【ごはんどころ】

Last-modified: 2020-10-24 (土) 14:56:28

DQB

 

いすにすわって みんなで仲良く いただきます!

 
【部屋レシピ】の一種。スコアは300pts。

を配置すると完成する。料理用たき火はあかりも兼ねているため、別のあかりを用意する必要はない。
 
効果は「住人が料理を収納箱に入れる」「拠点内でおなかが減らない」の2つ。
拠点内で【満腹度】が減らなくなるというのは非常にありがたい効果である。
かざり料理は【食器】でも問題なく、【粘土】【石炭】で作成できるため、各章で比較的序盤に作成できる。
作れるようになったらとりあえずこの部屋を作っておくといいだろう。
 
収納してくれる料理は以下の通り。

 
なお、【設計図】の「おおきづちの台所」は完成させるとこのごはんどころになる。
ただ、ストーリー上強制入手ではなく、また土山の中に隠れているため初見では気付けないことも多い。

DQB2

 

料理を つくるための シンプルなごはんどころ

 
住民が料理をしてくれる部屋の一種。【シンプルキッチン】【食事テーブル】を追加する事で、料理する場所と食事する場所をひとつにまとめた部屋。【収納箱】に素材を入れてくれると住民が料理をしてくれる。
  
作成に必要なアイテムは以下の通り。

タイプ設置アイテム
タイプ1【たき火】系統x3+食事テーブル+収納箱系統
タイプ2【フライパン調理台】x2+食事テーブル+収納箱系統
タイプ3【レンガキッチン】+食事テーブル+収納箱系統
タイプ4たき火系統x2+フライパン調理台+食事テーブル+収納箱系統

 
今作ではこれに限らず、料理部屋系統で満腹度が減らない効果は無くなってしまった。
また、どの料理部屋でもどんな料理でも作ってくれる代わりに主人公が一度でも作ったことがある料理しか作ってくれず、収納箱に食材が入っていないと作ってくれない。【きれいな水】【温泉水】【かわきのつぼ】で入れる必要がある為、水を使う料理は住人は絶対に作れない仕様となっている。
他、料理を作ってはくれるものの、食事テーブルで勝手に食べられてしまうという点にも注意。

農家の食堂

 

作物とまき材を そなえた 農家風の食堂

 
住民が料理をしてくれる部屋の一種。
上記のごはんどころに、

を追加すると完成する。

農家の台所からアップグレード可能だが、食事自体は食事テーブルがあれば問題ないため、作るかどうかはお好みで。