シナリオ

Last-modified: 2021-02-20 (土) 15:00:49

Factorioのメインゲームであるフリープレイとは少し違う、Factorioのシステムを活かしながら別の遊び方ができるゲームモードです。
公式で用意されている6種類のほか、自分でシナリオを作ってプレイしたり配布したりすることも可能です。
いくつかのシナリオはマルチプレイで遊ぶことが前提のシナリオになっています。
シングルプレイの場合は、シングルプレイ→ニューゲーム でシナリオを選ぶとプレイできます。
マルチプレイの場合は、マルチプレイ→ニューゲームをホスト→ で選んでプレイできます。

搬送ベルトの狂気

チェストに入っているアイテムを同じアイテムの入っているチェストまで輸送するミッションが集められたシナリオです。
プレイヤーが設置できるアイテムは輸送ベルトと地下ベルトのみという、パズルのようなミッションとなっています。
どのアイテムをどこに運べばいいかは、Altキーを押してAltモードをオンにして確認してください。

レベル1、パート1 - 準備運動

ベルトパズルの入門編。運ぶアイテムが少なくスペースも十分あるため難易度は低め。

解答の一例

レベル1、パート2 - 最初の頭痛

パート1の発展形。アイテムが増えたため地下ベルトの交差が複雑になりがち。

解答の一例

レベル2、パート1 - 3本の搬送ベルトに2タイル分の橋・・・どうすればいい?

マップ中央部が狭くなり、ベルトが2列×2しか通れないマップ。6種類のアイテムを運ぶには少し工夫が必要となる。

ヒント

解答の一例

レベル2、パート2 - 橋は最難関ではなくなりました。小さなヒント:地下ベルトは同じ種類の地下ベルトにだけ接続します。

パート1同様中央部が狭く、さらに運ぶアイテムが8種類に増えている。速度の違う地下ベルトは同じ向きでも合流しないという性質を利用する必要がある。

解答の一例

レベル3 - 最後の挑戦

フィールドが横長から正方形になり、運ぶアイテム種類は14種類に増えた。十分なスペースがあるように見えてもソーラーパネルや変電機が置かれているため、輸送ラインはさらに複雑になる。

解答の一例

ロングアームインサータを使わない場合の一例

窮地

指定されたアイテムを作成して点数を稼ぐミッションが集められたシナリオ。
開始時に難易度が3種類選べる(イージー、ノーマル、ハード)
次のレベルに進む際は、クリアした難易度以下の難易度が同時に解放される(ハードなら次のレベルの全難易度が解放)

配置された資源から指定された需要のアイテムを生産するラインを構築し、配置されている鋼鉄製チェストへ納入するという小さい工場を建設する。
プレイヤーは各種設備を作成することはできずマーケットという建物で購入する。またプレイヤーができるのは設備の設置用意までであり「開始」を押した時点から完全放置でゲームが進む。

  1. クリアするには?
    • 設置されている鋼鉄製チェストに指示されたアイテムを入れ、目標額(必須)を達成すればクリア
    • 開始した後はプレイヤーがアイテムを動かしたりできないため
      「採掘→製錬→加工→納入」までを完全自動化した生産ラインを作らなければいけない
  2. 設備を使うには?
    • Eキーから製造物を選ぶ事が出来ないので、マーケット(緑色の建物)をクリックして物を買う
    • また石の防壁を右クリックで撤去することで「土地」を購入でき、スペースを確保できる
    • 設備と土地を購入して工場を作成し、配置が終わったら「開始」ボタン
      開始後も同じ所に表示される「リロード」ボタンを押せば設備配置をそのままに工場を編集し直せる
      また制限時間後目標金額に届いていない場合も編集時点に戻される。
      • ※ゲームメニューのリスタートでは配置が建物の購入・設置はリセットされる
      • ※またゲームをクリアした場合は編集状態に戻ることはできない(「セーブしてやり直す」では編集前には戻れない)ので、工場のデータを残しておきたいなら開始前にセーブしておく必要がある
  3. 目標金額に達成する前に、制限時間が来てしまう
    • 借金をして買い物をしているため、買い物が多ければそれだけ多くのアイテムを生産しなければ目標金額に到達できない
    • ただし生産量が少なくても目標金額には到達できないので少ない設備と狭い土地でいかに大量生産できるかを考える必要がある
    • 設備は必要な分だけ買って設置し、また石壁の撤去も必要な分だけ土地を広げよう
      買った物でも設置していない分は開始時点で返品返金され、壊しすぎた分の石壁は返し前に再設置して返品できる
      • ※借金には上限がありそれを超えて設備を購入することはできない。またマーケットで買ったものを編集中に返品することはできないため買い過ぎには要注意。無駄な買い物でコインが足りなくなったら一度工場の設置をリセットしなければ買い直せない
  4. 攻略方法が知りたい
    • Factorio Tightで検索

