【満腹度】

Last-modified: 2020-01-25 (土) 16:00:07

概要 Edit

不思議のダンジョンシリーズとDQBに登場するパラメータ。
その名の通り腹の減り具合を示し、時間経過または行動するごとに減少していく。
キャラバンハートにはこれに似た【食料】というパラメータが存在する。

不思議のダンジョンシリーズ Edit

【HP】の次に重要になるパラメータ。初期の状態での最大値は100。
【ダンジョン】を探索していると10ターン経過ごとに1ずつ消費され、【パン】【草・種】を口にすることで一定量回復することができる。
満腹度が0近くになると警告メッセージが出て、0になると行動1回につきHPを1消費するようになる。
そして、そのままの状態で行動し続けるとやがてHPは0になり【餓死】ということで冒険失敗となる。
そのため、ダンジョンに出てくるパンや草を食べて食いつながないと、いくら脂肪の厚い【トルネコ】といえども冒険を続けられない。
【モンスター】の中には、この満腹度を減少させる【ハラヘリー】という【特技】を持つ者もいる。
 
【皮の盾】【ハラモチの指輪】などの効果で満腹度の減少率を抑えることができ、【ハラヘラズの指輪】【ハラヘラズ】の技などの効果で満腹度の低下を防ぐことができる。
それに反して、【オーガシールド】【ハラペコの指輪】などを装備すると、普段よりもハイペースで満腹度が減少していく。
また、【胃拡張のたね】【胃縮小のたね】といったアイテムなどによって最大値が上下することもある。
その際の上限は200、下限は0となっている。
 
いくら強力な装備やアイテムに恵まれた熟練の冒険者でも、食糧難に陥ってしまってはどうしようもない。
長丁場となるダンジョンに挑む際の食糧確保は、とても重要である。
  
なお、満腹度の数値を表す際には「パン:満腹度を50%回復」などといったように、パーセント表記が用いられることがある。
これは元々初出のトルネコ1では最大値が100で固定で、そこから上下することが無かったために成立していた表記で、トルネコ1に限っては正しいと言える表記である。
ただ、トルネコ2以降は最大値が上下する可能性があるため、必ずしも「50回復=50%回復」といったような関係ではなくなり、パーセント表記は正確ではなくなっている。
【魔法のパン】の場合では、満腹度の回復量は「30%」ではなく「30(ポイント)」が正確な回復量である。
ただ、初代の名残か、あるいは初期最大値の100を基準としてかいるからか、パン系の【アイテム】の満腹度の回復量の表記にパーセント表示が用いられる様子は現在でもしばしば見られる光景である。
 
少年ヤンガスでは「おなか」という表記になった。

DQB Edit

1章の途中から導入される。
現在値はHPの横に5個のパンの絵で示され、移動すると約7秒につき1%ずつ減少していく。
ゲージのパンは1個につき20%を示しており、少しかじられた状態が15%、半分の状態が10%、少ししかない状態が5%を示す。
食事を摂る(該当アイテムを食べる)と回復する。
0になるとゲージが赤色に点滅すると共に「空腹で 倒れそうだ…。」と画面中央に警告メッセージが表示され、不思議のダンジョンシリーズと同様HPが減っていく。
食事も【キメラのつばさ】も持っていない状態で遠出してこの状態になると目も当てられないので、拠点で適当な分の食事は必ず作り、持って行く、あらかじめ食べておく、あるいは【大倉庫】に入れておくなりすること。
【ごはんどころ】等の【部屋】を作っておくと拠点内にいる限りは減らなくなる。
【フリービルドモード】ではホームエリア全体が拠点として扱われるため、この手の部屋をホームエリアに作っておけば他の島に行かない限り減らない。
建物を作ってるとすぐ減ってきて面倒くさいので、本格的な建造に入る前にレストランを作ってしまいたい。
フリービルド限定アクセサリーの【まんぷくベルト】を装備しておくと、どこにいても満腹度が減ることはなくなる。

DQB2 Edit

本作でも導入。前作と異なり最初から満腹度の概念があり、【船長】から【こんぶ】を渡され満腹度を回復する場面がある。前作と異なり百分率で表示されるようになった。残り10%を下回ると満腹度表示が赤色になる。
0%になると前作と同様に「空腹で 倒れそうだ…。」というメッセージが表示されるが、前作と異なりHPが減っていくことはなく、「HPの自然回復がなくなる」、「ダッシュが出来なくなる」、「【ハンマー】や武器を使った後スキが出来る」といったデメリットに留まる。なので、「倒れそうだ」というメッセージには多少違和感がある。
HP減少がなくなったのは難易度緩和もあるだろうが、食料の入手量が限られている【かんごく島】のストーリーで詰んでしまうのを防ぐ目的もあると見られる。

HP減少がなくなったものの、本作ではHPの自然回復量が多めであることや、ハンマーなどを使う度にスキが出来るため、空腹状態のままにしておくのは好ましくない。建築しかしないという場合であっても、ハンマーを使う度にスキが生まれ作業どころではなくなるので、何かしらの食料は常に持っておきたいところ。

前作と異なり、【部屋レシピ】やアクセサリーで満腹度の減少を抑えるものは存在しないが、代わりに住人が積極的に料理をしてくれるようになったので、料理を作ってもらって、その料理を持ち歩くようにすると良いだろう。
 
旧体験版では、「体験版はここまでです」というメッセージを一度見た後は満腹度が減らなくなる。