반하다 (バン・ハダ / Ban Hada)

Last-modified: 2021-10-24 (日) 16:13:47
AHOY🏴‍☠️!

Icon from: いちから株式会社 にじさんじ公式メンバー一覧
主な活動場所
ハッシュタグ配信用:#hada_live
切り抜き動画・スクリーンショット用タグ:#cliptain
ファンアート:#hada_art
センシティブタグ:#netoreru旧タグ:#ratedARR
ボイス感想タグ:#hada_voice
食事共有タグ:#tabereru
音楽共有タグ:#galbi_tunes
ミーム(ネタ投稿)タグ:#kusareru
話題を共有したいときに使うタグ:#osusureru
誕生日タグ:HAPPYHADADAY0830
ファンの呼称等ファンの呼称:kaizocrew(カイゾクルー)
ファンマーク:🏴‍☠️
公式紹介文
바다를 건너 여행하는 것을 좋아하는 해적 선장 반하다! 어릴 때부터 여러 나라를 놀러 다닌 덕분에 언어 배우는 것을 좋아한다! 특징은 길치에다가 강한 게임중독, "한 판만 더" 병에 걸렸다.

illust:刀彼方(@clash_crash)

目次

紹介

  • NIJISANJI KRの一員。5期生。リスナーからは「キャプテン、Capt」と呼ばれる。
  • バーチャルオーストラリアで生活しており、英語はかなり堪能。リスナーも英語圏の人がかなり多く、それ故配信内でも韓国語より英語のほうが喋る頻度としては多い。かといって日本語がわからないというわけではなく、基本的な日本語や簡単な漢字なら読むことができ、難しい漢字やわからない単語が出ても自ら翻訳にかけて調べたり貪欲に日本語を学んでいる。
    • 配信中に自身が話題を出す時は日本語、韓国語、英語とそれぞれの言語で話してくれる。コメントへの反応は日本語のコメントなら日本語で、韓国語なら韓国語でコメントを返すなど器用に三ヶ国語を使いこなす。
      韓国語で話す時は韓国語で考え、英語で話す時は英語で考えているという。怒ると韓国語ばかりになるらしい。
      家では韓国語で家族と会話しており、ゲーム中のリアクションで出てくる言語はランダム。すごい。
    • 日本語の勉強は韓国語と似ている単語が多いため韓国語で覚え、発音は英語を使い覚えている。(ハングルではtsu(つ)など正しい表記ができないため)
  • 韓国語にもわからない単語がたまにあるらしく、リスナーに韓国語でなんというか聞く場面も。オーストラリアに移住してかなり年数が経っていることが推察される。
    • 子供の頃からオーストラリアにいるがクリスマスは冬のイメージが抜けないようだ。(オーストラリアは南半球に位置するので季節が真逆となる。)
      NIJISANJI IDの拠点であるインドネシアは赤道直下に位置するため季節の差異がすくないが、オーストラリアは日本とはほぼ真逆の季節になるため他海外ライバーと比べても季節の違いを雑談などで感じることがある。
  • オーストラリアに住んでいるため、やはり使用する英語もオーストラリア訛りとなっているようだ。
  • 落ち着いた物腰や堪能な語学力から大人びた印象を受けるが、少女漫画が好きだったり、涙もろい一面があったり、ゲームをクリアすると無邪気にはしゃいだりとまだまだ少女らしさを覗かせる。
  • 帽子や上着は今現在着脱不可の模様
  • 海賊船の船長だが、お酒には強くないらしい。
  • 両親と2匹の犬と暮らしており、配信中も元気な犬の鳴き声が聞こえることがある。
    犬の犬種はMinifoxyとのこと。(細かい犬種は不明)
    母のことは「バンママ」、父は「バンパパ」、兄は「おにいちゃん」と配信内では呼んでいる。
    両親ともに彼女の配信を視聴しており、母に至ってはメン限で何を話しているのか気になってメンバーシップに加入しようかと悩んでいるらしい。
  • ライバーにしては珍しく健康的な食生活をしており、エナジードリンクやコーヒーは飲まずお茶派。お酒も苦手なようだ。
    何もしない日は1食で事足りるとか。ただし配信中にお菓子はたべる。
  • 2021年6月23日、海外掲示板「Reddit」にて初投稿。海外リスナーに暖かく迎えられた。
  • 2021年7月18日にTwitchにて自室を初公開した。
    窓からは一面の海とマストを支えるロープが見えるがなんと船上である。
    部屋には配信で使われるSwitchが設置されている大型モニタやデュアルディスプレイとPC、海賊をイメージさせる海図や船のハンドル(ステアリングホイール)、パイレーツピストルなどが随所に飾られている。
  • 配信に慣れてきた最近ではよく食べ物を食べながら配信をするように。
    その影響か配信中の話題やチャット欄は食べ物の話題がこころなしか多くなってきた。食べ物ASMR
    (コラボでも平然と食べる)
  • 得意な歌、好きな歌はラップ調の歌や韓国の曲。アニメの曲はそれほど詳しくないらしい。
    歌詞は日本語、英語、韓国語と曲によっては複数用意する。
    日本の歌も歌えるが、用意した歌詞の日本語は漢字があったり曲のテンポが早すぎたりで読めなかったりと、歌というより読む方が難しく感じるようだ。
    • ヨルシカの「だから僕は音楽を辞めた」を聞き日本の歌をハマり始めた。
  • NIJISANJI KRがBoothで販売しているボイスでは日本語、韓国語の他に英語でも販売している。
  • 現在大学生で海賊学科(?)に通っているという。

