Top > リナルド


リナルド

Last-modified: 2018-10-27 (土) 20:00:51

キャラシート Edit

【クラス】セイバー/ライダー
【真名】リナルド(ルノー・ド・モントーバンでもOK)
【容姿】甲冑に身を包んだ声が野太い女騎士
【英雄点】40点/45点(ステ25点スキル15点/20点):令呪1画/3画消費
【HP】40 / 40
【筋力】A:7(8)
【耐久】B:5
【敏捷】D:5
【魔力】B:4
【幸運】B:3
【スキル1】対魔力 B
5点:英雄点5を得る。魔術防御時、補正値5を得る。※セイバー時
【スキル1】騎乗 B+
10点:任意のタイミングで、英雄点25点の乗騎『バヤール』を召喚する。※ライダー時
【スキル2】変転 B
5点:HP15を得る。物理攻撃時、補正値4を得る。
【スキル3】マラジジの支援 C
5点:交戦フェイズ中、二回だけ任意の判定で補正値3を得る。
【宝具】『轟炎流閃』(フラム・フスベルタ) 1/1
【ランク・種別】B:対軍宝具
【効果】物理攻撃時、補正値10を得る。ダメージ計算後、攻撃対象に「燃焼」状態を付与する。この効果は使用ターン含め、3ターンの間効果が続く。
この燃焼状態は「炎」に関する逸話を持つか、その要素を持つ神性である場合に限り、付与されない。
燃焼:巡の終了時に自身に3d4のダメージを与える。この効果でHP0にはならない。先手判定時と物理防御時、-2の補正を得る。
【属性】秩序・善 地属性 人間 処女 非童貞

※ライダー時のみ
【クラス】乗騎
【真名】バヤール
【容姿】巨大な茶色い馬
【HP】20 / 20
【筋力】EX:8(10)
【耐久】B :4
【敏捷】A :5
【魔力】A :5
【幸運】E :1
【その他】幻想種

Edit

真名:リナルド
身長:165cm / 体重:59Kg
出典:シャルルマーニュ伝説
地域:フランス
属性:秩序・善 / 隠し属性:地
性別:女性(外見は)
イメージカラー:不明
特技:乗馬、キャンプ
好きなもの:乗馬、博愛、名誉
嫌いなもの:不徳、不名誉、疑念

ステータス Edit

筋力:B+
耐久:B
敏捷:D
魔力:A
幸運:D
宝具:B

クラス別スキル Edit

・対魔力:B
魔術に対する抵抗力。一定ランクまでの魔術は無効化し、それ以上のランクのものは効果を削減する。サーヴァント自身の意思で弱め、有益な魔術を受けることも可能。
「剣士」「騎兵」のクラス特性。本来はDランクだが、スキルマラジジの支援により、Bランクに上昇している。Bランクでは、魔術詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法などを以ってしても、傷つけるのは難しい。
・騎乗:B+
「剣士」「騎兵」のクラス特性。
乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。また、英霊の生前には存在しなかった未知の乗り物(例えば古い時代の英雄にとっては見たことも無いはずの、機械仕掛けの車両、果ては飛行機)すらも直感によって自在に乗りこなせる。

保有スキル Edit

・変転:B
リナルドが叙事詩において魔法の泉の水を飲んだことで数奇な運命を歩んだという逸話がスキルとなったもの。泉の水の呪いは座に召し上げられてなお、継続しており、その心身が安定しない。愛情は憎悪へ変わり、肉体も愛を抱けば男となり、愛を失えば女となる。それにより自身をコントロールすることも難しくなる。思い込みが強くなることで、自己暗示が発生し精神的、肉体的に決まった方向において、強固となるが、その方向が安定しない。効果としては低ランクの変化スキル、自己暗示スキル、精神汚染スキルの複合スキル。
・心眼(偽):C
直感・第六感による危険回避。虫の知らせとも言われる、天性の才能による危険予知。視覚妨害による補正への耐性も併せ持つ。
・マラジジの支援:C
従兄弟であるマラジジのサポート。状況を判断するのに、彼のナビゲートを受けることができる。また、リナルドの攻撃時と防御時に有効なボーナスを与える。

