Top > 幻獣 > 【ビスマルク】


幻獣/【ビスマルク】

Last-modified: 2019-07-18 (木) 09:47:30

名前はおそらく戦艦(およびその戦艦のネーミング元となった某宰相)から取ったものだと思われる。


武器/【ビスマルク】


FF6 Edit

から出番を奪った鯨。
召喚すると、白鯨(白いクジラ)が水泡による水属性攻撃を行う幻獣/魔石
技名は「バブルブロウ」。


見た目はモービーティックの白鯨。


ファイアブリザドサンダーの修得倍率が×20という脅威の倍率となっているため、
とりあえず攻撃魔法を使いたい、という場面で役に立つ。
しかし、Lvアップボーナスが+2のため、パーティー内で激しい争奪戦が繰り広げられるのは必至である。

  • 地味にレイズも修得可能。修得倍率はたったの×2だが。

大海原を我が領土とする海の王者。


水属性は攻めにくい属性であり、
さらにFF6の機械系モンスターの多くが水属性に弱いため、
召喚魔法の立場が低い本作でも水属性の彼はそこそこ活躍の場がある。
大概は力+2のLvUP魔石装備ボーナスの方でばかり活躍しているだろうが。


封魔壁から飛び出してくる姿を確認できる。この頃魔石はすでに入手済みなので、別個体のようだ。


FF6ではステータス上昇のためにレベルを低く抑えて進まざるをえないが、この魔石は入手時期が絶妙。
入手前にオペラ劇場のネズミ避けがあり、その後に強制的に経験値の入るトロッコがあるからである。

FF11 Edit

表記は「Bismarck」。
バトルコンテンツ「ヴォイドウォッチ」で出現する巨大なクジラのモンスター。
極めて防御力が高く、物理攻撃をほぼ受け付けない。


また、ワールド(サーバー)の1つの名称としても用いられている。


詳しくはこちら→Bismarck

FF13 Edit

同名のファルシが登場。
スーリヤ湖の主で、水流の侵食を利用して大地を切り開くことを使命とする。


スーリヤ湖のある地点を調べなければ出てこない。
スルーした場合は無論オートクリップにも載らない。
また調べたら調べたで、を差し向けてくる厄介者。
ただし刺客を退けると有用なアイテムをゲットできるので、挑戦するのも一興である。


出現するときのキャラクターのセリフは、そのときのバトルメンバーによって異なる。
全て堪能したい場合は、事前にセーブをとっておこう。

FF14 Edit

蛮族「バヌバヌ族」が崇める蛮神、雲神ビスマルク。
雲海を泳ぐという設定から翼の生えたクジラのような姿をしており、上半身のシルエットは『シン』にも似ている。


蒼天のイシュガルドにてついに実装。真ビスマルク討滅戦および極ビスマルク討滅戦において戦うことが出来る。
バヌバヌ族の伝承では海を泳いでいた白鯨がその体の色故に迫害されていたのを、神が島とともに雲海へと引き上げたと伝わっている。


漆黒のヴィランズの第一世界ではレイクランドで「ケンの島」として眠りについている妖精ビスマルクとして登場。
エメトセルクの待つ海底に空気のドームを作る役割を担った。

FF15 Edit

ロイヤルエディションにて登場。
ウィスカム曰く、アコルドで「もうひとつの水神」と呼ばれている巨大な生き物。長い一角が生えた鯨の姿をしている。
六神のような神ではないが、「豊漁を招く」と漁師たちには噂されている。鳥の集まる場所に現れるとされる。


クルーザーを運転して、このビスマルクに会うというサブクエストがある。


ここで注意点を一つ。ビスマルクを発見し皆で見ている際にプロンプトが、
「すごすぎて、写真撮るの忘れそうだよ」と言うが、この男本当に忘れるので、
ビスマルクの写真が欲しければ、プレイヤー撮影をした方がいい。


このビスマルクが出現した海域を調べると、最高峰の食材食用クロマグロを持つ魚「スティリアクロマグロ」が出現する。
しかも、その他にも食用魚がウヨウヨ出現しているので、ここで食材を補充するのも手だ。
言い伝え通りに大漁を招くありがたい存在で、正直最終的に街をめちゃくちゃにする水神より、よっぽど神っぽい。

DDFF Edit

素材アクセサリに「ビスマルクの背骨」がある。
説明文を見る限り、こっちのビスマルクが元ネタか?

WOFF Edit

メガミラージュとして登場。

FFB Edit

雷弱点のレア幻獣。とりまきはディオルベーダ
デザインはFF6からで、バブルブロウをつかう。

PFF Edit

レア3の幻獣。
エクサバトリアに参加したらたまに貰える。
バブルブロウ」で敵全体に防御無視の水属性ダメージを与える。
ビスマルク+3でチャージ55、基本威力100。

FFRK Edit

FF6から「ビスマルク【VI】」がレア3の水属性の魔石として、
「【狂】ビスマルク」が魔石ダンジョンのボスとして登場する。


魔石のビスマルクは、超魔石スキルとして「【契】バブルブロウ」を持つ。
魔石効果は「バウォータ」と「メンタルアップ」(Lv50~)。
魔石スキルは「バブルブロウ」、「ウォタラ」、「体当たり」。

メビウスFF Edit

荒れ狂う波を蹴立て大洋を征服する神獣です。

召喚のみで入手できる水属性の戦士系アビリティカードで、アビリティは「アイスクロス?」。

FF:U Edit

並み居るメジャーな召喚獣を差し置いて、アニメ「FF:U」に登場している。
 岩を喰いちぎる『シャークグレイ』
 乾きを飲み干す『ウォーターブルー』
 そして、虚空をも噛み砕く『クラッシャーホワイト』
 轟け!召喚獣ビスマルク!!!


リヴァイアサン一刀獣のモデルとして既に登場しているため、
代わりに水系召喚獣の代表として登場したものと思われる。
本編では2度召喚され、大量の水とともに現れて天へと登っていき、
周囲の全てのものを押し流し消滅させた。
「さまよえる海」に対して召喚された際は、惜しくも打倒することができずに敗れている。


>リヴァイアサンが一刀獣のモデル
↑リヴァイアサンは氣現獣のモデルじゃぁ…?

  • 「FF:U After 外界の章」によれば、
    用語集の「一刀獣」の項にリヴァイアサンがモデルと書かれている。
    容姿にしろ登場シチュエーションにしろ氣現獣のほうがよっぽどリヴァイアサンっぽいし、
    どちらもリヴァイアサンをモデルにしたという可能性もありえないことではないけれど。
  • DVDに収録されてる設定資料の項目を見れば分かるけど、両方ともリヴァイアサンがモデル。氣現獣は設定時の名称が「リヴァイアサン」と書いてある。