配信について

  • 配信画面内の時計のタイムゾーンはオーストラリア東部(AEST UTC+10)を採用しており、時刻は日本・韓国より「1時間」早い。配信予定などはKST(=JST)で告知してくれている。
    (日本と韓国では”年月日”の順だがオーストラリアでは”日月年”の順番で表記されるため、Twitterでの告知日が日本人や韓国人からすると違和感を感じる表記になるので、彼女自身も意識して”年月日”の順で告知してくれているようだ。)
  • また、他のKRメンバーとは違いオーストラリアではサマータイムが実施されるため時差に気をつける必要がある。(期間は10月の第一日曜日の午前2時~4月の第一日曜日の午前3時)
  • Youtubeでの配信は数日前~前日までには枠を取りTwitterで宣伝している。
    Twitchでの配信やYoutubeのメン限はゲリラ的に行われることが多くTwitterではなんのゲームをするかなどもタイトルに書かないことが多い。
    • 悪天候の時は回線が安定しなくなるため配信を中止することがある。中止する場合は事前にTwitterで報告がある。
  • 英語の訛りはもちろん、配信中の話題には自身が住んでいるオーストラリアの話題もあり、海外展開している意外な日本企業の名前が出たり、日本には当たり前のコンビニがなかったり、他の国の英語圏リスナーとの文化の違いも話題になったりと非常にグローバルな配信が見られる。
  • 配信時の挨拶は「AHOY!」「こんれる」
    • こんれるについて
      「반하다(バンハダ)」の意味は「惚れる」。つまり名字は「惚」、名前は「れる」…これからは「レル」ちゃんと呼んでいいですかというマシュマロが届き、そこが由来となり「こんはだ」→「こんれる」となった。
  • KRの枠を超えた国際交流コラボに積極的に参加している。主に英語を主体としたコミュニケーションを取るコラボに参加しており、徐々にコミュニケーションの輪を広げている。
    • にじさんじ外の英語圏Vtuberや、最近Vtuberの存在が根付いて勢いのついてきた韓国のVtuberなどともコラボを行って交流を増やしている。