宝具 Edit

轟炎流閃(フィランマ・フスベルタ)
ランク:B  種別:対軍宝具 レンジ:1~50 最大捕捉:100人
リナルドが持つ波打った魔法剣フンベスタによる二回にわたる斬撃。真名を解放することで、第一撃で、真空波を放ち、相手に細かい裂傷を与え、第二撃で炎を放出してその敵を焼き尽くす。傷をつけられたうえで、その炎に焼かれれば、その火傷は非常に深刻となり、攻撃時と伊同時にマイナスボーナスを与え、またその傷は、リナルドを撃破するか、フスベルタを破壊しなくてはならない。

解説 Edit

シャルルマーニュ12勇士が一人。魔法馬バヤールを駆り戦場を駆け抜けた、主役であるローラン(もしくはオルランド)に並ぶ騎士。シャルルマーニュの親戚にあたり、『狂えるオルランド』ではブラダマンテの兄とされている。
カタイの王女アンジェリカとの愛憎が有名であり、愛が憎しみへと変じる泉の水を飲んだことでアンジェリカを拒絶し、逆に憎しみが愛に変じる泉の水を飲み、アンジェリカに迫ると逆にアンジェリカに拒絶された。他にも従兄弟マラジジの導きによって勇者にし乗る事ができないという魔法馬バヤールを捕獲するなどした。その後、紆余曲折ありながらシャルルマーニュのために戦ったが、主君の子シャルロの陰謀により魔法馬バヤールを半ば奪われた形となったうえで溺死させられた。
リナルドは剣も捨ててシャルルマーニュから離れ、森にて隠者となったが、後にケルンにおいて教会の建築に労働者としてかかわることとなる。そこで彼はまじめに働いていたが、それを不快に思った者達によって撲殺されたうえで、川へと流されたという。その遺体は流れ着いた先の教会に収められ、魂は救済されたという。

人物 Edit

魔法の泉の呪いにより、非常に心身共に不安定な騎士。実力は高いが、その性質上、制御することは難しい。特にライダークラスで召喚された場合は、愛馬バヤールと密にコミュケーションを取らせておけば、まだましであるが、バヤールを連れてこないセイバークラスである場合、その制御はマスターの両肩にかかることとなる。逸話では目指しているはずのない場所に何故か言ってしまう方向音痴であるといわれているが、彼?の場合はその在り方自体がまさしく方向音痴である。

武器 Edit

・轟炎流閃
フスベルタ。波打った赤い剣。取り回しは悪く、使い手の力量が高くないと自身も傷を負うだろう。
・バヤール
リナルドが駆る魔法馬。魔力を消費することで非常に巨大に変化する。ベイヤードとも同一視されることもあり、乗り手を護る力を持つ。

因縁キャラ Edit

シャルルマーニュ:主君。 過ちには誰にもある。だから、私は怒らないよ。
マラジジ:従兄弟。とにかく口うるさいが、道案内以外でコイツが間違えたことはない。
ローラン:馬鹿、全裸。でも本当に強かった。
アンジェリカ:アンジェリカ!アンジェリカ!アンジェリカ!アンジェリカぁぁぁああぅううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!アンジェリカ!アンジェリカ!アンジェリカぁぁぁああぅうううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!アンジェリカたんの真っ黒ロングの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
…………あ?馴れ馴れしいんだよ、死んで♡
アリダノ:くっ、殺……っておい!オ——私の武器を取るなー!!ドロボー!あと監禁しないでくれ!うわぁああアンジェリカぁぁぁああ!!
ブラダマンテ:恋をする妹…………かぅわいぃ!!
バヤール:相棒。いないと不安になるレベル。

セリフ例 Edit

一人称:私/オレ 二人称:あなた/貴様 
「わた―オレはリナルド。クラスはセイバー――栄光のシャルルマーニュ十二勇士が一人」
「巻き上がれ旋風、燃やしつくせ轟炎!」
「あぁ……オレはどこ、ここは誰……」