双剣士

Last-modified: 2020-03-18 (水) 09:36:44

双剣士[Rogue(ROG)]

※現在パッチ5.xの内容に編集中です。


概要

ジョブ双剣士[Rogue(ROG)]忍者[Ninja(NIN)]
ロールDPS
メイン装備双剣(主武器)
サブ装備×
開始都市リムサ・ロミンサ
ジョブクエスト
発生条件
双剣士Lv30以上
クエスト
開始場所
開始クエスト「月影の導き」
リムサ・ロミンサ:下甲板層
 NPC:ジャック (x:6 y:Y6)
解説近接攻撃をメインとした物理攻撃クラス。
一時的に敵の被ダメージ上昇を行うスキルがあるためそれに振り回される修正が多かった。
忍者になると忍術による魔法攻撃も可能になり、近接・遠距離・魔法攻撃の三種類が可能になる。
与ダメージはDEX基準のため60までは装備品のステータスに注意(60までのアクセサリは全クラスジョブ装備可能)。
公式説明
  • DEX基準のため、アクセサリは遠距離DPSと共用になっている。防具も共用でよかったのではないのか
    • 腰装備だけは忍者専用になっている。
  • 双剣士時代は特に特筆すべき点はない(できることが少ない)が、忍者にジョブチェンジしてからは一気に増えるため忙しくなる。
    • 3つ印を結べるようになってからが本領発揮。だまし討ちをガンガン入れられるようになる。
  • 4.xまでのようにデバフをばらまいたりすることはなくなり、仕様変更によりヘイト管理もなくなったため、純粋に敵を殲滅していくことになる。

PTでの基本的な立ち回り

双剣士はスキルを使っていくのみとなる。
忍者にジョブチェンジすると、遠距離物理、魔法単体、魔法範囲とオールラウンダーな戦い方ができるようになるので俄然面白くなる。
雑魚集団には火遁、土遁を撃ち、単体なら雷遁、だまし討ちを使ってPTの与ダメージを上げていく。
5.0でPTMに貢献するスキルがなくなってしまった。

取得アクション

双剣士

習得
レベル
名称種別属性TPMPCT効果
時間
詳細備考
1双刃旋WS50-GCD-対象に物理攻撃。威力:150
2残影アビリティ--120秒20秒自身が受ける物理攻撃を最大HPの20%分まで無効化する。
4風断ちWS50-GCD-対象に物理攻撃。威力:100
コンボ条件:双刃旋 コンボ時威力:200
10かくれるアビリティ--20秒永続自身の姿を隠し、ほとんどの敵から感知されない状態になる。
さらに移動速度が50%低下する。
自身よりもレベルが10以上高いモンスターや、一部のモンスターからは感知される。
他のアクションを実行するか再使用で解除する。
追加効果:実行後に非戦闘状態であれば忍術のリキャストタイムをリセットする
発動条件:自身が非戦闘状態
12終撃アビリティ--40秒-対象に物理攻撃。 威力:200
発動条件:対象のHPが20%以下
15投刃WS120-GCD-対象に遠隔物理攻撃。距離15m 威力:120
15ぶんどるアビリティ--90秒-対象に物理攻撃。 威力:140
追加効果:このアクションを命中させてから敵を倒すと、より多くのアイテムを獲得できることがある。
追加効果:「忍気」を30上昇させる
18だまし討ちアビリティ--60秒10秒対象に物理攻撃。 威力:240
背面攻撃時威力:400
背面攻撃時追加効果:対象の被ダメージを10%上昇させる
効果時間:10秒
発動条件:「かくれる」効果中
26旋風刃WS40-GCD-対象に物理攻撃。 威力:100 背面時威力:160
コンボ条件:風断ち コンボ時威力:280 背面コンボ時威力:340
30喉斬りアビリティ--30秒-対象に物理攻撃。 威力:80
追加効果:対象を沈黙させる 効果時間:1秒
38影牙WS40-GCD-対象に物理攻撃。 威力:100
コンボ条件:風断ち コンボ時威力:200
コンボボーナス:対象に継続ダメージを付与する
威力:40 効果時間:21秒
コンボボーナス:対象の斬耐性を10%減少させる。
効果時間:21秒
42血花五月雨WS100-GCD-自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:110

