이시우 (イ・シウ / Lee Siu)

Last-modified: 2023-01-27 (金) 09:12:34
face_orig.png
Image from: ANYCOLOR株式会社 にじさんじ公式メンバー一覧
主な活動場所YouTube Twitter Twitch
ハッシュタグ配信用:#SIU_SeeU
ファンアート:#Siu_Art
ファンの呼称等ファンの呼称:ShuShu
ファンマーク:🐾(動物の足跡)
公式紹介文
ゲームを楽しむ、部屋の隅の白い獣のニート*1
게임을 즐기는 방구석의 백수*2

illust:凪白みと(@lemon_mito)


目次

紹介

  • 韓国で活躍するNIJISANJI KRの一員。2期生。
  • 同期三人 (チェ・アラアライ・シウシウソ・ナギナギ) によるユニット「嵐ウナギ」の一人。
  • 設定画
  • 22歳の銀髪キツネの少女で、ゲームとクジラのワニ人形、そしてオヤジギャグが好き。 普段は落ち着いて口数が少ない無愛想なイメージだが、ゲームをプレイする時は口数が多くなる。 特に、ホラーゲームを遊ぶ時は、耳をつんざく悲鳴を上げるギャップを見せる。アラシウナギの三人でコラボした時は他二人もかなり高い悲鳴をするのだがその二人の悲鳴がかき消えるほどのレベル。tskr
  • 好きな季節は夏で、本人によると楽しくゲームができるからだという。 ゲームは一度プレイすると、約8時間を超える長時間配信になることもしばしば。
    好きな食べ物はお菓子のような甘い物。
  • オシャレにはあまり頓着しない方のようで、クローゼットの中にはパーカーばかりたくさんあるらしい。
  • 笑い声が狐そのものだとナギやリスナーに評判。
  • 少しだが日本語、英語も喋ることが出来る。NIJISANJI ENSelen Tatsukiとのコラボでも十分にコミュニケーションが取れるレベル。
  • あまり表に出さないがオタク文化に造詣が深く、日本のアニメはもちろん「ニコニコ組曲」など一部のネットミームにも反応できる。
  • Twitterのプロフィールやマシュマロを見るにとてもお金にとても執着するタイプ。

配信について

  • 配信する内容はゲーム実況が主であるが、お絵描きや映画同時視聴など幅広く活動している。
    ゲームはAPEXやマイクラなど継続的に遊んでいるものもあるが、ジャンルにとらわれず様々なゲームをプレイする。
    ジャンルとしてはホラーゲームもよくプレイするが非常に怖がりのためKRのメンバーをゲストに呼んで怖さを紛らわす。あまり役には立っていないが…
    プレイ中にはゲームに没入するタイプで、上述のホラゲでの迫真の悲鳴や痛覚リンクでのリアクションはぴかいち。
    作中のセリフ読みでもキャラクターに入り込んだ演技が見られ、なんのゲームをしていても彼女の楽しんでいる声が途切れることはない。
    お絵かき配信も比較的多く、3時間程度は平気で描き続ける。その他ASMR配信などレアな配信も。
    ツイキャスでは寝起き雑談を頻繁に行っており、彼女の日常を身近に感じることができる。
    2021年夏からは日本語勉強にも意欲を見せ、勉強配信を行っている。
  • Youtubeでは事前にまとめて1週間先の枠まで取るので非常に予定がわかりやすくなっている。
  • 短い切り抜き動画を上げることがある。内容はAPEXで起きた珍事件やファインプレーを切り抜いたものであり、ある意味視聴者に注意を促す切り抜きとなっている。
  • 2021年12月11日に新衣装配信とともに初のカバーソングを公開。映像に出てくる自身のイラストはなんと自分で描いたもの。

プロフィール

  • 年齢:(韓国の年齢で)22歳
  • 誕生日:12月26日
  • 身長:166cm
  • イメージカラー: #811528にじさんじ公式サイト」の背景色に基づく

