らし、精度の低さを補うために中~近距離を中心とした運用が基本となる日本車輛らしい車輛となっている。
     

史実 Edit

STA-1とともに設計された61式戦車の第1次試作車輌。1957年2月に完成、技術・実用・寒地試験が行われた。
こののち本車を雛型に61式戦車が作られることとなる。

 

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんでセンシしたし、カイジューみたいに海外受けのいい名称あったろうにサムライとかモノノフとか -- 2017-09-25 (月) 13:36:40
    • STA-2 NINJA。STA-2 SAMURAI。かっこええな… -- 2017-09-25 (月) 18:53:08
      • STA-2 SHOGUNとかSTA-2 YAKUZAとか?w -- 2017-09-25 (月) 18:55:25
      • いや 流石に将軍とヤクザはないわw -- 2018-11-29 (木) 00:25:52
      • 連投ですまんけど こいつまた息してたんやな 全然見かけないわw またマザーランドとかスパパの方がワンチャンマシかもw -- 2018-11-29 (木) 00:27:25
      • STA-2は優遇組の中でも砲性能超特化してるからなぁ。通常弾で212、金弾に至って275HEATとか明らかに通常のティア8MTと比較してもかなり高レベルな貫通力に仕上がってるから、装甲にモノを言わせて突撃する人間には合わないだろうね -- 2018-11-29 (木) 07:48:57
  • つまりこいつ乗っていれば中戦車が上手くなるってことでよろし!?(錯乱 -- 2018-12-02 (日) 19:29:40
    • それは、そう -- 2018-12-04 (火) 15:18:06
  • は?この戦車なんか割引があって買ったんだけど 開幕で死ぬわ ローダー達に一弾倉でやられるわ IS3にワンパンされるわでやばいんだけど 優遇あっても装甲が薄すぎやしませんかね -- 2018-12-04 (火) 18:11:27
    • ローダーに開幕撃たれる場所に向かうのが悪い。1マガジンむざむざ撃たれ続けているのか、そもそも他MTでも同じ状況なら死ぬ。IS-3ワンパンは第一に弾薬庫誘爆だから装甲関係ない -- 2018-12-05 (水) 12:15:24
  • そもそも打たれない立ち回りをしてもこのティアまで来ると限界って言うものがあってだな、、前線から一歩引いても 最低限の被弾を耐えれる様にして欲しいわ -- 2018-12-04 (火) 18:18:34
    • HPで耐えれるやろ? -- 2018-12-04 (火) 22:16:32
    • 日本MTは基本撃たれたら貫通だし、馬鹿正直に真正面から撃ち合うのは愚の骨頂だぞ?味方がドンパチやってる別方面からちょっかいを出すとか、俯角を生かしてハルダウンしながら被弾面積を減らしながら撃ち合うとか、機動力を生かしてもっと有利なポジションに移動するか側面取るか等とにかく工夫しないといつまでたっても戦果は上がらないぞ -- 2018-12-04 (火) 23:41:48
  • この戦車難しいなぁ。t20と同じ感覚で使えると思って交換したら全く活躍できん。上手い人使い方教えてくだせぇ😱 -- 2019-04-13 (土) 18:34:40
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 STA-1の最終砲と比較すると33も低い