Top > 【ハンターフライ】


【ハンターフライ】

Last-modified: 2019-05-18 (土) 22:29:58




概要 Edit

DQ3、DQ10に登場する紫色のハチ型モンスター。色違いという都合上、サソリ色のほうが強いが。
色違いに【さそりばち】【キラービー】がいる。
なお、フライ(Fly)は「飛ぶ」という意味の他にハエを意味するので、名前的にはこの種のみがハチではなく仲間はずれになっている。
アオムシイモムシの幼虫コンビの最上位種がムカデなのと状況が似ている。
またDQMJ1ではよく似たネーミングの特性【フライハンター】が登場したがこれといって関係はない。

DQ3 Edit

最上位種。【バハラタ】周辺や【ガルナの塔】などに出現する。
2回分のMPを携えて、狂ったように【ギラ】を唱えてくるハチ。
MPが切れても【マホトーン】で封じられても、委細構わずギラを唱え続けるギラービー。
 
この時点で連続してギラを喰らうと被害が大きいので優先的に倒したい。
HP・守備力ともに同地域に出現するモンスターと比較すると一回りも二回りも劣る。
単体なら勇者や戦士の攻撃、または【ヒャド】で一発。
必ず効くというわけではないが、複数なら【ベギラマ】で一網打尽、またはマホトーンで無力化を狙ってもいい。
この手のモンスターの不意打ちはかなり危険。洞窟や塔ではマホトーン使いとして悪名高い【キャットフライ】とコンビを組んで来るので回復できないままギラ連射とかはシャレにならない。
しかも細長の体を生かして猫2匹、こいつ3匹で現れるという嫌がらせ仕様である。
 
落とすアイテムは【みかわしのふく】
この段階ではそのまま装備してもよし、売却して金策に充てるもよしの優良装備なのだが、あいにくドロップ率が1/128なので期待するのは難しい。
 
【アッサラーム】から南下するとバハラタのテーブルがはみ出しているので【あばれザル】あたりと対等に戦えるようになったら狙って闘ってみるのも悪くない。
まあ、1匹あたり25G、よく出る4匹セットで100G持っているので、ドロップするまで戦っているうちにみかわしの服を2~3着買えるぐらいの資金が貯まっているだろうが。

リメイク版 Edit

集団で現れても【複数攻撃武器】で簡単に倒せる。
【すごろく場】の森のマスで大量に出現するので印象に残りやすい。

DQ10 Edit

キラービーが上位種となった。虫系に分類される。
麻痺攻撃やバギを使う。
詳しくはこちらを参照。

ダイの大冒険 Edit

獣王遊撃隊9号として登場。【チウ】が付けた名前はバタコ。
他の隊員と違い、表情が読み辛いがバッジに喜んだり、チウの頼もしさに感激したりと感情はわかりやすい。
【ベレス】相手に【パピィ】【ドナドナ】と一緒に倒されてしまったが、その後【ビーストくん】【バーンパレス】へ運んだ。
他の二人が必死な中バタコは平気で運んでいたが、ビーストくんは枯木の様なぼでぃというだけあって軽かったのだろう。

アベル伝説 Edit

終盤に登場。【ムーア】が引きつれ【ティアラ】一行を襲った。
ゲーム本編とは違い呪文は使わないが【アドニス】の「こいつに刺されたら、やつらの思う壺だ」という台詞から、
キラービーのような麻痺毒か、相手の意識を奪い洗脳する毒かを持つと推測される。
体の配色が黄色で黒い横斑があるのでスズメバチのようである。