衣装・オプション等まとめ

衣装の公開日など、2Dモデルの詳細は衣装等まとめのページを参照

衣装について

活動場所

詳しく知りたい

エピソード

  • 2020年05月26日、デビュー間もない第3回配信にて「ダークソウル3」を開始。
    • 一貫して技量ステータスを上げ続け、とんでもない火力お化けを生み出す。
      「傭兵の双刀」をメイン武器とした二刀流でひたすらR1を連打するだけのパワープレイを披露。
      過去にじさんじライバーの行ってきたダクソ配信では見たことのない圧倒的DPSで次々とボスを蹂躙した。
  • Twitchでかなり長時間のApex Legendsダイヤ耐久配信を行った。
  • お絵かき配信では主に自身をモデルに厚塗りを用いた技法で絵を描く。2期生1周年記念で投稿されたGiga - Ready Steady 【NIJISANJI KR / Ara, Siu, Nagi】では自身がデザインした衣装でイラストを発注した。
    どこかクールさと退廃的な印象を抱かせる彼女の絵は目を惹かれる。
    メンバーアイコンも自作しており、こちらはかわいらしいデフォルメ絵になっている。
    また、気を抜き切ったイラストを描くことも多く、同一人物とは思えないギャップを見せる。
  • 放送中たまにマンションのインターホンが鳴る。このとき、目を大きく開いて慌てながらマイクを引く。
    この時、同じく配信中だったイ・ロハイ・ロハが彼女をストーキングしていた…。
  • 2021年4月16日、ナギ宅にて初のASMRに挑戦した。実際はソ・ナギナギとの漫才
  • 2021年5月5日に行われたKRこどもの日粘土工作大会には数日前からネット回線の不調に見舞われ参加できなかった。粘土も買ってあったのに…
  • 2021年6月30日に行われたKR上半期LoL戦ではチームの司令塔を務めた。
  • 2021年7月17日に行われたにじさんじ甲子園2021ドラフト会議では笹木咲笹木咲にくじ引きにて13位指名を貰った。
    • 選手の反応
    • 期間中はtwitter上で笹木の配信を実況するなど熱狂する様子を見せ企画の盛り上がりに貢献した。
  • 2021年8月8日、VirtuaReal主催「APEX真夏のカスタム」にミン・スゥーハミン・スゥーハバン・ハダバン・ハダと共にチーム「SBS」として参戦。
    司令塔として奮戦し、2、5、6戦目1位と6試合中3回チャンピオンを取るという素晴らしい成績を残し、累計605ポイントで見事1位を獲得した。個人戦績は3位(KRチームで見るとなんと6試合中5試合もチャンピオンを取っている。)
  • ゲーマー故ひたすらやりこむ癖があるのかマイクラではウーパールーパーのレアな色を出すためにひたすら交配させ続け無慈悲に殺し続けるウーパールーパー工場を経営している。こちらが証拠映像
  • 2021年1月25日、チェ・アラが企画、投稿したNIJISANJI KR一周年記念歌動画で初めて自身の歌声を披露。
    その後も2期生アラシウナギでもデビュー1周年を記念した歌動画にも参加し自身の声質を活用した歌声を披露。自身では歌動画は投稿していないが、配信中に口ずさむなど歌が苦手というわけではないようだ。(2021年12月11日に初めてのカバーソングを発表した
  • 2021年8月18日から始めた日本語勉強配信ではテキストにある日本語の例題文を書き、韓国語でも書くので日本人視聴者にも韓国語の勉強になり非常に実のある配信になっている。
    ただ日本語の例文がくだけた話し方をする文章なので日本人視聴者や日本語に堪能な韓国人視聴者も説明に困ることもしばしば。
  • 2021年9月9日、NIJISANJI ENSelen TatsukiSelen TatsukiとKRのリュ・ハリリュ・ハリとコラボ。Selenは韓国語は勉強中とのことでコミュニケーションは主に英語を使うことになったが、円滑にコミュニケーションが取れるレベルの英語を披露した。
  • 2021年9月25日、バージョン2.0にアップデートされた。元々表情豊かなライバーだったが、可動域が大きく広がり更に磨きがかかった。
  • 2021年9月28日、ににじさんじJPメンバーと同じサーバーで「Ark」に参加。
    にじさんじJPライバーの魔界ノりりむ白雪巴と出会うも日本語でしっかりとコミュニケーションをした。(かたや陰キャ、かたやVC操作がおぼつかずボディランゲージなのでコミュニケーションが成功したかは当人たちの心に聞くしかない…)
    • ニートゲーマーらしく有り余る体力でKRの中でもプレイヤーレベルはトップに。
      極早い段階でライフルを製造し、グリフォンをテイムと文明レベルもKR中トップクラス。
      配信外でも他ライバーの配信に映ったりとその驚異のログイン率を見せつけている。
  • 2021年11月8日、APEXの大会REIGNITE CUP #3へ参戦が告知された。
  • 2021年11月18日にバン・ハダハ・ユンとともに渋谷ハルカスタムに初めて参加した。全員KRライバーでの渋谷ハルカスタム参加はこれが初めてとなる。
  • 2021年12月1日(JST)のSelen TatsukiSelen Tatsuki誕生日配信にボイスメッセージを送り彼女の誕生日を祝福した。
  • ベストフィットした。
  • 2022年1月14日に「Monster Hunter Rise」をミン・スゥーハミン・スゥーハソ・ナギソ・ナギイ・ロハイ・ロハと共に配信する。NIJISANJI KR公式Twitterでは「Steam版 『Monster Hunter Rise』 x NIJISANJI KR コラボレーション」と銘打ちツイートされている。(うちシウとロハはTwitchでの配信となっている。)
  • 2022年2月2日、3月20日を以てNIJISANJI KRから卒業する旨のツイートを投稿した。
    • 卒業にあたりファンアートを見る配信マインクラフトの思い出巡り配信を行った。
      • 彼女がデビューしてからの思い出を振り返ることができる。
      • この2つの配信のチャットでは彼女の言葉を英訳してくれるリスナーがいたので、韓国語がわからない方は翻訳機片手に彼女の歩みを共に見ることができるだろう。
  • 2022年3月20日、22時に卒業配信が行われた
    配信では彼女の今までの歩みを振り返ったり、日本リスナーに向けて日本語で語りかけたり、ママである凪白みと先生への感謝を述べた。
    • ママへの感謝を述べた時、チャットに凪白みと本人が登場。普段快活な彼女も思わず涙腺がゆるみ数分の間喋ることができなかった。また卒業するにあたり彼女へ1枚のイラストをプレゼントした。
  • 卒業後もFree chat枠は3月27日まで公開されており、固定チャットには「오늘은 배달어플에서 찜닭쿠폰이 있어서 찜닭반마리를 먹었어요. 엄청맛있었는데 양이많아서 남겨서 아쉬웠어요.(今日は配達アプリで蒸し鶏クーポンがあったので、蒸し鶏半羽を食べました。 すごくおいしかったけど、量が多くて残して残念でした。)」という彼女の日常のコメントが残されていた。

