Top > 【大峡谷】


【大峡谷】

Last-modified: 2019-05-07 (火) 04:17:30

DQH2 Edit

【アマル峡谷】のバトルステージで、両方とも本作屈指の難関ステージとして名高い。
【ミネア】&【マーニャ】の外伝クエストでは弟と喧嘩別れした兄を【キングレオ】から救出することになる。

大峡谷(北)の戦い Edit

【防衛対象】である【ゼビオン王】を守りつつ魔物をすべて撃退するのが目標。
まず開戦段階では強敵の【アンクルホーン】が3体いきなり待ち構える鬼畜仕様、更に【ホークマン】がマホトーンを唱え特技封印にし、【ようじゅつし】がスクルトで守備を上げるという連携も見せる、こいつ等を如何に素早く始末出来るかが鍵となる。
死の踊りを使う【ウドラー】も地味に厄介。とにかく数が多いうえに面倒な敵ばかりなので、操作キャラは範囲攻撃が強いキャラがよい、また敵の火力が高いため回復役も欠かせない、主人公は僧侶で回復役になって貰うか、魔法使いで範囲攻撃に特化するといいだろう。

 
そしてこれ等を壊滅させると味方軍は進軍を開始しステージが広がるが開始時点では【魔扉の番人】が両脇に2体、開始後しばらくすると中央の向かい合った崖に2体、最後に北の広場に大量に出現する。
さらに【ドラゴン】が中央、東、西に1体ずついる上に北の広場には【あくまのきし】がいる。
そしてアンクルホーン、【ボーンナイト】【キラーパンサー】と厄介な増援が中央になだれ込んで来る。
雑魚は弱めになるが強敵種の数が尋常では無いため今度は火力の高いキャラが鍵となる。
判断を間違えると一瞬でゼビオン王が倒されてしまうので注意。
キラーパンサーやボーンナイトのコインを上手く使って魔扉の番人を倒すのを優先しよう。
多少の雑魚は無視してでも魔扉の番人を倒さないと余計に大変なことになる。
ただし、【オレンカ王】【クレティア女王】【ジャック将軍】が苦戦しているのを助けないと後半戦がきつくなる。(無視し続けていると勝手に各国の王が撤退し、ゼビオン王のもとに敵が進軍し始める)

一応ゼビオン王自身も戦ってはくれるものの、自分から敵に突っ込んでいく上に呪文の威力が異様に低い。気を付けないとすぐに死んでしまう、というか瀕死だろうと敵に突っ込んでいく。
 
【ゼビオン王】から本隊を守れ、と指示が飛ぶが、それは「どんな手を使ってでも本隊を守れ」の意。
「遊撃隊として動け」との命令もされているので、それをよく踏まえた上で戦おう。
 
このステージが難しいと言われる理由は、恐らく番人以外の魔物を相手にしているからと思われる。
東と西の魔物達は番人を倒す事で全て消滅する上、それぞれ対応していた軍が中央に向かってくれる。
その為、下手に中央で時間をかけるよりもさっさと番人を倒してしまえば実は中央で戦う必要は殆ど無い。
ゼビオン王は雑魚相手ならほっといても負ける事は無く、中央を抑えているオレンカ王もタフで耐えてくれる。
 
手順は至って簡単で、使用するのはテリー。
開始したらテリーの輪転斬で東と西、中央2箇所に出現する扉の番人を撃破。
後は残っていれば中央の敵の掃除、それが終わったら北の広場で戦っている各軍勢を遠目に眺めていれば、たまにこちらにキラーパンサー辺りが流れてくるだけで殆ど勝手に片付けてくれる。味方の軍勢は普通に強いので自分達は遊撃らしくさっさと番人を潰しに行けばいい。
こうすると北の広場以外のドラゴンは出ず、伝令による味方の魔物の扉イベントもすっ飛ばされる。
意図的にシナリオ以外での戦闘を避けていてもコレなので、レベルよりも立ち回りが重要なステージである。

大峡谷(南)の戦い Edit

まずは【アトラス】【モンスターコイン】【ギガントドラゴン】を討伐する所から始まる。
周囲の雑魚モンスターを蹴散らしギガントドラゴンの元に向かった後直接対決となる。
ギガントドラゴンとの戦いでは【ホミロン】の助言に従って戦えば問題ない。
ギガントドラゴンを倒すと今度はそれぞれの軍を助ける3つのステージに挑むことになる。ここは3つのステージを連続でクリアしなければならない。途中でゲームオーバーになるとオレンカ武官を守る所からやり直さなければいけないので注意。
尚モンスターコインはステージ事にリセットされるためバンバン使っていい。
このステージをクリアすると【アリーナ】【クリフト】加入を挟んだのち【ダラル王】との決戦になる。