窮地で高スコアを目指す方法

埋蔵資源に対して高い生産効率の自動生産工場を少ない施設で組むことを求められ、予め各種施設・生産物の生産速度=素材の消費速度を把握しておき、それらを計算しながら施設を配置していくと高いスコアでクリアすることができる。
※0.17までに調整が入った

  • 参考(公式wikiの各種データから)
    施設毎秒生産&処理能力備考
    燃料式掘削機0.25/s燃料補給必須
    電動式掘削機0.5/s電気必須
    石の炉金属製錬0.3125/s燃料補給必須
    ※1枚3.2秒=秒5/16個
    鋼鉄の炉金属製錬0.625/s鋼鉄の炉は燃料補給必須
    ※1枚1.6秒=秒5/8個
    鋼鉄精錬上記製錬の1/5
    石の炉0.0625/s
    上位炉0.125/s
    秒5/80個~秒5/40個
    ※材料が鉄板5枚なので
    炉から炉へ直でも最大効率
    インサータ0.83/s
    ロングアーム
    インサータ
    1.2/s
    高速インサータ2.4/s
    スタック
    インサータ
    ※一度に2個運ぶ。
    ベルトとのやり取りでは
    僅かに処理速度が落ちる
    組み立て機1
    Time:0.5
    1/s速度0.5/時間0.5
    組み立て機2
    Time:0.5
    1.5/s速度0.75/時間0.5
  • 計算例(Lv1用)
    1. 例えば組み立て機1で歯車生産させると生産量は1/s
    2. そこで消費する鉄板の量は歯車が鉄板2枚なので2/s
    3. 組み立て機へ2/s以上で鉄板を入れるにはインサータ3本(2.5/s)かロングアーム2本(2.4/s)
      組み立て機からの取り出しもインサータ2本以(1.65/s)かロングアーム1本(1.2/s)
      またチェストへの搬入も取り出しと同数のインサータが必要
    4. 製錬する石の炉は組み立て機1機に対しておよそ7基(秒35/16個=2.18/s)
    5. 2個/sに必要な電動式掘削機の数は4基(2/s)
      • それらを1セットで毎秒2枚の歯車を生産可能
      • Lv1では電動式掘削機が何枚置けるかで歯車の最大の生産量がおおよそ求められる
        そこから設備の量に合わせて発電機や石炭の掘削機の量も調節しよう
      • ※Lv1以外のミッションは電動掘削機の最大枚数にあわせると全体の施設の数が膨大になってコストが上限額に届いてしまうため、全体の大きさや生産量を上手く調節して最大効率を目指す
      • 各種施設には初動用の石炭を積んでおくと開始直後の生産量を安定させることができる
        ただし石炭は一個5コインと安くはない
         