口癖

  • 「私はクールでかっこいい狐だからね」
    初期は「かわいい」と言われるとお礼を言った上で「でも」とこう続けていた。もちろんクールという韓国語があるわけでも日本語を間違って覚えているわけでもない。
    しかし2021年ごろからは素直に受け入れることが増え、龍が如くのセリフ読みではいわゆる萌え声も繰り返し使うなどかわいいと言われることに抵抗がなくなってきた模様。ガンガン言っていこう。
  • 그치(グチ)」(そうでしょう)
    語尾のようによく使う「グチグチ」はこれ。ニュアンスは「でしょでしょ」に近い。
  • 「シウバイのウバです、ウバウバ~」
    締めの挨拶として使われる。元々「ウバウバ」単体を使っていたが、新規リスナーにその由来を説明する定型句がそのまま統合された。
    挨拶の際には韓国語でも「시우바이의 우바요. 우바우바~」と合わせて説明している。
    • スタンプの『시하』も同じような理由でSiu Hiから시하(シハ)ときている
  • 「わたしオタクじゃないけど」
    うっかりオタク知識を披露してしまったとき、日本語で弁解する。
    韓国ではいまだにオタクへの風当たりが強いらしく、それをオタクの基礎知識である日本語で弁解するというところまでを含めたネタ。

