Top > 昇藤美玖


昇藤美玖

Last-modified: 2019-05-12 (日) 03:39:15

【名前】昇藤美玖
【容姿】パーカーを着た気だるげな少女
【願い事】もしも手に入れても飽きぬものがあるならば――――
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略
【令呪】 1 / 1
【HP】 10 / 10
【筋力】D:2
【耐久】D:2
【敏捷】E:1
【魔力】A+:8(10)
【幸運】A:5
【スキル1】起源覚醒者:英雄点を5獲得する。サーヴァントに対して通常のダメージを与えられる。
【スキル2】渇望の起源:英雄点を5獲得する。ステータスの上限がEXになる。
【奥義】濁流・捕食流砂:魔術攻撃時、補正値10を獲得する
【その他】

明双町聖杯戦争時のシートと獲得できる秘密

Edit

名前:昇藤 美玖(のぼりふじ みく)
身長:153cm / 体重:40kg
地域:日本
属性:混沌・悪/起源覚醒者
性別:女性
イメージカラー:血色
特技:砂絵 収納
好きなもの:手に入れると胸が暖かくなるもの/なりそうなもの
天敵:わからない

人物 Edit

【聖杯戦争TRPGにおける設定】
【性格】
[一人称]私 [二人称]君(くん)、きみ [三人称]呼び捨て

 基本的にいつも気だるげ。空や遠いところをぼうと眺め、道を行き交う他人に対して興味を向けず、好奇心を向ける対象は自らの起源『渇望』がもたらす欲求を叶える存在のみ。故に、隣で悲鳴が聞こえようともその音を聴くことはなく、聞き流す。故に、目の前で惨劇が起きようとも危険とは認識するがそれが自分に危害を加えるものではないのならば気に止めることはない。人の痛みを感じず、人の悲しみを自己とは完全に別のものと切り捨て興味を持つことが無い。要するに、心が乾ききった人でなし。

 

 起源覚醒者の集団『狼』に所属する魔術使いであり、当然自ら命を奪うことに抵抗はない。ただし殺しに意義や愉悦を見出していないため、自ら殺しに手を染めることは殺しに愉悦を見出す類の危険人物と比較した場合は少ない。とはいっても現時点ですら確実に自らが行ったというシチュエーションに限定してもなお二十三名の人間の命を奪っているため、人間社会の法に照らして考えるのならば大悪人の部類であり、一般的な善性を持つ存在と相いれることは殆どないだろう。

 

 殺人に対して意義や意味を見出していないが故に、殺しに対する枷が本人の中には存在せず、必要と考えた場合は感情を一切動かすことなく命を奪う。
狼構成員として分類分けをするのならば被害数的にも、それを悪と理解し隠し、移動し、狩られないように動くという行動的にも、対して折り合いをつけたタイプではあるが、それは彼女の持つ起源『渇望』が彼女個人の嗜好である愛や繋がりに関わる存在を求め、それに関わる存在にのみ獣性を発揮するためであり、彼女個人が持つ本質としては己の本能に従い暴走するタイプに近い。

 

 故に、彼女に繋がりを与える狼という集団に対する愛着は強いが、渇望の起源によっていずれ組織あるいは構成員に対して更なる関係を求めてしまい、少なくとも自身は破滅してしまう。
ということは理解はしているため構成員との関係は意図的に希薄気味となっている。とはいえ、会合には大体顔を出そうとはするためこの場合は日常生活にまで自分からは踏み込もうとはあまりしないという程度の、薄すぎる自己そして他者のための防衛法ではあるが───

 

 仮に、自身の欲しいという欲求が顕在化するほどの存在に出会ったのならば、それが例え人間社会に仇名すことになろうとも、それが愛着を持つ狼に痛手を与えることとなろうとも、彼女は躊躇せずに欲しいものを手にするために動いてしまうだろう。

【経歴】
あとで

能力 Edit

【パラメーター】

筋力//■■■■■D耐久//■■■■■D
敏捷//■■■■E魔力//■■■■■B
幸運//■■■■■A

【魔術属性及び起源】
起源:『渇望』
魔術属性:土・水
魔術系統:呪術
魔術特性:蟲毒
魔術回路・質:B/ 魔術回路・量:C / 魔術回路・編成:正常