ゲームについて

  • 遊ぶゲームについてはFPSや音ゲー、JRPGなど幅広く遊ぶ。
  • FPS
    • APEXでのライバーとなる前の最高ランクはダイヤ。
      海賊らしくケアパッケージ(希少な物資が入った空から降ってくる箱)には目がなく敵がいて射線が通っている地においても駆け寄ってしまうことも…
    • OVER WATCHを初プレイしたその翌日にKR,IDとの国際コラボに参加する暴挙サプライズを披露した。
  • Minecraft
    • 探索に出たときには動物に目移りして迷うことになったり自身のプロフィールに違わぬ迷子っぷりを見せる。
      配信外で自身の家を建てるなどわずかながらもKR鯖の発展に貢献しているようだ。
  • 原神
    • 「ディルック」と「ガイア」というイケメンキャラに心を奪われるシーンも。イケメンには弱い海賊らしい。
      イケメンが出るシーンでは口を開けて無言で見惚れているので、チャット欄に👀(Twitchなど海外の配信で見られる、コメントはしないけど見ているよ、という絵文字)が流れることも。
  • スーパーマリオ3Dワールド
    • 固定カメラによる空間把握の難しさと特徴的な慣性がつくキャラコン故に何度もゲームオーバーを繰り返す羽目に。彼女にトラウマを植え付けた。サムネイルからもだんだんとテンションが低くなっていくのが伝わる。
  • Duolingo
    • 無料言語教育ウェブサイト「Duolingo」を使った日本語勉強配信では、彼女の日本語力を見られる他、韓国語と日本語で似ている単語を知ることができたり、文法上の違いを聞けたりと彼女のトリリンガルスキルを遺憾なく発揮できる配信コンテンツとなっている。
  • リズムゲーム
    • 「DJ MAX」「RHYTHM DOCTOR」などをプレイ。
      「DJ MAX」ではゲームに収録されている「DEEMO」の曲が好きで配信中何度もプレイした。
      また、後に「DEEMO-Reborn-」を初めから9時間40分の時間をかけ一気に最後までプレイするほど気に入っているようだ。
  • LEAGUE OF LEGENDS
    • Youutbeでの配信頻度は少ないが、Twitchや他ライバーの配信でプレイすることがある。
  • ホラーゲーム
    • あまり得意ではないようだがLittle Nightmaresでは常に愉快(?)そうにプレイ。ギミックは難なく解いたりと怖さ以外には特に問題はないようだ。(DLCプレイ後、その結末に非常に大きなダメージを負ったようだ…)
      他にもPhasmophobiaをTwitchでKRライバーと共にプレイした。
  • 雀魂
    • 初心者だが最低限のルールと手牌の切り方は理解している模様。Youtubeでの雀魂配信は国際コラボが初。
      初心者ながら1戦目では3連続で上がり見事1位となった。
      Youtube初配信前にTwitchでKRメンバーとコラボしている。

プロフィール

  • 年齢:大人(成人済)
  • 誕生日:8月30日
  • 身長:165cm
  • 言語:韓国語、英語、日本語(たぶん?)
  • 子供の時から海を渡っての旅行が好きだった少女!成人になったので一人旅に出るが、バーチャルオーストラリアで道に迷ってしまった。一人になっていろいろな人に合うためにデビューを決心した!(初配信より)
  • イメージカラー: #FFF9B0にじさんじ公式サイト」の背景色に基づく
    • イメージカラーを服の青にしようと思ったが、黄色のほうがいいと思い黄色にしたとのこと。黄色は肩章の色のこと。

