Top > IL-20
HTML convert time to 0.021 sec.


IL-20

Last-modified: 2018-05-08 (火) 23:16:25

Tier8 ソ連 地上攻撃機 Ilyushin IL-20 Edit

IL-20_003.jpg
▲初期状態(今までのILシリーズとはかけ離れた外見)

IL-20_004.jpg
▲最終状態(57mm N-57 + 2xFAB-500 + 12xTRS-82)

 

スクリーンショットはエンブレム・ノーズアートなし

 

性能一覧(v2.0.4.8) Edit

スペック解説

項目初期状態最終状態フル爆装時*1
火力
Gun Armament
3590
爆装
Bombs and Rockets
046
抗堪性
Survivability
4348
耐久値
Hit Points
1,3501,500
速度
Airspeed
3331
最適高度最高速度(km/h)
Top Speed at Best Altitude
520535515
最大降下速度(km/h)
Maximum Dive Speed
570600
機動性
Maneuverability
14
一周旋回時間(s)
Average Time to Turn 360 deg
20.6
横転率(°/s)
Rate of Roll
50
最適速度(km/h)
Optimum Airspeed
289
失速速度(km/h)
Stall Speed
100
高度性能
Altitude Performance
20
最適高度(m)
Optimum Altitude
800
上昇率(m/s)
Rate of Climb
48.248.847.9
フラップあり
ブースト時間(s)30
本体価格(Cr)2,710,000
 

装備 Edit

武装 Edit

固定武装

翼内機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
4x 23 mm NS-23 (W)125420740
4x 23 mm NR-23K (W)170480800
2x 57 mm N-57 (W)500751,200
 

旋回機銃

旋回機銃ダメージ/秒有効射程
(m)
射界
(度)
仰角
(度)
俯角
(度)
1x 20 mm B-20EN1208004060-10
1x 23 mm NR-23192900
 

追加武装1

なし
No Weapon
爆弾攻撃力加害半径
(m)
価格
(Cr)
リロード
(s)
2x FAB-2504,400751,20090
2x FAB-5007,000901,900
 

追加武装2

なし
No Weapon
ロケット弾攻撃力加害半径
(m)
価格
(Cr)
リロード
(s)
12x TRS-821,3004560090
 

その他の項目 Edit

機体

名称耐久値
IL-201,350
IL-20M1,500
 

エンジン

名称馬力
(hp)
冷却方式ブースト時間
(s)
M-473,000水冷30
VK-24,800
 

搭乗員

1Pilot2Gunner
 

派生軍用機

派生元IL-10IL-8
派生先IL-40
 

解説 Edit

  • v2.0
  • v1.9
    ソ連Tier8地上攻撃機。
    最終的には総重量が10tを超え、このゲームで最も大きな57mm砲を装備することができる。
    FAB-500爆弾のダメージは15000にも及んでいたが、Ver1.5.0で6500へ引き下げられた(危害半径も100mから75mへ減少)が、それでもゲーム中では最大のダメージである。
    TRS-82ロケット弾のダメージは850から1300へ引き上げられている(危害半径は60mから45mへ減少)。
    後方旋回機銃もIL-8IL-10から更に強化され、敵に取りつかれても安定して返り討ちにすることができるようになる。
     

史実 Edit

1317899741_il-20-2[1].jpg
 イリューシン Il-20(Ilyushin Il-20)は、IL-10の代替として開発された重武装地上攻撃機の試作機である。

 

 この設計の最も特徴ある部分はエンジン直上に置かれたコックピットであった。
コックピットはパイロットの視界を最大限に確保するために4枚プロペラの直ぐ背後にあり、前面ガラスはプロペラハブまで延びていることでパイロットは水平から37°下まで見通せた。
これにより緩降下時には機体真下の目標を視認することができた。
この特徴的な外見から、テストパイロットは本機のことを「猫背」(Gorbach)と呼んでいた。
UNI7285_4.JPG
 Il-20には幅広く様々な武装が考慮されており、これには主翼の23 mm機関砲2門と水平飛行時に地上への掃射ができるように23°下方へ向け胴体に固定装着した23 mm機関砲2門が含まれていた。
この型では通常の爆弾搭載量は400 kgであったが、過荷重状態では700 kgの爆弾かRS-132ロケット弾を4発搭載することができた。
別の型では45 mm機関砲1門、23 mm機関砲2門と主翼下に6発のロケット弾の使用が考えられていた。
試作機では、胴体の斜め機関砲は照準が困難だと考えられ装着されず、軽減された重量により主翼装備の23mm機関砲4門の弾薬を900発に増やすことができた。

 

 試作機は1948年11月27日に完成し、初飛行は数日後の12月4日に行われた。
Il-20の最高速度は高度2,800 m (9,200 ft) で515 km/h (320 mph) がやっとで、同高度でのIl-10よりも36 km/h (22 mph) も低速であった。また、新しいM-47エンジンは激しい振動の問題を抱えていることが分かった。
その他にも、武装に不満があることやエンジンの通常整備が困難なこと、事故時に危険となるコックピットとプロペラの位置関係などの問題があった。
これらの諸問題とジェット・エンジン技術の出現が重なり、Il-20の開発計画は1949年5月14日に破棄された。

 

出典 Il-20 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/Il-20_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E3%83%BB%E5%88%9D%E4%BB%A3)

 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 後方機銃(23mm機関砲)が凶悪みたいだ。
    こいつを仕留めようとした戦闘機・・・どころか、なんと地上攻撃機すら見事返り討ちにあっているのをそこそこ見かける。
    下位とはいえ、重武装重装甲なIl-8を吹き飛ばしてるのを見たときはさすがに驚きを隠せなかった -- 2013-09-24 (火) 21:23:39
  • 特筆すべきはアップグレード後の後方機銃23mm NR-23の強さである。ただし、他機の機銃斉射と比べれば火力的には劣ることには留意し、射程内に誘い込みつつ回避しながら中てよう。
    また、他機種と比較すれば遅いが、最高速度や加速性能もそれなりに良好である。減速せず機銃のみを使用した場合には、一度の通過で地上目標を破壊し損ねる程度の速度は出る。
    機銃に関しては、フルアップグレードするかどうかはプレイスタイルに合わせて考慮する価値がある。
    4x23mm NR-23Kは発射頻度、オーバーヒートまでの時間、集弾率とも良好なため中て易い。
    2x57mm N-57(W)は、射程が短くなり、発射頻度も低くオーバーヒートしやすい上に集弾率が芳しくなく、また他が78kgに対して314kgと重い。しかしこれだけのデメリットがあっても比較的短距離からの通過攻撃で地上目標を破壊できるほどに1発の威力が高くなっている。 -- 2013-10-07 (月) 18:32:29
  • 多分バージョンアップで変わったんだと思うけど57mmの射程1200m以上あるから速度落とせば一航過で黄色四角4つの1800HP(めんどくせぇな)撃破できる・・・こともある -- 2014-09-12 (金) 23:44:59
  • 対空戦闘してもexp糞まずいのに23mm装備で追いかけてくる奴の多いこと多いこと。 -- 2014-11-06 (木) 18:37:10
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 2x FAB-500 + 12x TRS-82