Top > Type 61


Type 61

Last-modified: 2018-11-05 (月) 08:32:23

Type_61.png

Tier 9 日本 中戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP1,600
車体装甲厚(mm)55/35/25
最高速度(km/h)48
重量(初期/最終)(t)34,55/34,7
本体価格(シルバー)3,600,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
STB-1
(255,000/6,100,000)
Type 61
(169,000/3,600,000)
Type 61 (90mm)
(49,000/126,000)
Type 61 (105mm)
(131,500/498,000)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Type 61Mitsubishi 12HM20WT90 mm Gun Type 61STA-4STA-41,600720
570AP
APCR
HE




50
G
10.0

4470/60/3542390
Type 61 (90mm)Mitsubishi 12HM20WT90 mm Gun Type 61Type 61Type 61
570AP
HEAT
HE
219
275
45
240
240
320

G
12
1.70
0.36
4870/60/3542400
Type 61 (105mm)Mitsubishi 12HM21WT105 mm Rifled GunType 61Type 61
604AP
HEAT
HE
258
330
53
390
390
480

G
6
2.29
0.36
4870/60/3542400

解説 Edit

  • 概要
    Tier9日本中戦車
    陸上自衛隊に量産配備された初の国産戦車である。
  • 火力
    俯角-10°に加えて高くなった車高によって、ハルダウン・稜線射撃が有効な攻撃法となる。(ただしキューポラが標的にされやすい)
    どちらの砲にもそれぞれ長所がある為、自分で使って合っていると感じる方を使っていくのが良いだろう。
    • 90 mm Gun Type 61
      STA-1から引き継ぐ初期砲であり、61式戦車の史実砲。
      装填速度が前身より改善され、照準速度も向上する。
      これによりDPMは2800超と中戦車とは思えない時間帯火力を発揮する事になる。
      ただし、Tierが上がったことによりTier10重戦車等の重装甲の相手とマッチングする機会も増え、STA-1以上に遠距離射撃が通用しないことが多くなる。
      初期砲でそのような重装甲の敵車両に対してダメージを与えたい場合、狙いを絞りきって正面の弱点に確実に命中させるか、側背面への攻撃が必要になる。
      HPとDPMを利用して互いに貫通可能な接近戦でダメージ交換を挑む戦術も有効であるが、装甲による防御も速度による回避も全く頼りにできないため、充分なHPの確保が必須となる。無謀な停止射撃や追撃でHPを無駄にしてしまう事のないように気を付けよう。
    • 105 mm Rifled Gun
      本車の最終砲であり、STB-1と共通。
      初期砲から装填速度が低下するものの、優秀な貫通力と1.5倍以上の単発火力を手に入れる。
      DPMも初期砲よりは低いとは言え、良好な水準を保っている。
      精度は据え置きで照準時間が長くなってしまうが、遠距離射撃で確実に敵装甲を貫通させられる機会が増える上に、通常弾の初速も大幅に増加するので、精密射撃・偏差射撃の命中率が格段に良くなる。
  • 装甲
    攻撃をすることに関しては優秀であるが、今までの日本車両とおなじように防御面は全く頼りにならない。
    砲塔はSTA-1と同じで地味に防盾外縁部が硬いが、装甲厚そのものはSTA-1と全く変わっていない。
    Tierが一つ上がった分だけ相対的に薄くなっているので、弾ければラッキー程度に考えておこう。
    なお、車高の低さを犠牲にした結果、STA-1より車体長が短くなった為、後部が隠れきれないということは減っている。
  • 機動性
    機動性は全く無開発の状態でも充分にあり、STA-1とあまり変わらない加速力を発揮できる。
    また、砲塔、車体ともに旋回が速く、特に車体旋回は最終的にかなり軽快になる。
  • 隠蔽性能
    隠蔽率が良好だったSTA-1から一転、大幅に悪化してしまう。
    なんとType 5 Chi-Ri以下で、E-50?と同等の隠蔽率という極端な急落ぶりである。
    前身やTier5以前で良好な隠蔽性能を武器とする術を磨いてきた中で、ここに来ての隠蔽悪化が想像以上に堪えるプレイヤーも少なくない。
    この隠蔽率をどうやってカバーしていくかが本車の大きな課題となる。
    基本的に遮蔽物から出たら即発見されているものと考えて行動しよう。
  • 総論
    STA-1から全体的に性能を向上させた反面、隠蔽率を大幅に悪化させた車両である。
    STA-1とは大きく異なる隠蔽に頼らない立ち回りを求められるので、前身に慣れ親しんでいるとギャップに苦しむ事になる。
    隠蔽率を考慮して丁寧に立ち回り、高い砲性能を活かす事で勝利を目指そう。

史実 Edit

61式戦車(61TK)

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • ドイツ中戦車ルートやってたから隠蔽率低下に対応できると高を括っていたが、Tier9でこれは痛すぎだね。脅威度が低いので相手も結構安心して突っ込んでくる(ヘイトが高い)から益々厳しい。 -- 2017-08-11 (金) 23:40:54
  • アメリカ駆逐のE4E5より隠蔽が低い。中戦車とはなんなのか(困惑) -- 2017-09-15 (金) 00:52:29
  • 悪く書かれてるけど、個人的には火力を大幅向上しながら隠蔽以外の使い勝手が残されてるから、STAより全然使える。 -- 2017-12-30 (土) 01:31:12
  • 実車は、シングルピンだから履帯の音が独特だとか、下り坂でものすごく加速する(なのでその特徴的な音が山の上からしたら轢かれないように逃げろ)とか、クラッチが固すぎて腕時計を粉砕するのでみんな右手につけるとか聞いた気がします。 -- 2018-10-25 (木) 23:05:54
  • jap戦車の中でも一番のゴミや・・。 -- 2019-07-09 (火) 20:11:36
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White