忍者

※「忍者」の専用アクションである「忍術」アクションは特殊な扱いとなっているため、アクションリストからの使用やホットバーへの配置はできません。
「忍術」は「印」アクションを特定の順で実行した後に「忍術」アイコンを押下することで発動します。

習得可能
レベル
習得クエスト名称種別属性TPReCT効果
時間
詳細備考
30月影の導き忍術アビリティ--20秒-忍術を発動する。
効果は直前に結んだ印の順番により異なる。
印ステータス中に他のアクションを実行すると、忍術を失敗する。
また、印ステータス中に忍術を発動しなかった場合は、リキャストタイムが発生する。
リキャストタイマーを「天の印」「地の印」「人の印」と共有する。
月影の導き天の印アビリティ--0.5秒5秒天の印を結ぶ。
リキャストタイマーを「地の印」「人の印」「忍術」と共有する。
35新たな印地の印アビリティ--0.5秒5秒地の印を結ぶ。
リキャストタイマーを「天の印」「人の印」「忍術」と共有する。
40忍びの務め縮地アビリティ--60秒-指定した地点に向かって素早く移動する。
バインド中は実行不可。
45奇妙な襲撃人の印アビリティ--0.5秒5秒人の印を結ぶ。
リキャストタイマーを「天の印」「地の印」「忍術」と共有する。
50雲晴れる夜に活殺自在アビリティ--120秒15秒忍術のリキャストタイムをリセットする。
さらに、効果時間中に実行する1回の忍術が必ずクリティカルヒットする。
-月影の導き風魔手裏剣忍術--忍術-対象に遠隔物理攻撃。 威力:240
発動条件:「天の印」「地の印」「人の印」のいずれかひとつを結んだ状態で、忍術を実行する。
距離25m
-新たな印火遁の術忍術-忍術-対象とその周囲の敵に火属性範囲魔法攻撃。 威力:250
発動条件:下記のいずれかの順に印を結んだ状態で、忍術を実行する。
「地の印」「天の印」または、
「人の印」「天の印」の順で印を結ぶ。
距離15m
範囲5m
雷遁の術忍術-忍術-対象に雷属性魔法攻撃。 威力:360
発動条件:下記のいずれかの順に印を結んだ状態で、忍術を実行する。
「天の印」「地の印」または、
「人の印」「地の印」の順で印を結ぶ。
距離15m
奇妙な襲撃氷遁の術忍術-忍術15秒対象に氷属性魔法攻撃。 威力:140
追加効果:対象にバインドを付与する 効果時間:15秒
実行後にオートアタックを停止する。
発動条件:下記のいずれかの順に印を結んだ状態で、忍術を実行する。
「天の印」「人の印」または、
「地の印」「人の印」の順で印を結ぶ。
距離25m
風遁の術忍術--忍術70秒自身の攻撃速度を15%上昇させる。
発動条件:下記のいずれかの順に印を結んだ状態で、忍術を実行する。
「人の印」「地の印」「天の印」または、
「地の印」「人の印」「天の印」の順で印を結ぶ。
土遁の術忍術-忍術24秒自身を中心にダメージエリアを生成する。
範囲内に入った対象に土属性ダメージを与える。
威力:40 効果時間:24秒
追加効果:範囲内にいる対象にヘヴィを付与し続ける
発動条件:下記のいずれかの順に印を結んだ状態で、忍術を実行する。
「天の印」「人の印」「地の印」または、
「人の印」「天の印」「地の印」の順で印を結ぶ。
範囲5m
水遁の術忍術-忍術10秒対象に水属性魔法攻撃。 威力:180
追加効果:自身に「水遁の術」を付与する
発動条件:下記のいずれかの順に印を結んだ状態で、忍術を実行する。
「天の印」「地の印」「人の印」または、
「地の印」「天の印」「人の印」の順で印を結ぶ。

