Top > 【はくあいのゆびわ】


【はくあいのゆびわ】

Last-modified: 2019-03-21 (木) 20:49:17

もしかして:【はくあいリング】

概要 Edit

DQ10初出のアクセサリ。
主に【呪文封じ状態】【特技封印】を防ぐ効果がある。
DQH系では両方の効果を併せ持つ封印状態を防ぐ。

DQ10 Edit

装備すると呪文封印(マホトーン)・特技封印の耐性が上がる指輪。
基本耐性は50%だが、アイテム合成で最大80%になるほか、他部位との合算で完全耐性を得られる。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

指アクセの一つ。全員が装備可能。

-+1+2+3
守備力56810
呪文封印ガード30%35%40%50%
特技封印ガード

 
【ふしぎな鍛冶】で作成可能。レシピは【君を守る小さな指輪】に記載。
必要な素材は、【きんのこうせき】x2+【ブルーアイ】x1+【きよめの水】x1。
 
【破封のネックレス】の上位品。
うちなおしでも、最大50%の耐性だが、今作ではアクセサリは2つまで装備することができるので、完全耐性を得られる。
 
特技封印ガードを持つ数少ないアクセサリだが、【とくぎふういん】はあまり脅威ではないため、そちらの価値はいまいち。基本的には、呪文封印ガードの方のみに着目する事になる。
 
世界に異変が訪れた後ならきんのこうせきはデルカコスタ地方、残りはメダチャット地方で買えるようになるので、【フールフール】戦に備えてロウに装備させておくとよい。
開始時の強制呪文封印は防げないが、マホトーンは回避できるようになる。
 
最終的には【エルフのおまもり】で呪文封印ガードを含むより多くの耐性を得られてしまうのだが、あちらはオリハルコンを2つ消費するため、量産が極めて面倒。手軽に作れる呪文封印ガードと言う点でなら、最後まで出番を得られるだろう。
 
なお、【スーパーリング】には呪文・特技封印ガードが備わってないので、スーパーリング+3を人数分作ったからといってすぐに売ってしまわないように。
特に、過ぎ去りしときを求めた後のボス【マーマンダイン】・邪と【キングマーマン】・邪戦では、これがあるかないかで難易度がかなり変わってくる。
3DS版では、マホトーンを使う【時の破壊者】で呪文がメインのキャラに装備させておきたいところ。

ちなみにこの装備は【連武討魔行】の弐の試練、魔法大合戦で大活躍出来る。
何故ならここでは【メイジももんじゃ】が特技を封印してくるのだが、はくあいの指輪を二つ装備して完全耐性を得られるとこの封印を無効化できるからである。
最速で挑むと魔法で攻略するのは時期的に厳しいモノの、全体攻撃の手段はそこそこあるのでクリアまでの手数が一気に短縮できる

DQH Edit

装備すると、封印耐性が+40%(基本値)される。
追加効果でさらに10~20%強化でき、最大値のものを3枠全てにつければ完全耐性が得られる。
レシピは以下の通り。

はくあいのゆびわ・初級=【まりょくの土】×3+【きよめの水】x2=大成功9%・費用330G
はくあいのゆびわ・中級=【まりょくの土】×2+【まじゅうの皮】x1=大成功31%・費用390G
はくあいのゆびわ・上級=【まりょくの土】×1+【きんのゆびわ】x1=大成功72%・費用460G

 
封印状態になると、MPを消費する行動が一切取れなくなるため、殲滅力がガタ落ちしてしまう。
特に終盤の難所である次元島には、マホトーンを唱えるガーゴイルがわんさか出る上、
脱出ミッションが有るため、コレにかかると非常に厄介なことになる。
ガーゴイルが空を飛んでいることもあり、詠唱動作を見落としやすく食らいやすいため、
ガーゴイルが出るエリアに挑む時は用意しておくとよい。
 
ボスではヘルバトラーの魔蝕に毒+封印効果が有る為、ここでも活躍できる。

DQH2 Edit

装備すると、封印時間が+40%短縮(基本値)される効果に変わった。
追加効果で最大80%短縮まで強化でき、守備力が最大で10上昇する。
 
封印状態になると、殲滅力が大幅に下がるのは前作と同じだが今回は悪名高き【大峡谷】の戦いで新たにマホトーン使いになった【ホークマン】が大量に現れる関係上こいつらを放置すると厄介なことになる。
その為保険としてこのゆびわを装備したいところだが肝心の落とし手でありマホトーン使いの【メイジキメラ】がそこで初登場なのが厄介。そこでこの指輪と手に入れたらわざと全滅するのも手。
【霊峰レーゲン】でも【サイレス】対策に装備するといい。例によって終盤【ガーゴイル】が大量出現するのでそれ対策にも役に立つ。幸いガーゴイルもこの指輪を落とすので出来れば手に入れておきたい。