  • 注意したいポイント
    1. 各種施設だけでなくインサータの処理能力にも要注意
      • 通常のインサータの処理能力は意外と低く秒1個も運べていない
        インサータの速度が足りないと組み立て機の稼働を抑えてしまうため十分なインサータを用意しよう
      • もちろん各種施設の生産量消費量の計算や搬送ベルトの輸送力の考慮も重要
        生産・消費がアンバランスだとそれだけ時間的な損失が生まれ、スコアへ大きな影響が出る
        どの資材をどのペースで消費するのか、をしっかり計算できるとスコアを伸ばしやすい
    2. チェストには4方向=4つのインサータしか置けない
      • (特に序盤は)組み立て機と同様に、チェストへの搬入能力にも注意したい
    3. 設備にはコストがかかり生産力が足りないと設備追加はマイナスになる
      • 設備を増やす際はコスト以上の生産力が確保できるように注意する
    4. 設備を買いすぎると上限額に達してそれ以上設備を購入できなくなる
      • 最大規模の工場を作ろうとすると今度はコインが足りなくなるという状態に陥る
        そうなってしまったら一度リセットして一回り小さくなるよう工場を作り直そう
    5. 発電施設のほとんどは土地代
      • 蒸気機関自体は1基50コインだが設置には敷地が15マスも必要で土地の購入には大体1マス1~50コインくらい。場所にもよるがおおよそ1基あたり300~500コイン程度必要になる
        それも蒸気機関の分だけでボイラーなど燃料関係も増やす必要がありコストはさらに増える
      • 電動掘削機などを増やすと必要な発電設備も増えさらに広い敷地を購入する必要となり、総合的なコストがかなり高くつく
        高スコアにはただ生産量を増やせばいいだけではなく、発電施設の設置数や設置場所もよく考えたい
      • ラインの邪魔をしやすいが中心付近の1~10コイン地帯に蒸気機関を置ければ100コイン単位での節約ができる
        とはいえその為に地下ベルトなどを多くを購入してしまっては逆効果になりやすいが
    6. 土地の値段は「中心からどれほど遠いか」で値段が決まる
      • 中心なら1コインから土地を買えるが、
        中心から遠い場所では30~40コイン以上の値段になることもある
    7. 燃料式と電動式はよくコストを計算して
      • 燃料式インサータと通常のインサータは10コインと同じ値段
        燃料式は初動安定により多めの燃料の購入が必要で電線を置きにくい場所などでなければ通常のインサータの方が良い
      • 電動掘削機50コインに対して燃料式掘削機コスト10と安いように思えるが
        燃料補給と搬出関係にインサータ10コインや搬送ベルト1枚5コイン、初動安定に石炭1個5コインがいくつか必要など電動式と同様それなりにコストとスペースは必要
        「マス目に対する生産力」は燃料式0.25/6マス(0.04166...※補給などのマス含む)、電動式0.5/9マス(0.05555...)と1.33倍程度の違い。あとは資源や搬送ベルトの配置や電動式なら発電施設の必要分がどれほどかを考えよう。
    8. ロングアームや地下ベルトで省土地省コスト
      • 土地は場所によって値段が異なり「直線の土地6マスに搬送ベルトを6枚並べる」よりも「土地2マスに地下ベルトを合間4マスで繋げる」方が安くなることもある
        搬送ベルト6枚30コイン、地下ベルト2個40コイン。間4マスの地価が合計11コイン以上なら地下ベルトの方が安い計算。中心部以外はなるべく地下ベルトを活用しよう
      • また「搬送ベルト1個+通常インサータ1個」と「ロングアームインサータ1個」は同じコスト、土地代を含めるとロングアームインサータの方が土地1マス分安い

ウェーブディフェンス

古い情報

一定時間ごとに襲ってくるバイターから工場を守るシナリオです。
敵を撃破すると資金が手に入り、その資金を使って各種アップグレードを行います(サイエンスパックを使った研究は実行できません)。
自陣の最奥にロケットサイロが用意されており、これを破壊されると敗北となります。
衛星をロケットに積んで打ち上げることで勝利となります。

詳しい仕様

  • 時間について
    • 最初のウェーブが始まるまでに21250tick(5分54秒)の準備期間があります。
      • 時間が中途半端なのは偶数ウェーブの襲撃タイミングを夜間に固定するため? &color(foreground[,background]){text};
    • ウェーブ1~19は2500tick(41秒)で、この時間中に敵がスポーンします。
      • スポーン地点はマップ右上です。エリアを完全に埋めればスポーンを止められますが、通常プレイではまず無理でしょう。
      • スポーンした敵はフリープレイと同様に歩いて進軍するため、ウェーブ終了後に攻撃される場合もあります。
    • ウェーブ20はゲームクリアまで無限に続きます。
    • ウェーブとウェーブの間に10000tick(2分46秒)のインターバルがあります。
      • 最初の準備期間および途中のインターバルは「次のウェーブを開始」ボタンでスキップ可能です。スキップした場合は残り時間とウェーブ数に応じた追加資金を入手します。
  • ロケットについて
    • ロケットの組立にロケット部品は不要で、ウェーブが1つ進むごとにロケットが5%ずつ自動で組み立てられ、ウェーブ20に到達すると発射できるようになります。
    • 衛星は資金を使って購入することができます。
  • 所持アイテムについて
    • 各種素材・施設を所持しているほか、強化外骨格モジュール・エネルギーシールド・携帯ロボットステーション付きのパワーアーマーを装備しています。
      • プレイヤーのインベントリに入っているのでマルチプレイの場合は人数分のアイテムが手に入ります。
    • 一人分のアイテムでスタート地点付近の鉱床を半分ほど開発可能です。マルチプレイの場合は初期アイテムで他の鉱床も開発できますがシングルプレイでは新たな施設を製作する必要があります。
    • 死亡後のリスポーン時には一部以外のアイテムは所持していません。
  • ダメージについて
    • 基本的には通常のゲームと同様の計算です。
    • 味方の攻撃で味方の施設やプレイヤーにダメージは入りません。
      • 副作用として、生魚による体力回復ができなくなっています(マイナスのダメージを与える扱いのため?)。