「水遁の術」効果
効果中は、かくれる状態が必要なアビリティを無条件で使用できる。
(不意打ち・だまし討ちが該当)
距離15m
-口寄せの術忍術--忍術5秒むぐむぐ?むぐむぐ?むぐ~

※備考:頭にウサギが出現して消える(効果なし)
印を結ぶ~任意の忍術発動の間にWSを実行してしまうか、該当する術がない順番で印を結ぶと、忍術がこれになる。
つまり忍術失敗。
52-八卦無双刃ウェポンスキル--2.5秒-自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:100
コンボ条件:血花五月雨 コンボ時威力:140
コンボボーナス:「風遁の術」
効果時間を10秒延長する。最大70秒まで延長することができる。
54強甲破点突ウェポンスキル-40GCD-威力:100 コンボ時威力:240 側面コンボ時威力:300 
コンボ時ボーナス:風遁の効果時間を30秒延長(最大70秒) 
コンボ条件:風断ち
56夢幻三段アビリティ--60秒3回攻撃 威力150(150×3なので、実質450)クリティカルは別々に判定される
62-口寄せの術・大蝦蟇アビリティ--対象とその周囲の敵に火属性範囲魔法攻撃
威力:400
発動条件:「忍気」80
68-六道輪廻アビリティ--50秒対象に無属性魔法攻撃
威力:600
発動条件:「忍気」80
70影隠忍法帖天地人アビリティ--100秒忍術のリキャストタイムをリセットする。
効果時間中に実行する2回の忍術のリキャストタイムを1秒に短縮し、かつ印を消費せずに忍術を実行することができる。
「さらに、効果時間中に実行する忍術の威力を100%上昇させる。
効果時間:10秒
効果時間中、印と忍術以外のアクションを実行することはできず、移動を行うと天地人は即座に解除される。
また、天地人の効果終了時に忍術のリキャストタイムが発生する。
発動条件:「忍気」80
70影隠忍法帖天地人アビリティ--100秒忍術のリキャストタイムをリセットする。
効果時間中に実行する2回の忍術のリキャストタイムを1秒に短縮し、かつ印を消費せずに忍術を実行することができる。
「さらに、効果時間中に実行する忍術の威力を100%上昇させる。
効果時間:10秒
効果時間中、印と忍術以外のアクションを実行することはできず、移動を行うと天地人は即座に解除される。
また、天地人の効果終了時に忍術のリキャストタイムが発生する。
発動条件:「忍気」80
72-命水アビリティ--60秒-自身に付与されている「水遁の術」を消費して「忍気」を40上昇させる。
発動条件:自身が戦闘状態かつ「水遁の術」効果中
76-劫火滅却の術アビリティ--20秒-対象とその周囲の敵に火属性範囲魔法攻撃。威力:400
発動条件:「活殺自在」効果時間中に、下記のいずれかの順に印を結んだ状態で、忍術を実行する。
「地の印」「天の印」または
「人の印」「天の印」の順で印を結ぶ。
-氷晶乱流の術アビリティ--20秒-対象に氷属性魔法攻撃。威力:600
発動条件:「活殺自在」効果時間中に、下記のいずれかの順に印を結んだ状態で、忍術を実行する。
「天の印」「人の印」または
「地の印」「人の印」の順で印を結ぶ。
80-分身の術アビリティ--110秒-効果時間中に自身がウェポンスキルを実行すると、自身の分身が出現sいて追撃を行う。効果時間:15秒
分身による攻撃は固有の威力を持つ。近接攻撃威力:200
遠距離攻撃威力:100
範囲攻撃威力:100
また、分身による攻撃ではコンボボーナスが発生しないが、命中すると自身の「忍気」を4上昇させる。
発動条件:「忍気」80