エピソード

  • 初めてのAPEX配信では初戦でいきなりチャンピオンを取り鮮烈なデビューを飾った。
  • MINECRAFTではKR鯖にて、自身が海賊であることから居住地として海上に船を建築していたが、後にKR鯖の土地がごちゃついているとのことで街全体の移転が決定。
    完成前に新天地へと移ってしまったが、現在では新たな町の象徴の一つとして教会建築に手をかけている。
  • 同期のソン・ミアの初めてのAPEX配信中に「私を招待しろ」とメッセージを送ったが、無視された。
  • 配信タイトルや配信開始時に「ちょっとだけ」と短い配信時間であることをアピールするが、そこから2時間~4時間まで伸びることがザラにある。
    リスナーも「”ちょっとだけ”ね」と長引くことは覚悟している。
  • にじさんじにハマったきっかけはNIJISANJI ID所属の第一弾メンバー、Taka Radjimanのカラオケ切り抜きから。
  • 自身のにじさんじオーディションには5分程度のゲームクリップや歌動画を提出して合格したという(2021年7月8日、Twitchの歌配信にて)。
  • 2021年5月9日、VALORANT公式Twitterの新しいゲームモードのツイートに言及したところ、そのツイートにAzura Cecilliaが反応。
    5月11日、デビューからわずか12日で海外ライバーとのコラボを果たした。
  • 2021年6月5日に自身のチャンネル登録者数1万人記念配信を行った。
  • 2021年6月12日、リズムゲームの「RHYTHM DOCTOR」を初プレイ。音ゲーの概念をぶち破るゲーム内容(ノーツが急加速する、ノーツが見えなくなる、画面が揺れる、画面解像度が変わる、音が消える、音がバグる、画面もバグる。全て仕様である)にとうとう最後のBOSSステージでメンタルブレイク。しかし投げ出さずにEDまで到達。BOSS曲をクリアしたときの彼女の笑顔は必見。しかしED曲でも音ゲーに翻弄されるのだった
  • 2021年6月13日、「NIJISANJI_AmongUs」にじさんじ国際交流AmongUsコラボにてKRからリュ・ハリと共に参戦。
    1戦目、2戦目と不幸にも一人目の犠牲者となってしまったり、同じくクルー(一般人)であるはずのBonnivier Pranajaから「ベント見たよ(インポスターしか使えない移動手段)」と報告され吊られてしまいクルーが敗北したり不遇な目にあったが、ハリと英語で殴り合うなどKR勢代表としての英語レベルの高さを発揮した。(この世界生きたくない!)
  • 2021年6月26日、雑談配信にてハッシュタグの大幅な変更があった。(センシティブタグの変更、ボイスタグの正式な追加、食事共有タグ、音楽共有タグ、ミームタグ、recomend(おすすめ)タグの追加)
  • MBTI(性格診断テスト)では診断結果はINFP-T(仲介者型の性格)という結果が出た。
  • 2021年6月29日、Twitchで原神のガチャ配信を行った。無事楓原万葉を引き当て日本語、韓国語、英語ボイスをじっくり堪能した後、逆ハーレムパーティに加えた。満面の笑みである
  • 2021年7月1日、NIJISANJI ENElira Pendoraと「BIPED」で初めてコラボをした。
    • このコラボによりキャプテンが初めてENメンバーとソロコラボを果たした海外ライバーということになる。
  • 2021年7月10日、Twitchにて初めてOverwatchをプレイ。Apexの休憩がてらに「初めてやるゲームだから不安」と言いながら配信画面に現れたのはOWのタイトル画面。「闇のゲーム」と名高いゲーム故にリスナーからは驚きと心配(?)と期待の声があがった。
    配信内ではチュートリアルで各ヒーローのアビリティや武器を把握した後、ゲーム・ブラウザーモード(プレイヤーがルーム作成できる機能)で各国のカイゾクルー達としのぎを削った。
  • 2021年7月17日に行われたにじさんじ甲子園2021ドラフト会議では加賀美ハヤトにくじ引きにて8位指名を貰った。
    • 選手の反応
    • 社長の甲子園初配信をTwitchでValorantのプレイ後に同時視聴しオ・ジユのキャラクリエイトしているシーンなどを話題にしていた。
  • 2021年7月19日ににじさんじKR公式チャンネルにてAnswer in 5 seconds! Chiho,Hari,Kiru,Hadaに出演。KRの英語が得意な4人のライバーが英語で回答した。(字幕は韓国語のみ)
  • 2021年7月20日にチャンネル登録者数2万人耐久APEX配信をしたが配信開始直後に2万人を達成した挙げ句APEXが落ちまくり30分程度で配信を終えることとなった。
  • 初のカイゾクルー待望のASMRを披露した。通常マイクの集音率を上げただけのなんちゃってASMRであるがコメント欄は「tskr」等の興奮したコメントで沸き立った。
  • Little NightmareのDLCをプレイ後、その結末に大きなショックを受けた。その翌日の夕飯に母がソーセージを用意したらしい…。見ているな
