Top > Type 64


Type 64

Last-modified: 2016-05-20 (金) 16:04:00

Ch_Type64.jpg

Tier 6 中国 軽戦車(課金戦車) Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP580
車体装甲厚(mm)25/12/19
最高速度(km/h)72
重量/最大積載量(t)22.97/25.0
本体価格(ゴールド)3,500G
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

Type 64
(3,500G)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Type 64Continental AOSI-895-576 mm Gun M1A2Type 64Type 64580700
500AP
APCR
HE
128
177
38
115
115
185
4594
7G
68
18.18
2.09
0.40
5625/12/1236390

解説 Edit

  • 概要
    Tier6中国課金軽戦車
    本車は中華人民共和国のものでなく中華民国(台湾)のものであり、中国戦車で唯一デフォルトで赤い星でなく青天白日が付いている。
    この戦車には、マッチング優遇は無く、通常のTier6軽戦車と同じ扱いになるため、Tier9までの戦場にマッチングされる。厳しい戦いに放り込まれる分、活躍出来た時は相応の収入が期待出来るだろう。
     
    課金戦車としては珍しく、同格に近いバランスの良い性能を持っている。
    また基本的なパーツがアメリカ製のものであり、中華戦車ではあるものの、爆発四散や炎上はさほど多くはない。
  • 火力
    元がTDの砲だっただけに高いDPMを誇る。APでも高ティアの側面の貫通は可能であるが、APCRを使うことで正面からでも貫通できる相手は増えるだろう。中国車両らしからぬ広い俯仰角で地形対応能力も高い。
     
    機敏な速度に対しての砲塔旋回の微妙な遅さと、オープントップであるため換気扇が載せられない点に注意。
    持ち前の機動力で敵車両の背面を取ったまでは良かったものの、砲塔旋回がそれに追いつかずに射撃が遅れる、ということのないように注意したい。
     
  • 機動力
    非常に優れている。
    平地においては60km/hまですぐに加速する上に、履帯旋回性能は同格の中でT21に次いで高く、小回りの利く機動が出来る。
    最高速度の70kmオーバーは、同Tier帯の軽戦車でも勿論TOP、全車両で見てもPz. I CChaffeeに続きFV304らと並ぶ。
     
  • 装甲
    走・攻に優れる分、軽戦車としてみても非常に薄く、格下の榴弾ですら貫通される。
    車体の大きさから来る隠蔽率の低さと被弾率の高さにも気を付けなければならない。
  • 総論
    見つかりやすく被弾しやすい点から、一層立ち回りに気を配る必要がある。
    本車両の持ち味である高貫通力と、優秀なDPMを活かそうとするなら、時として大胆な動きも求められる。
     

史実 Edit

1975年に台湾(中華民国)にも供与されたM18 Hellcatの砲塔と、M42ダスター対空自走砲の車体を合体させ開発した軽戦車で、米中国交正常化(ニクソン=ショック)によりアメリカからの兵器輸入が途絶える恐れがあったために、神狗案という開発案を立案し、「64式戦車(六四式輕戰車)」の名称で50両ほど製作され、制式化しました。
車体と機関系はM42とほぼ同じですが、装甲板を高硬度のものに換え、電気系統を一新しているとされました。
砲塔はM18のものですが、体格に合わせて内部が改修されていました。
また、車体・砲塔には高硬度の圧延鋼板で出来た増加装甲を装着しています。
主砲はオリジナルの76mmライフル砲M32(M1A1とも?)に改良を加えた台湾国産型で、同軸に7.62mm機銃、対空用に12.7mm機銃を装備していて、FCS(火器管制装置)も改良されているようです。
後期生産型では、国産のレーザー測遠機と弾道コンピュータ、パッシブ式暗視装置が追加されていました。
64式戦車の試作車両が唯一現存しているそうです。

コメント Edit

コメントはありません。 Type 64/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White