ロールアクション

Lv名称ReCT距離範囲詳細備考
8内丹120秒--自身のHPを回復する。回復力:500
回復力は物理攻撃力に依存する。
16レッグスウィープ40秒3m-対象をスタンさせる。効果時間:3秒
12ブラッドバス90秒--一定時間、自身の物理攻撃に、与えたダメージの一部をHPとして吸収する効果を付与する。効果時間:20秒
22牽制120秒10m-一定時間、対象のSTRとDEXを10%減少させる。効果時間:10秒
32アームズレングス120秒--自身にバリアを張り、効果時間中はノックバックと引き寄せを無効化する。効果時間:6秒
バリア追加効果(被物理攻撃時、発動確率100%):攻撃者に20%スロウを付与する。効果時間:15秒
50トゥルーノース45秒--一定時間、方向指定条件のあるアクションをどの方向から実行しても成功させる。効果時間:10秒
最大チャージ数:2

特性

習得
レベル
名称詳細備考
14落下ダメージ軽減落下による被ダメージを軽減する。
20移動速度アップ自身の移動速度を上昇させる
62集気法「忍気」が6ずつ上昇するようになる。
発動条件:オートアタックの命中時
64縮地効果アップ縮地のリキャストタイムをリセットする。
発動条件:一部を除く敵に対する火遁の術、雷遁の術、氷遁の術の実行時
66ぶんどる効果アップ「忍気」を30上昇させる
発動条件:ぶんどるの命中時
74縮地効果アップII縮地がチャージアクションに変化する。
76活殺自在効果アップ「活殺自在」の効果中は、火遁の術と氷遁の術がそれぞれ「劫火滅却の術」と「氷晶乱流の術」に変化する。
78集気法II忍気の上昇量が8に増加する。
発動条件:ウェポンスキルの命中時またはコンボ成功時
  • 集気法II
    • 忍気の上昇が8に上がるが、WS命中時のみになる。
      • これを習得するとAAで忍気が上昇しなくなる。

コンボ・スキル解説

コンボ成立条件 コンボ追加効果 ジョブ専用WS

 WS1威力捕捉WS2威力捕捉WS3威力捕捉
単体双刃旋
(1)
150忍気5上昇風断ち
(4)
100旋風刃
(26)
100背面時威力:160
330忍気5上昇420コンボ時かつ背面時:480
忍気10上昇
強甲破点突
(54)
100側面攻撃時威力:160
400コンボ時かつ側面攻撃時威力:460
「風遁の術」の効果時間を30秒延長する。
最大70秒まで延長することができる。
忍気10上昇
範囲血花五月雨
(38)
120忍気5上昇5八卦無刃殺
(52)
100
140コンボ時「風遁の術」の効果時間を30秒延長する。
最大70秒まで延長することができる。
忍気5上昇

スキル解説

[]内の数値は習得レベル、および使用可能レベルです。

双刃旋[1]風断ち[4]→(以下二つのいずれか)

  • コンボルートはここから以下2つの派生になるので適宜使い分けることになる。
    • 旋風刃[26]
    • 一番最初に覚えるコンボの締め。背面時に威力が上がる。
      • 基本はこれを主体に攻撃に使っていく。
    • 強甲破点突[54]
      • 三番目に覚えるコンボの締め。側面攻撃時に威力がアップする。
      • このスキルの本当の使い道は「風遁」の時間を30秒アップさせることにある。これにより戦闘中に限り忍術を風遁に回す必要がなくなる。
        これ自体が風遁の効果を発揮するわけではない点に注意。
      • またAoEなどの関係で側面でないと攻撃できない場合にも使える。

残影[2]

  • 20秒間自身のHPの20%を無効化する。かつては高レベルスキルだった。
    • 双剣士・忍者はそこまでHPが高いわけではないため高レベル帯になるほど使えなくなってしまう(余裕で20%を超えたダメージを受ける)。
      侍の心眼のようにダメージを受けると忍気が上昇する、とかならよかったのだが。

影牙[30]