    また、食事共有タグ#tabereruがソーセージで埋まったとかなんとか…
  • 2021年8月8日、VirtuaReal主催「APEX真夏のカスタム」にミン・スゥーハイ・シウと共にチーム「SBS」として参戦。
    2、5、6戦目1位と6試合中3回チャンピオンを取るという素晴らしい成績を残し、累計605ポイントで見事1位を獲得した。個人戦績は6位(KRチームで見るとなんと6試合中5試合もチャンピオンを取っている。)
  • 2021年8月14日、15日に行われた「にじさんじ甲子園2021夏」の裏でベルモンド・バンデラスが開いた応援配信枠に参加した。他のKRメンバー参加者はソ・ナギミン・スゥーハガオン明楽レイオ・ジユリュ・ハリ。(ナギは14日、ガオン、レイ、ハリは15日のみ参加)
  • 8月22日に行ったAPEX配信では通常のAPEX配信だったはずがElira Pendoraがチャットに現れそのまま参戦、その後Finana Ryuguもチャットに現れ彼女も参戦。にじさんじでも珍しいゲリラ国際交流配信をすることとなった。
  • 2021年8月30日に行われた誕生日配信では、カイゾクルーから募った歌って欲しい歌を歌ったり、HAPPYHADADAY0830タグを見てリスナーからの祝いのツイートを受け取ったりした。
    誕生日専用タグは同期のセフィナからの提案で作成したとのこと。
  • 2021年9月13日、APEXの大会REIGNITE CUP #2への参戦が告知された。
    チームメンバーはNIJISANJI ENからSelen TatsukiNIJISANJI IDからBonnivier Pranajaと共にチーム「Actual Gold Players」として参戦する。
    • カスタム練習日の14日、15日、16日は参加人数が一定を下回ったり、サーバー不調により開催中止になったりと幸先の悪いスタートとなったが、初対面の久檻夜くぅあきとシノライラのチーム「Bogoshipda」(あきとはoblyの代理として出場)と交流したり、Templex主催の少人数でのカスタムマッチに参加したり(1度チャンピオンになるも配信が回線の都合により切断されアーカイブには残っていない)、チーム「Bogoshipda」のメンバーとTemplexの7人で「Pummel Party」で蹴落としあい交流を深めたりとカスタム以上に意義のある時間となったようだ。
    • 大会カスタム練習が中止になった当日バーチャルゴリラカスタム飛び入り参加。同チームのBonnivier Pranajaがバンガロールを使いたいと言い出しSelen Tatsukiと言い合いになった際、キャプテンに「ハダはどちらが正しいと思う?今離婚の話をしているの」と仲の悪い夫婦と重ねバンガロールを使うべきか否かを問い質した。
      • キャプテンの答えは「I need help! chat!」。ちなみにチャットの答えは「おばあちゃんと住め」。
    • 2021年9月18日、REIGNITE CUP本戦ではBonnivier Pranajaが体調不良、Selen Tatsukiが時間差による寝不足、キャプテンがキーボードの不調という中、全敗と振るわない結果となってしまったが、二次会として今回の大会で交流の出来た久檻夜くぅあきと、OblyとVALORANTで新たにできた繋がりを楽しんだ。
  • 2021年9月18日、(ゲリラ的なコラボを除けば)初めてにじさんじ外と「Pummel Party」コラボを行った。メンバーはNana AsteriaYFUBABYKittyhanaRachie
  • 2021年9月28日ににじさんじJPメンバーと同じサーバーで「Ark」に参加。
    開幕イ・シウに折りの中に閉じ込められるところから始まり、死亡によりドロップしてしまったアイテムを拾うために今までテイムしたKaizocrew#1~#7や海外ニキ#1、#2を総動員し囮とすることでアイテムを回収したり、本間ひまわりの家にリスポーンしたことでスタックしてしまったりとなかなかの撮れ高冒険譚となった。
  • 2021年9月30日、TwitchにてPCモニターをセッティングする配信を行い、途中でケーブルが短いことに気づきチャットにいたハ・ユンにいきなりその場をつなぐように任せ自身はケーブルを探しに退場。ミン・スゥーハもボイスチャットに飛び入り参加して英語ができないハ・ユンを英語圏リスナーが多いキャプテンの配信での無茶振りのサポートをしたりもした。
    ハ・ユンが繋いでいる途中、ハユンとのVCはミュートにしたまま配信に復帰、チャット欄に「ハ・ユンかわいい、かっこいいって言って」と指示しチャットを韓国語、英語、日本語の「かわいい・かっこいい」一色に。ハ・ユンを照れさせた。
  • 2021年10月23日のマインクラフト配信でYoutube上で歌枠を歌う際、韓国の歌も歌えるようになったことを報告。KR運営のスタッフが頑張ってくれたことを褒め称えた。(ただし万が一のためメン限であれ現状アーカイブには残ることはないようだ)

