Top > STB-1


STB-1

Last-modified: 2019-01-18 (金) 08:09:02

STB-1.png

Tier 10 日本 中戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP1,950
車体装甲厚(mm)110/35/25
最高速度(km/h)53
重量(初期/最終)(t)37,03/40,0
本体価格(シルバー)6,100,000
修理費(シルバー)約28,000

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
STB-1
(255,000/6,100,000)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
STB-1Mitsubishi 10ZF21WT105 mm Rifled GunSTB-1STB-11,950750
750APCR
HEAT
HE
258
330
53
390
390
480
501200
12G(4800S)
880
7.5
2.30
0.36
52132/132/3742410

解説 Edit

  • 概容
    Tier10の日本中戦車
    陸上自衛隊で現役運用されている、74式戦車の試作車両である。
  • 火力
    74式戦車は良好な俯仰角を得られる油気圧サスペンションが有名だが、本車両では未実装である。
    ゲーム内の俯仰角は、本来の砲の可動域-6°/+9°に油気圧サスペンションを考慮して水増しされた-10°/+13°となっている。*1
    • 105 mm Rifled Gun
      主砲は、tier9の物と同じ105mmだが、装填速度が大幅に上昇しており、そのDPMは3000に迫る。そして後述の砲塔や俯角10度も合わせるとハルダウン適性が突出して高くなっている。貫通や弾速もtier10相応の性能を持つ。一方、精度はTier10中戦車としては悪い部類*2に入り、高い拡散値と照準速度2.3秒により絞りきるまでの時間が長く、DPMを発揮するのは難しい。
      貫通性能も高いと言えるほどでは無いので弱点を狙う技量も要求されており、総じて中距離以上の精密射撃は厳しい。特に、弱点を精密に狙わないといけないときは、比較的長く足を止める必要がある。ハルダウンしていれば、砲塔正面で弾いてくれる事も多いが、平地での戦闘では車体を真っ先に狙われてしまうため、ダメージを貰いやすい。
      俯角はType 61から変わらず良好でハルダウンでの取り回しはしやすく、これを活かした戦い方を心がけたい。ただし、仰角の狭さはTier8のSTA-1から改善しておらず、無視できない短所になっている。
  • 装甲
    俯角だけが頼りだったこれまでの日本中戦車とは異なり、遂に高い防御力を持つ砲塔を手に入れている。
    車体装甲は相変わらず非常に脆く、特に側背面は自走砲のHEが頻繁に貫通するレベルの薄さのため、地形による防御や機動力による回避を徹底しよう。
    隠蔽性はType 61から平均的な値にまで改善された。
    • 砲塔
      HD化以前の装甲
      避弾経始に優れた形状をしており、同格では121Object 140などと互角の防御力を有している。
      正面は全域230~270mm程度。格下には有効だが、同格ともなると通常弾で抜かれてしまう可能性がある。
      平地においては大きめのキューポラ(80mm垂直)が顕著な弱点となるが、俯角-10°の稜線ハルダウン状態ならほぼ砲塔で隠れて狙い難い。
       
    • 車体
      車体装甲は格下の砲にも難なく抜かれてしまう。
      側面は35mmと豚飯にも使えないほど薄く、遮蔽物が無い場所では非常に心許ない防御力である。
      正面の先端付近に限れば80mmの60°傾斜となっており、咄嗟の昼飯や稜線から引っ込む際に跳弾させたりすることは可能だが、それでも信頼できる装甲ではない。
      常に地形利用を意識して立ち回っていこう。
       
  • 機動力
    日本戦車としては久々に最高速50を越え、これまで通りの高い旋回、更に優秀な加速と、tier10MTの中でも良好なものとなっている。
  • 総論
    本車両はハルダウン射撃に向いた各種の特性と高いDPMを持ち、それ以外も高い水準でまとまった扱いやすい中戦車である。これまでの日本中戦車以上に、「稜線射撃が得意で平地での撃ち合いが苦手」という性質が強まった。
    総合して高いレベルでバランスの取れた車両だが、突出した部分が無く、防御力は限定的なので押しに弱い部分があるのも否めない。
    近距離から中距離でのハルダウンで優秀な俯角を存分に発揮し、取り回しの良い砲性能と高いDPMを活かした戦い方が主体となる。
    日本中戦車ルートの最終到達点に相応しい車両である。
    砲火力、砲塔防御力、速力、どれもハイバランスに纏まっており、これまで日本戦車を乗りこなしてきた人達にはご褒美と呼べる性能となっている。

史実 Edit

STB-1

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • あえてこいつを柄必要が無いくらいの微妙な性能 -- 2018-02-11 (日) 10:01:34
  • HD化?防水布ダサすぎだろ。もう乗りたくないんだけど。 -- 2018-08-29 (水) 00:40:17
    • DPMも弱体化されたしマジで乗る意味が無くなった -- 2018-08-29 (水) 03:59:51
  • アプデ4,6が糞すぎて、STB1が再強化が決定したので、しばらく待ちましょう。ただ先に強化決定した日重の五式が他の再強化される車輌とくらべて、ゴミみたいな内容だったので過度な期待はしないほうがよろしいです。 -- 2018-09-10 (月) 17:38:04
    • 5式の方もHE貫通が10上がる程度って聞いたんですけどぉ…それ以下なのか… -- 2018-09-11 (火) 06:58:30
    • すいません、語弊がありましたね。まだSTB1の修正内容は確定してないですが、先に修正内容が決定した日重の五式が他の強化組と違ってゴミみたいな内容だったので同じ日本戦車のSTB1も期待しないほうがいいという意味です。そもそも性能微妙の日本戦車を産廃レベルに下方修正するような運営なんで、、、 -- 2018-09-11 (火) 12:02:50
  • う~ん。移動時の砲拡散がヤバいな。砲垂直付けてもほとんど意味がない気がする(´・ω・`) -- 2018-09-23 (日) 04:22:37
    • 付けないともっとえらい事になるからスタビは外した方がって考えはやめた方がいいと思うぞ -- 2018-09-23 (日) 11:00:46
  • オイシといい、こいつといい、運営は日本になんか恨みあんの? -- 2018-09-23 (日) 12:02:16
    • あまり好きではないんじゃない?知らんけど。すぐに作れそうな警察予備隊車両(M4とかM24とか…)や鹵獲車両すらないとか傭兵でほとんど部品使われないあたり…課金者が少ないのかもね。 -- 2018-11-29 (木) 07:09:49
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 それでも実物の俯仰角(-12°/+15°)には劣る。
*2 史実との乖離があるが、ゲームとしてのバランス調整だと考えられる。