  • 一度廃止されたが5.1で帰ってきた。習得レベルが30に下がり単発スキルに変更、命中時に30秒間のDoTを付与する。
    • WSだが独自のリキャストタイムを持つため(70秒)、単発で打つよりはだまし討ちに合わせたほうがいい。

夢幻三段[56]→終撃[60]

  • 夢幻三段の習得レベルが引き下げられ、代わりに終撃の取得レベルが60へ引き上げられた。また終撃単体で打つことができなくなり、夢幻三段使用時に終撃使用可のバフがつくようになった。
    • 終撃のリキャストは1秒だが夢幻三段は60秒かかるので、60秒ごとに撃つ。

かくれる[10]だまし討ち[18]

  • かくれるは攻撃ではなく自身に「かくれる」のバフをつける。隠れている間は敵に見つからなくなる(ただし自分よりもレベルが10以上高い。一部モンスターやIDボスを除く)。
    • だまし討ちは修正が入り、どの向きでも効果を発揮するようになり時間も15秒に延長された。
      ただ背面から当てると威力500の効果を持つためできるだけ背面から当てたほうがいい(もしくはトゥルーノース推奨)。
      • その代わり被ダメージ上昇の効果が5%に減少した。
  • だまし討ちは忍術の水遁の術が使えるようになってからが本領発揮。
  • かくれるは忍術のリキャストをリセットするので戦闘開始前に風遁の術を使い、即かくれるを使う。バフアイコンを右クリックすると解除できる。

ぶんどる[15]

  • 命中させてから敵を倒すとドロップ数が増える、とのことだがほぼ実感するほどの効果を持っていない。そもそもあてて次の攻撃なのかどうかもわからない。
    • よってその効果よりもダメージソースとして利用されることが多い。
  • むしろこのスキルはレベル66になった時に「ぶんどる命中時忍気40アップ」の効果が追加されるため、そちらの用途で利用されることになる。

投刃[15]

  • 対象へ遠距離攻撃を行う。威力120。
    • 何気に忍気を5上げる効果を持つ。
  • ギミック処理で敵から離れた時に使うなどして地道にダメージを稼ぐなどに利用する。

血花五月雨[38]→八卦無刃殺[52]

  • 範囲攻撃。血花五月雨は威力が120に上がった。52で習得する八卦無刃殺とコンボするようになった。
  • 八卦無刃殺は5.0で追加されたスキル。同じく範囲スキルだが、コンボボーナスで風遁の術の効果時間を10秒伸ばす。
    強甲破点突同様風遁の術を付与するわけではない。
    • TPが廃止されたため、IDでは常にこのコンボを使っていく。合間に忍術を挟んでいく。

縮地[40]

  • 指定した場所・対象めがけて移動する。距離20m、チャージコスト2。
    • 一見移動に便利そうだが対象指定が必要なためさほど使い勝手がよいスキルではない。
      • ノックバックで飛ばされた瞬間に使って戻るという使い方はできる。マクロ必須。

63以降のアビリティ

天地人で使う風魔手裏剣以外は魔法攻撃になる。
口寄せ:大蝦蟇[62]・六道輪廻[68]

  • リキャストが共通になった(1秒)。忍気を80使う。
    • 口寄せ:大蝦蟇は範囲攻撃。複数体敵がいる時はこちらを使う。威力200
    • 六道輪廻は単体攻撃。威力が100下がった。対ボス戦や単体の敵にはこちらを使っていく。威力300
  • どちらも忍気が貯まりやすくなった関係で威力が大幅に低下してしまっている。

天地人[70]

  • 忍気が不要になり、単純にリキャストのみで使用できるようになった(100秒)。代わりに活殺自在の効果中は使用できない。
  • 風魔手裏剣+2個の忍術が使用可能になるが、移動できない(動くと効果終了するため)ので、使うタイミングが重要(大技の後等)。
  • 威力が150%上昇する。雑魚を処理する時やボスの大技の隙で使用する。この効果は廃止された。
    5.1にて印→忍術の使用から印のアイコンが各術に変化し、直接発動する形になる(予定)。発動する毎にアイコンが対応した術へと変化していく。
    • 複数いるなら人(風魔手裏剣)→天(火遁の術)→地(土遁の術)、
      単体・あまり隙がない・動き回る等土遁が効果的でない場合は天(風魔手裏剣)→地(雷遁の術)→人(水遁の術)を使用する。
    • 状況次第では途中で打ち切るのも。