主な関連人物

セフィナ

  • NIJISANJI KR5期生同期。
    4月30日デビュー配信後に同期のソン・ミアと共にGANG BEASTSで初コラボ。
  • マインクラフトやAPEXなどでもコラボした。

ソン・ミア

  • NIJISANJI KR5期生同期。
    4月30日デビュー配信後に同期のセフィナと共にGANG BEASTSで初コラボ。
  • マインクラフトやAPEXなどでもコラボした。
  • ミアのTwitchでのLOL配信で自身も参戦することがある。

ミン・スゥーハ

  • NIJISANJI KR1期生。
    VR主催のAPEXカスタムマッチ大会でチーム「SBS」を組み、見事総合1位、チャンピオン3回獲得する成績を残した。
    APEXの他にもLoLなどでコラボをよくしている。

ハン・チホ

  • NIJISANJI KR1期生の先輩。
  • APEXやVALORANTと、FPSゲームでのコラボを行った。
    なぜか(?)配信直後のコメント欄がチホを気遣うコメントで埋め尽くされることに…一体何をしたのだろうか
    #FREECHIHO
  • 先輩のメガネを奪ったことがある。→チホ「…」

ソ・ナギ

  • NIJISANJI KR2期生の先輩。
  • 5月15日のマイクラ配信にて初?エンカウント(ハダ本人の配信はなし
    英語を勉強したいナギに付き合い英語で話すが、現地で培われた圧倒的な英語力にナギのつよつよイングリッシュが敗北するというぎこちない出会いになった。お嬢、おいたわしや…

イ・シウ

  • NIJISANJI KR2期生の先輩。
  • お互いにTwitchでは配信終了後にRaid(自身の配信の視聴者を他配信者の配信に流す機能)しあう関係。
    シウのAPEXランクマッチを応援している。
    • Twitchで5時間に渡るAPEXコラボもしている。
  • VR主催のAPEXカスタムマッチ大会でチーム「SBS」を組み、見事総合1位、チャンピオン3回獲得する成績を残した。

リュ・ハリ

  • NIJISANJI KR4期生の先輩。
  • ともにKR随一の英語使いであり、互いに「NIJISANJI AmongUs」ではその英語力の高さを発揮した。

ハ・ユン

  • NIJISANJI KR6期生の後輩。
  • APEXやMinecraft、Arkなどでよく顔を合わせる。
  • 後輩故か彼の扱いは割とテキトーでこき使ったりもする。(そもそもKR男子の扱いが全体的に酷いだけか…)

にじさんじ

黛灰

  • にじさんじライバー。
  • 国際コラボで度々顔を合わせる。お互い国際コラボに積極的なためこれからも顔を合わせることがあるかもしれない。
    彼が「KR QUEST」に触れたときはKRメンバー総出で彼の配信チャット欄に顔をのぞかせた。

星川サラ

  • にじさんじライバー。
  • ハダの憧れのライバーの一人。

西園チグサ

  • にじさんじライバー。
  • ハダの憧れのライバーの一人。

オリバー・エバンス

  • にじさんじライバー。
  • 初めて顔を合わせたのはベルモンド・バンデラスがにじさんじ甲子園の裏で同時視聴配信を行ったとき。
    JPライバーが多く集まりネイティブの早い日本語が大量に流れ野球の専門用語も飛び交い難しい会話が飛び交う中DiscordでElira Pendoraと裏でチャットしていたところを、英語で話題を振ってくれたりとキャプテンとエリーラはかなり助かっていたようだ。
  • 他にも英語圏ライバーとの橋渡し役として活躍している彼とは甲子園同時視聴配信を除いたコラボではDBDコラボが初めて。

NIJISANJI ID

Hana Macchia

  • NIJISANJI ID第1弾メンバー。
  • ハダの憧れのライバーの一人。
  • TO THE MOON配信中に顔をのぞかせた。
  • 「NIJISANJI AmongUs」にて大人数とはいえ念願の初コラボとなった。後日配信したTwitchにてその嬉しさを語った。
    他にも麻雀でもコラボしており、交流を増やしている。

Azura Cecillia

  • NIJISANJI ID第3弾メンバー。
    記念すべき初のKRの枠を超えたコラボ相手。
    VALORANTやGARTIC PHONEなどコラボでよく顔を並べることがある。