オレンカ軍側 Edit

オレンカ武官を守ることが目標。
まだまだ序の口だが、ここからすでにもう敵の攻撃が激しい。
眠らせてくる【アローインプ】や呪文を封じる【メイジキメラ】などのちょこまかとした小型モンスターが
大量に出現する上、【アンクルホーン】【アークデーモン】【エリミネーター】などの強力な中型モンスターもわんさかと出てくる。
最終的にはあの【バルザック】までもが出現する。
だだっ広い場所での戦闘であり、オレンカ武官がすぐ矢面に立たされてしまう。
おまけにプレイヤーがあちこち移動する必要もあるので、常にオレンカ武官が無謀な行動をしていないか目を光らせよう。
サポートコインのアローインプやエリミネーターを防衛対象の武官の近くあたりに召喚し、武官を守らせておこう。
NPCとして【アリーナ】【クリフト】も参戦してくれているが、あまり任せきりにするのも危険。
 
最初からきつい戦闘なのだが、輪をかけて一番きついのは最後のバルザック。
下手な小細工は通用しない為、真正面から激突しないといけない。
この時にオレンカ武官が近くに居ると、奴の棍棒によりものの数発で殺されてしまう。
かと言ってバルザックにかかりきりになってしまうと、東西から最後の猛攻をしかけてくる雑魚に屠られる。そしてものの数十秒で殺される。
 
プレイヤーは序盤から縦横無尽に走り回り、敵をなるべく殲滅して行動するように気を付けよう。
手早く片付けたら、【バルザック】がオレンカ武官に近付く前に接触、その場を死守するように戦う事。そうすればオレンカ武官は殆ど前線に出なくて済む。
 
こちらでもテリーが活躍する。移動は輪転斬で。
最初に中央の敵を片付けると、魔物の扉が出現するのでまず東側を破壊しに行く。
その際、エリミネーターを倒してコインを取得しておくと良い。タフで攻撃力が高いため頼りになる。
東側の2箇所を破壊したら、次は西側へ。この際、エリミネーター、もしくはその他モンスターコインを入手していれば中央に配置。
東側も同じように扉の番人を優先して撃破し、番人を全て倒したら残っている中型クラスを片付けていこう。
モンスターコインは全てエリミネーターで構わない。
そしたら後はバルザックを倒すだけ。
こちらも北の時と同じく、番人をすぐ倒す事が大事。

ジャイワール軍側 Edit

ジャック将軍を守ることが目標。
まずはモンスターの群れと【結界の番人】?を倒し、その先で【フェルノーク王】を倒さなけばならない。
しかし、ジャック将軍自体が戦ってくれる上に【仲間の扉】から【おにこんぼう】の援護があり、その他2枠モンスターもどんどん仲間になり、ボスもあまり強くないため大して苦戦しないだろう、というか多くの大型モンスターによってたかられてボコられる、フェルノーク王の姿は可哀想にも思えてくる、とはいえ高みの見物をしていたらドルマドンに巻き込まれたりする事もある為油断しすぎないように。
 
ジャック将軍の軍勢もかなり優秀で、プレイヤーが仕事に専念していたとしても、勝手に敵を片付けてくれるはず。
やはりジャック将軍は名将のようだ。
余談だがこのステージで登場するモンスターはフェルノークらしくアンデッドばかりである。
 
次のステージはかなり難しいため、テンションは温存しておこう。

クレティア軍側 Edit

最大の難関。L字状のステージ。クレティア女王を守ることが目標。
右先端部が開始地点で、上先端部にクレティア女王がおり、開始時点で魔物の群れに囲まれている。

キャラのレベルやスキルにもよるが、すべての敵を倒しつつ進もうとすると、クレティア女王の体力を半分以上持っていかれてしまう。邪魔な敵はある程度排除しつつも先に進むことを優先しよう。
このように立ち回ればクレティア女王の体力は6~8割程度は残る。
道中には【ドラゴン】の姿をした【結界の番人】?が2体いる。体力はさほど高くないがここで時間を取られると後が苦しくなる。

クレティア女王の所には【アームライオン】が数体いる。これらを全て倒すと【モーリアス王】と取り巻きが出現する。
先ほど無視した雑魚敵も中央に向かって進んでいるので、アームライオンを倒すのに集中してしまうと苦戦は必至。アームライオンを倒す前に雑魚敵を粗方倒しておくと良いだろう。

また、モーリアス王は生きている限り【魔扉の番人】を何度も呼び出す。モーリアス王を倒してしまえば他の魔物は逃げ出すので、クレティア女王の付近の魔物には注意しつつもモーリアス王を集中的に攻撃しよう。体力はさほど高くないので、必殺技を活用すれば簡単に倒せるはず。 

フリーマップ Edit

ダラル王撃破後はここのフリーマップが解放される。
北と南それぞれ存在し、それぞれ異なる敵が出現する。

南北共通で出現するモンスター Edit

【キラーパンサー】
【しりょうのきし】
【ホークマン】
【プリズニャン】
【アローインプ】
【メイジキメラ】
【ウドラー】
【あくまのきし】
【アームライオン】
【ミミック】

北のみ出現するモンスター Edit

【メトロゴースト】
【マミー】
【ミニデーモン】
【くものきょじん】
【ようじゅつし】

南のみ出現するモンスター Edit

【ヘルゴースト】
【ドラゴン】
【うごくせきぞう】
【バルザック】
【しにがみきぞく】