Top > モンスター > 【プロメテウス】


モンスター/【プロメテウス】

Last-modified: 2018-05-22 (火) 19:40:02

ギリシャ神話に登場する人間に火を与えた神が名前の由来。






FF6 Edit

瓦礫の塔に出現する、大型のドリルを装備した戦車型の魔導アーマー
HPが14500となかなか多く、物理防御力も170あり結構「硬い」。
攻撃も凍結効果のノーザンクロスや、サザンクロスメタルカッターと全体攻撃が多い。
たまに物理攻撃の「ドリル」で攻撃してくるが、これはエドガーのものと違い、1.5倍強化物理攻撃。
ボス敵のディッグアーマーと同型だからか、獣ヶ原には出現しない。


コイツも瓦礫の塔での出現範囲が狭い?
塔内で出会ったことないかも。
瓦礫の塔って、広いくせに出現範囲限定モンスターが多過ぎだろ…

  • コロシアムでばかり対戦するよな。
    • 一応補足しておくと、SFC・PS版でこいつと対戦するカードは存在しない。
  • 具体的な出現エリアは、魔神竜の現れる1つ前のカプセルが配列された通路(EDでマディンが別れを告げた場所)とインフェルノの待ち受けるエリアの高台側の2箇所。
    後者の方が少しだけ現れやすいようだ。
  • まあ獣ヶ原に現れないから、無理して会っておく必要も無いけど。

内部データには戦闘BGMが「決戦」になっているプロメテウスが存在する。
開発中はディッグアーマーのパワーアップ版とかでボスにする予定だったんだろうか


状態異常耐性がすこぶる高く、実用的なステータス異常はスロウ位しか効かない。
ただし、操る事は可能。
レア枠でウィークメーカーが盗める。


魔法にはノーザンクロス、「たたかう」や特殊コマンド等にはサザンクロスでカウンターしてくる場合がある。


ディッグアーマーには青い機体にガストラ帝国の赤いエンブレムがはっきりと貼られているのが伺えるが、
こいつは赤い機体のグラデーションに埋もれているせいで、パッと見では解りにくい。
せめて旗と同じ黒色にでもしとけよ。瓦礫の塔にも堂々と飾られてるんだから。


スケッチ」でドリル・サザンクロス、「操る」で更にたたかうとノーザンクロスが使える。
因みに、「たたかう」は通常行動では使用しない。

FF6(GBA版) Edit

魂の祠の第6グループの第6戦目にアーマーベースと一緒に現れる。

  • この場所で挟み撃ちされた場合、モンスター2体ともが画面右側に配置され、左側には誰も居ない状態で戦闘が行われる。

また、追加武器であるロンギヌスコロシアムに賭けた時の対戦相手にもなっている。

FFL Edit

本作では石像タイプのモンスターとしてグルグ火山に出現。
同ダンジョン内ではファイアギガースに次ぐ高いHPを持つが、ミニマムで安全に処理できる。

FF零式 Edit

ミリテス皇国が保有する魔導アーマーの一つで、ストライカーの改良型。
正式名称は【コ-二四二陸戦鋼機二型】。


ストライカーとの違いは武装にあり、155mm砲の代わりに火炎放射器を装備している。
火炎放射は威力もそこそこに、発火の状態異常を付加してくるのが厄介。
しかし遠距離攻撃の手段を持たないため、放射が開始される前に距離を置き、離れて攻撃すれば安全。


名前の元ネタを考えると、凄まじく皮肉な装備。
オリエンスにおいてどのような逸話があるか分からないが、
似た様な逸話があるとすれば名付け親は相当嫌な奴だろう。

  • 「一見普通の砲を搭載しているが、砲身がダミーで内部に火炎放射器」というのは現実世界の戦車でよくあったパターンである。
    歩兵にとって脅威な上、遠距離攻撃が出来ないので真っ先に狙われてしまうからである。
    プロメテウスはストライカーと色違いですぐバレてしまいそうだが…

メビウスFF Edit

神の秘密とされた天界の火を人に授けたため、劫罰を科せされた神です。

召喚のみで入手できる火属性のレンジャー系のアビリティカードとして登場。
アビリティは「プロミネンス」。