72以降のアビリティ

命水[72]

  • 水遁の術のバフを消化して忍気を40増やす。
    • だまし討ちのリキャストが回り切っていない時に水遁を撃った時などに使用する。リキャスト60秒。

分身の術[80]

  • 5.1で修正が入り、効果時間中5回WSを当てるまで分身が追撃を行うスキルになった。
    • 威力は近接:200、遠距離:100、範囲攻撃:100で固定。
  • 一応分身もダイレクトヒットとクリティカルヒットは発生する。
  • 分身も攻撃を当てると忍気が5上がる。

忍術

忍術は20秒毎にチャージコストが1貯まる。最大2。
かくれるを使うとリキャストタイムがリセットされるため、戦闘になる前に風遁を使い隠れてリセットしてから戦闘開始する、という使い方ができる。
5.1からGCDの影響を受けるようになった。また先行入力を受け付けない。
印の失敗は相変わらず実装されている

 

攻撃忍術については、手裏剣は斬属性物理ダメージ、それ以外は全て魔法ダメージの扱いになっている。
その代わり、詩人のレクイエムは魔法系の忍術に効果がある。これらを認識し適宜状況に合った忍術を選択したい。

風魔手裏剣(威力500)

  • 一印の術で即発動できるが斬耐性が廃止された上に印そのものがGCDの影響を受けるので使用する意義はあまりない。
    • 遠距離攻撃なので無効化するバフに注意(ヴォイドアークの2BOSSなど)。

風遁の術

  • 忍者のDPSを高める上で最重要の忍術。いかに風遁状態を維持して攻撃するかがまず基本。これの残タイムが19秒未満の場合、掛け直すためもう他の忍術は使わない。
    • 52で八卦無刃殺、54で強甲破点突を覚えると風遁を気にする必要がなくなる。

雷遁の術(威力800)

  • 5.1で威力が倍にあがった。4.5までは斬耐性の関係もありあまり使われることはなかったが属性ダメージ増加が廃止されたので単体ならこれ。
  • Lv64以降は縮地のリキャストをリセットする効果がつく。

土遁の術(威力100*8)

  • ヘヴィ効果+範囲DoTの術。効果時間一杯(24秒)まで使うくらい倒すのに時間が掛かるかなり硬い雑魚が複数存在する場合でのみ他の攻撃のDPSを上回る。
    • 50前後ではそうでもないが、高レベル帯になるにつれ敵のHPも高くなっていく関係上、戦闘開始数秒後に発動させても時間一杯使っても処理が終わらないので十分効果がある。
  • 75までは威力30%上昇の関係で活殺自在を使ってから発動、その他の場合は威力的に天地人の時に撃つのが良いかもしれない。
    ただ単体に撃つなら雷遁を使ったほうがいい

火遁の術(威力500)

  • 忍術で範囲攻撃を行う際は大体これ一択と考えていて良い。単発で使うのではなく、血花五月雨→火遁→血花五月雨といった具合にWSと組み合わせて使うことで範囲火力を出していく。
    • 52以降は血花五月雨→八卦無刃殺のコンボを繰り返すので合間に撃つ。
  • Lv64以降は縮地のリキャストをリセットする効果がつく。
    • 76で活殺自在効果アップを習得すると活殺自在効果中限定で劫火滅却の術に変化する(後述)

水遁の術(威力600)

  • 単体の効果は低いが、追加効果でだまし討ちを使用できるようになる重要忍術。そのため上手く他のスキル回しに絡めて使っていくことが与ダメージを高める上で求められる。
    • 72で命水を習得すると水遁の術のバフを消して忍気を貯めることができるようになる。

