エドワードのしっぱい

Last-modified: 2019-02-02 (土) 21:39:38

エドワードのしっぱい

日本版タイトルエドワードのしっぱい
英語版タイトルEdward Strikes Out
脚本シャロン・ミラー
放送日2006年9月10日(英国)
2006年10月28日(米国)
2008年9月3日(日本)
話数236
この話の主役エドワードロッキー
登場キャラクターAエドワードロッキートーマスゴードンパーシーハーヴィーエミリー
登場キャラクターBなし
(テレビ東京のテロップのみ:ヘンリー
登場キャラクターCビルベンヘンリークランキーブッチ
登場キャラクターDローリー2(顔無し)
登場人物Aなし
登場人物Bエドワードの機関士ブレンダム港の作業員
登場人物Cハーヴィーの機関士有名な小説家
登場人物Dトップハム・ハット卿(言及のみ)
登場スポットアノファ採石場
マロン駅
ブレンダム港
ソドー運送会社
あらすじ重いパイプを運ぶ仕事を任されたエドワードに集まると新しいクレーンロッキーも到着。ロッキーの手助けを断り、パイプを運ぼうとしたエドワードは、あたり一面にパイプを落としてしまいます。
メモロッキー初登場。
・タイトルに『~のしっぱい』が付くのは第1シーズントーマスのしっぱい』以来2度目となる。
・貨車の横板が外れるシーンは、第4シーズントードのめいあん』のスクラフィーを彷彿とさせる。
あの時のトーマスゴードンパーシーピーター・サムエミリー続いて見切り発車するエドワード
あのヘンリージェームスディーゼルダグラスパーシーオリバーダックピーター・サムゴードンアーサートーマス続いて貨車を破壊するエドワード
・とことんロッキーを邪険にするエドワードゴードン*1
・この回のエドワードは、序盤から中盤までに不注意で、優しいとは思えない、慇懃無礼な言動が目立っている*2
・「邪魔者」を「ジャガ者」と聞き間違えるパーシー
あの時のクランキーパーシーに続いてパイプを線路の上に撒き散らすエドワード
・貨物列車を重連して牽引するトーマスエミリー
ロッキーの自己紹介の時にいなかったにも関わらず、の名前を知っているトーマス
第8シーズンゴードンとおなじ』の時と同様、待つのを嫌がるエミリー
・この話のエミリー第8シーズンジェームスのあたらしいとそう』、ハーヴィーは『パーシーのだいしっぱい』に続いて終始笑わなかった。
ハーヴィーは日本版では第17シーズンクレーンきかんしゃハーヴィー』、英国版では長編第3作まで台詞なし。
・この回で学べるのは『短気は損気』という事。
台詞ゴードン「ふん!あのクレーンは確かにでかいが、エンジンが付いてないじゃないか。他の機関車に引かれなけりゃ動けないのさ。」
エドワード「それじゃ、あまり役に立たないかも知れないね。」
ゴードン「その通りさ、エドワード。皆の邪魔になるだけだ。」
ゴードン「あいつはあまり役に立たんぞ。」
エドワード「皆の邪魔になるかも。」
ゴードン「力持ちだけど、凄い邪魔者さ。」
パーシー「『力持ちだけど凄いジャガ者』って何?」
エドワード「『邪魔者』って言ったんだよ。」
ナレーター「教える様にエドワードが言った。」
エドワード「力はあるけど何の役にも立たないって事さ。」
ロッキー「俺はロッキーだ。」(初台詞)
エドワード「僕はエドワード。」
ロッキー「一緒に行っても良いかい?その重いパイプを運ぶのを手伝うよ。」
エドワード「僕達だけでちゃんとやれる。君は力持ちだけど今は必要無いよ!」
エミリー「私は待つのは嫌よ。まだまだ大事な仕事が有るんだから。」
英国CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国CVナレーター/他:マイケル・ブランドン
日本CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
ゴードン三宅健太
パーシー神代知衣
ハーヴィー桜井敏治
エミリー山崎依里奈
ロッキー河本邦弘
シリーズ前回
(英語)
トビーとあたらしいやねシリーズ前回
(日本)
パーシーといどうゆうえんち
シリーズ次回
(英語)
トーマスとかぜシリーズ前回
(日本)
トーマスとたんじょうびのはいたつ
参照画像未公開シーン未公開シーン

*1 但し最終的には2共、ロッキーを見直している。
*2 この様にエドワードの性格が改変されている為、米国・英国でもこの話の評判は悪かった。