マップについて


防衛対象であるロケットサイロは左下、バイターのスポーン地点は右上です。
拠点周辺にウランを除く各種資源が揃っています。

  • 出現する敵はある範囲の中でランダム要素があります。
  • 敵の出現アルゴリズムは以下のようになっています。
    1. ウェーブが開始する
    2. ユニット(敵の集団)が生成されスポーンする
    3. 200tickまたは300tick待つ(ランダム)
    4. ウェーブ終了時刻を過ぎた場合終了。それ以外は2に戻る
  • ウェーブの長さは2500tickなので、9~13個のユニットが生産されることになります。
  • ユニットの生成は以下のアルゴリズムに従って行われます。
    1. 敵の種類ごとにコストが決められている
    2. 現在のウェーブ数とプレイヤー側の人数によって枠が決められる
      • 枠は、ウェーブ数の1.65乗に比例し、4の倍数のウェーブでは1.5倍、それ以外の偶数ウェーブでは1.2倍。また、プレイヤー数が1人増えるごとに15%増加。
    3. 枠>コストを満たす敵を1体ランダムに選択しユニットに追加する
    4. 選択した敵のコスト分だけ枠を減らす
    5. 敵の数が上限を超えるか、枠が無くなった場合終了。それ以外は3に戻る
  • 敵を撃破した際に得られる資金は敵ごとに固定で、下の表の値です。
    • ただし、プレイヤー数が1人増えるごとに15%減少します。
    • また、「ユニット賞金ボーナス」のアップグレードを実行することで増加させることができます。
種類撃破時の入手資金出現ウェーブ
小型バイター101~5
小型スピッター153~8
中型バイター605~10
中型スピッター257~12
大型バイター20011~19
大型スピッター10013~
ベヒーモスバイター60015~
ベヒーモススピッター25017~

攻略

勝利条件は「衛星の打ち上げ」、敗北条件は「ロケットサイロ破壊」ですが、仮にロケットサイロの破壊を免れても工場を破壊されれば復旧は困難になります。
実質的な勝利条件は「ウェーブ20まで安定して耐える」、実質的な敗北条件は「防衛ラインを突破される」でしょう。
突破されない強固な防衛ラインの建造とそれを支えるだけの資材を生産可能な工場の建設、そして資源の確保を行いましょう。

序盤の鬼門は中型バイターです。
小型バイター・小型スピッターとは異なり物理防御を持つため未強化の通常弾薬では歯が立ちません。 参考:ダメージ・防御
中型バイターが出現するウェーブ5までにこれに対抗できる戦力を整える必要があります。
貫通弾薬・炸裂砲弾・地雷等で装甲を抜くか、火炎放射器・レーザータレット・火炎放射タレット・毒素カプセルなど物理防御で軽減されない攻撃で倒しましょう。

通常弾薬を強化する方針の場合、ウェーブ4までで入手できる資金を全て弾丸威力強化に回したとしても3~4段階(+15%~20%)しか強化できず、中型バイターの撃破は困難です。

大型バイター・ベヒーモスバイターも大きな壁となり得ます。
特にベヒーモスバイターは防御力・耐久力ともに非常に高く、並の武器では撃破が困難です。
攻略法は中型バイターの場合と同じで、物理防御で軽減されない攻撃方法を用いるのがオススメです。

供給チャレンジ

アイテムを時間内に目標個数以上生産するチャレンジです。
全21ステージに分かれており、各ステージでは決められたアイテムが指定されます。
制限時間内に指定されたアイテムをチェストに入れるとレベルクリアとなります。
アイテムをチェストに入れずに時間が来てしまうとゲームオーバーとなります。

始めのうちは「石を15個」「鉄板を30枚」など基礎的なアイテムが指定されますが、徐々に高度なアイテムが要求されるようになります。
初期では生産できないアイテムも要求されるようになるので、研究も進めつつ工場を発展させることが求められます。

初期アイテムとして鉄板8枚が与えられています。
フリープレイとは違い、燃料式掘削機と石の炉は与えられないことに注意してください。
マップは固定です。
汚染発生が無効になっており、汚染による敵の襲撃は起こりません(ピースフルモードではないので敵の巣に近づくと攻撃されます)。