参加していたユニット一覧

参加していたユニット一覧

主な関連人物

チェ・アラチェ・アラ

  • NIJISANJI KR2期生同期。
  • 女好き下ネタ好きの彼女には振り回されがち。

ソ・ナギソ・ナギ

  • NIJISANJI KR2期生同期。
  • わがまま放題のお嬢様には振り回されがち。

ガオンガオン

  • NIJISANJI KR1期生の先輩。
  • シウは2期生・3期生から軽く扱われがちな彼に「(ヒョン)(兄)」と敬称をつけて呼ぶ。が、これは男性が年上の男性を呼ぶ場合の敬称で、普通は女性から呼ぶ場合「오빠(オッパ)」をつける。
    ガオンのチャンネルで行われるKR映画部で顔を揃える。

ミン・スゥーハミン・スゥーハ

  • NIJISANJI KR1期生の先輩。
  • お互いゲーマーということもありよく一緒にゲームをする仲。
    その縁でコラボは比較的多く、イ・ロハを加えた「SUSIRO」、シン・ギルを加えた「深夜部」、バン・ハダを加えた「SBS」と3つのユニットに二人で所属している。

イ・ロハイ・ロハ

シン・ギルシン・ギル

  • NIJISANJI KR4期生の後輩。ミン・スゥーハを加えた3人で「深夜部」というユニットを組んでいる。
    彼もまたかなりのゲーマーであり、スハと同じくコラボが多い。マイクラで鉢合わせても気軽に話しかけるなどお互いに気心が知れた仲。

バン・ハダバン・ハダ

  • NIJISANJI KR5期生。
  • お互いにTwitchでは配信終了後にRaid(自身の配信の視聴者を他配信者の配信に流す機能)しあう関係。
    • シウのAPEXランクマッチを応援している。
    • Twitchで5時間に渡るAPEXコラボもしている。
  • VR主催のAPEXカスタムマッチ大会でチーム「SBS」を組み、見事総合1位、チャンピオン3回獲得する成績を残した。
  • Rigカップではハ・ユンとともにTKTというチームを結成しフルKRメンバーで参戦した。

ハ・ユンハ・ユン

  • NIJISANJI KR6期生。
  • APEXをはじめArkなどさまざまなゲームやコラボで顔を合わせる。
  • Rigカップではバン・ハダとともにTKTというチームを結成しフルKRメンバーで参戦した。

NIJISANJI EN

Selen TatsukiSelen Tatsuki

  • NIJISANJI ENニ期生。
    • 後輩のリュ・ハリリュ・ハリとともにAPEXコラボ配信をした。主言語は英語でコミュニケーションを取っている。
    • 彼女のことを오빠(オッパ、女性が年上の”男性”に使う「兄さん」という意味の言葉)と呼ぶ。
    • 彼女の誕生日配信にボイスメッセージを送った。

にじさんじ外でコラボをした人

Aka

  • 韓国人のAPEXプロプレイヤー。G7が世界で一番上手いプレイヤーと言われており、APEXシーズン3の世界記録保持者。
  • TwitchのRaidシステムで知りあう。よくTwitchでコラボしており、その知識、技術を学んでいる。

動画一覧

YouTube 他チャンネル Twitter ツイキャス 🔒非公開

ライブ配信(アーカイブ)

2020年

2020年

10月

10月

2021年

2021

10月

10月

2022年

歌動画

フリーチャット

イラスト

  • イ・シウ

    設定画

    アラシウナギイラスト

    自画像1

    自画像2

    自画像3

    自画像4

    新衣装原案ラフイラスト

  • 凪白みと

    2020誕生日記念イラスト

    2021誕生日記念イラスト

    卒業イラスト

  • NIJISANJI KR

    誕生日ボイスパックイラスト

    秋のおでかけボイス2021イラスト

  • 梅之シイ

    新衣装設定画

    誕生日ボイスパックイラスト

    卒業イラスト

投稿動画

2021年

2021年




*1 백수(ペクス)は韓国語で「白獣」「白手」が同音になることを利用したダブルミーニングになっており、白手は失業者・ニートを指す。
*2 この公式紹介文はグループ所属ライバーの中で最も短い。