XP-54

Last-modified: 2021-09-25 (土) 03:05:07

Tier6 アメリカ 重戦闘機 Vultee XP-54 Swoose Goose


▲公式壁紙


▲初期状態

 

スクリーンショットはエンブレム・ノーズアートなし

 

性能一覧(v2.1.9.1)

スペック解説

項目初期状態
火力
Gun Armament
31
爆装
Bombs and Rockets
0
抗堪性
Survivability
11
耐久値
Hit Points
350
速度
Airspeed
58
最適高度最高速度(km/h)
Top Speed at Best Altitude
615
最大降下速度(km/h)
Maximum Dive Speed
900
機動性
Maneuverability
49
一周旋回時間(s)
Average Time to Turn 360 deg
12.3
横転率(°/s)
Rate of Roll
100
最適速度(km/h)
Optimum Airspeed
534
失速速度(km/h)
Stall Speed
180
高度性能
Altitude Performance
67
最適高度(m)
Optimum Altitude
2,100
上昇率(m/s)
Rate of Climb
93.4
フラップあり
ブースト時間(s)25
本体価格(Gold)-
 

装備

武装

固定武装

機首機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
2x 37mm T-12/T-13 (C)200120560

固定武装

機首機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
2x 12.7 mm M2 (C)45750520
 

その他の項目

機体

名称耐久値
XP-54350
 

エンジン

名称馬力
(hp)
冷却方式ブースト時間
(s)
Lycoming XH-2470-12,200水冷25
 

搭乗員

1Pilot
 

派生軍用機

派生元P.228
派生先-
 

解説

アメリカのTier6重戦闘機(課金機)。2021年4月28日のv2.1.6で導入された。
ミッションの景品(2021年5月17日~)。
https://worldofwarplanes.asia/news/vultee-xp-54-swoose-goose-may-2021/

 

史実

愛称はSwooseGoose(サカツラガン)。1939年にアメリカ陸軍航空隊による「周回計画(Circular Proposal)」で試作契約を受注した戦闘機で、サーブJ21のように胴体後部にエンジンを配置してプッシャー式にプロペラを駆動、双ブームにより尾翼を支えるという構造になっていた。搭載予定のX-1800-A4Gエンジンの開発が中止になったため代用のエンジンを搭載したのはXP-55と同じだが、1300馬力のアリソンエンジンを搭載せざるを得なかったあちらと違い馬力においては同等のライカミングXH-2470エンジンを搭載することとなった。ただしエンジンの変更に伴う改設計により機体特性が大幅に変化したため対爆撃機用の高高度迎撃機として開発されることになった。パイロットは胴体の下面からエレベーター式に上下する座席に乗り込んでコクピットに収まり、また緊急脱出時はシートごと胴体下面に射出する他、機首が+3~-6度の範囲で可動する独自の機構を持っていた。しかし代用のはずのライカミングXH-2470もトラブルが続き予定の出力が出なかったため、試作1号機の初飛行では計画値の800km/hを超える高速性能の見込みとは程遠い612km/hしか出ず、結局XH-2470エンジンは開発中止となったため、本機の計画も中止された。ライトR-2160エンジンを搭載するXP-68トーネードの計画もあったが、やはりエンジン開発の目処が立たないことから中止となった。

 

コメント