ポイントについて

レベルのクリア時にレベル×10のポイントを獲得できます。
また、制限時間前に指定されたアイテムをチェストに入れることができた場合、そのレベルを早期終了できます。
その場合、クリア時のポイントの他に残り時間×1秒あたりのポイントで計算されるポイントを獲得できます。

マップについて


スタート地点周辺に各種資源が揃っていますが、サイズが小さめなので場合によっては追加の鉱床を確保する必要があるかもしれません。
水場はマップ中央と左上の端にしか存在しません。
原油は開始地点の下側に1箇所と左下に6箇所の計7箇所のみです。
なお、マップ左の森の中に船の残骸があり、調べると生産速度モジュール1が10個手に入ります。

各レベルの詳細

長いので折りたたみ

レベル1秒
あたりの
ポイント
レベルの
制限時間
(秒)
必要アイテム
14.833615
24.642030
34.442030, 30
44.242030, 30
5442040, 30, 40
63.842040, 30, 30
73.642040, 30, 30, 10, 50
83.442040, 30, 30, 10, 20
93.242050, 30, 30, 10, 20, 20
10342050, 30, 30, 10, 10
112.842050, 30, 30, 20, 20, 10
122.658850, 30, 30, 20, 20, 10
132.442030, 30, 20, 20, 15, 50
142.284030, 30, 20, 20, 15, 15, 5
15270030, 20, 20, 15, 10
161.8700 20, 20, 15, 10, 10
171.6700 20, 20, 10, 10, 10
181.4700 20, 20, 20, 20
191.2700 30, 30, 30, 20
201840 40, 40, 40, 20, 20
210.8980 50, 50, 50, 50

攻略

基本的には、の順に研究を進める場合のフリープレイと同じような立ち回りになります。
制限時間がある都合である程度以上の研究速度が求められますが、ラウンドをスキップしないのであればサイエンスパックを毎秒0.5個生産すれば余裕でクリアできます。
供給チェストにアイテムを入れるのは手動でも自動でも構いません。
ラウンドクリアに必要な分のアイテムは入れた瞬間に消滅しますが、残りは箱の中に入ったままになります。
Ctrl+クリックでプレイヤーのインベントリの中身をチェストに移動して供給を行う場合、インベントリサイズの違いに注意。

PvP

マルチプレイ前提シナリオです。
プレイヤー同士で対戦できます。
敵対チームのプレイヤーはフリープレイ時のバイターのような扱いになり、手動で攻撃できるほかタレット等も反応します。

勝敗の決定方法には以下の6種類があります。

ゲームモード勝利条件
征服ロケットで衛星を打ち上げる または 全敵チームのロケットサイロを破壊する
宇宙開発競争指定された回数だけ衛星をロケットで打ち上げる
ロケットサイロ防衛全敵チームのロケットサイロを破壊する
フリープレイ衛星を打ち上げる
生産スコア目標生産スコアに達する
原油大収穫指定された数の原油入りドラム缶を生産する

チーム生産

マルチプレイ前提シナリオです。
指定されたアイテムを相手チームよりも多く供給して勝利しましょう。
研究が進んだ状態で開始するほか、初期アイテムも豊富に持っています。
供給量は全チームで共通のため、勝利するためには敵チームより先に多くのアイテムを供給することが必要となります。

サンドボックス

プレイヤーが存在しない状態でフリープレイを遊べます。
また、チート機能(素材無しでアイテムの手動生産が可能・ピペットツール使用時にアイテムを自動生産)のオンや常時昼間にする設定、全研究が完了した状態にする設定もできます。
プレイヤーが存在しないため、一部の武器などは利用できません。

サンドボックスモードとしてさらに快適にプレイするにはコンソールコマンドで便利アイテムを入手しましょう。

/c game.player.insert("infinity-chest") --無限チェストを入手
/c game.player.insert("express-loader") --超高速ローダーを入手
/c game.player.insert("electric-energy-interface") --電力インターフェイスを入手

ロケット突貫工事

ある程度の初期アイテムを持った状態でスタートして、ロケットをできるだけ速く打ち上げることを目標に遊ぶモードです。
各プレイヤーは建設ロボット、パワーアーマー(核融合発電、携帯ロボットステーション、強化外骨格)とマシンガン、ロケットランチャーと弾薬を持った状態でスポーンします。
スポーン地点付近のチェストにはコインが10000枚用意されており、コインを持った状態でマーケットを開くとアイテムを買うことができます。
序盤のブーストに使いましょう。
間違って購入してしまったアイテムは物流廃棄スロットに置くことでコインに戻すことができます。

準備が完了したら下の発射台に乗るとロケット発射用のマップに移動してプレイが開始されます。