氷遁の術(威力400)

  • 対象にバインドを付与する。PvEで使う事はまずなく、PvPで出番があるかどうかというくらい。普段は存在を忘れていても問題ない忍術。
    • 禁断の地エウレカ実装で敵から逃げるときの足止めに使えるため利用価値が少し上がった?
  • 縮地のリキャストをリセットする効果があるが…PvEでは雷遁と火遁で事足りるため覚えておく必要がない。
  • 76で活殺自在効果アップを習得すると活殺自在効果中限定で氷晶乱流の術に変化する(後述)

活殺自在[50]

  • 忍術のリキャストタイムを一瞬で回復させて威力を30%アップさせる。厳密には忍術ではない
    • このためリキャストタイムのリセット目的だけで使うのは非常に無駄があり、手裏剣か雷遁に使うのがもっとも効率が良くなる。
      具体的には、水遁→だまし→活殺→手裏剣or雷遁というコンボで、DPSを出すために必須の修得技術。
    • 雑魚処理で土遁の前に使うのも一つ。
  • 76以降は劫火滅却の術・氷晶乱流の術を使うためのスキルになる。
    • なのでそれ以外の目的で使用するのは無駄になる。

劫火滅却の術・氷晶乱流の術[どちらも76]

  • 活殺自在効果中の火遁の術と氷遁の術がこれに変化する。
    • 劫火滅却の術は範囲攻撃(威力750)、氷晶乱流の術は単体攻撃(威力1200)。口寄せ:大蝦蟇と六道輪廻と同様に状況に合わせて使っていく。
      • 氷晶乱流の術は氷遁の術の効果はなくなっており、ごく普通の攻撃スキルとなっている。

余談

  • だまし討ちの影響をモロに受けるクラスジョブだったため、頻繁に性能の弱化をされ続けていた。
    • 5.0でも火力不足がひどかったため5.05で多少は修正が入ると期待されていたが、その時点で実装されたのは「風断ちの威力50上昇」のみだったため、忍者使用者から大顰蹙を買った。
    • 結果5.8で少し修正が入り、5.1でいくつか強化された(弱化と強化を合わせて行ったスキルも存在する)。
      • その代わり印がGCDの影響を受けるようになってしまった。これについては賛否両論ある。

コメント

情報提供・データ報告・修正依頼などこちらへおねがいします

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • 口寄せの術・大蝦蟇は62だよ、63はジョブクエ。編集ガバガバすぎ -- 2017-08-18 (金) 03:06:35
    • おっ、君いいねー。指摘した上で無駄な文句だけ付けて自分では編集しない。夏休み!って感じがするね!風物詩と言ってもいいよこれは。ネット弁慶ってよく言われたりしない?代わりにおじさんが編集しておいたから確認してニッコリしてね! -- 2017-08-18 (金) 08:46:39
  • ボス戦に影渡しても意味ないからまとめるときに使ってくれやw -- 2017-08-03 (木) 19:01:25
  • 4.0版に一部修正。 -- 2017-07-24 (月) 01:50:27
    • 引き続き4.0版に修正、ロールアクションを双剣士の部分に移動。おすすめロールアクションは人それぞれなので消してもいいかもしれない。 -- 2017-07-26 (水) 01:11:24
  • 表を3.1版に修正 -- 2015-11-15 (日) 02:08:12
  • 忍者に魅力されたIPがタンク・ヒラを無視して暴れるルレが蔓延しとるな。とりあえずWIKIを最初から最後まで全部読んで濃いよks -- 2014-11-15 (土) 23:25:28
    • 以前はモンクにいたような層がほとんど忍者に移ったよね。とりあえず、ヘイト値無視。ついでにマーカー無視。酷いのは範囲攻撃も無視で気付くと死んでるw -- 2014-11-26 (水) 20:48:33
  • DOTの効果時間は初期値でいいんじゃないか?他のページでもそうだし -- 2014-11-08 (土) 21:22:44

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照