Bonnivier Pranaja

  • NIJISANJI ID第4弾メンバー。
  • ハダのメンバーシップ解禁配信にて、なんと配信を行っているメインアカウントでメンバーシップ登録をしてしまいハダが困惑した。
    Capt「umm…Hi!」Bobon「wait, wrong account」
  • 「NIJISANJI AmongUs」にて無実のハダを追放してしまいリスナーからは「Betrayal(裏切りの) KaizoCrew bobon...」と、メンバーであることをネタにされた。
  • APEX大会「REIGNITE CUP #2」参加にあたり初めてコラボをした。
    • キャプテンのパパになった。大会翌日の彼の誕生日凸待ちにもパパネタで凸った。

Mika Melatika

  • NIJISANJI ID第6弾メンバー。
  • キャプテンのことを「Ban Hihi」「Ban Haha」など名前いじりをしたりする。
    配信などでもチャット欄に顔を覗かせる。
  • DBD国際コラボで初めてコラボで顔を合わせた。

NIJISANJI EN

Elira Pendora

Selen Tatsuki

  • NIJISANJI ENニ期生。
  • APEX大会「REIGNITE CUP #2」参加にあたり初めてコラボをした。
    • このコラボでセレンと交流のある久檻夜くぅのチームとも交流したり、カスタムマッチでのアリーナに参加したりオブザーバーとしてアリーナ観戦したりと非常に貴重な経験をすることができた。
    • キャプテンのママになった。

にじさんじ外でコラボをした人

Templex

  • Twitch配信中に唐突にRaid(自身の配信の視聴者を他配信者の配信に流す機能)をしてくるという奇妙な出会いを果たす。
  • APEX大会「REIGNITE CUP #2」ではカスタム練習がサーバー不調や参加人数規定未満で中止となったところを少人数カスタムを開いたり「Pummel Party」でマルチプレイしたりと、中止続きで参っていた参加者のモチベーション向上に貢献した。

Ak1to(あきと)

  • APEX大会「REIGNITE CUP #2」のカスタム練習でチーム「Bogoshipda」のOblyの代理として参加。
    彼の柔和な性格ゆえか大会終了後のValorantコラボでは会って2回目にも関わらずかなり打ち解けた様子。

久檻夜くぅ

  • Re:AcT所属のタイ語・英語・日本語が話せるトリリンガル海外Vtuber。
    Selen Tatsukiとの交流関係から繋がりを持った。RigCupがゲームのサーバー不調で雑談枠と化したところからゲームコラボや大会後の二次会まで共に楽しんだ。
    散々だったRigCupから生まれた貴重な関係。

망개(マンゲ)

  • 韓国のVtuver。
    TwitchにてValorantで先輩のハン・チホとコラボをした。日本語は勉強中だという。
    韓国の配信者はVtuber、ストリーマーに関わらずTwitchをメインに配信、その切り抜きをYoutubeに上げるのでYoutube上では長時間のライブ配信のアーカイブは残っていない。

Nana Asteria

  • ENのVSinger。
    Twitchでゲーム配信、Youtubeでショート動画、歌配信などの活動をしている。
    YFUBABY、Kittyhana、rachieとPummel partyコラボを行った。

YFUBABY

  • Virtual Music Artist。
    Youtubeではショート動画を中心に投稿しspotifyなどの音楽配信サイトで自身のオリジナル楽曲などを提供している。
    Nana Asteria、Kittyhana、rachieとPummel partyコラボを行った。

Kittyhana

  • ENのVtuber。Twitchをメインに活動している。
    Nana Asteria、YFUBABY、rachieとPummel partyコラボを行った。

rachie(れいち)

  • 様々なVtuberとコラボをしている歌い手兼Vtuber。
    Nana Asteria、YFUBABY、KittyhanaとPummel partyコラボを行った。

名言

  • AHOY!
    • 海賊流の挨拶。配信開始時にリスナーとキャプテンの間で挨拶として使われる。
  • こんれる
    • ライバーの配信開始時に使われる「こん○○」の派生。こちらも配信開始時に挨拶として使われる。メンバー専用のスタンプ「こん」「RERU」で打つこともできる。
  • バンニョンハダセヨ(반녕하다세요)
    • 안녕하세요(アンニョンハセヨ、こんにちはの意味)とバン・ハダを組み合わせた挨拶。
      頻度としては「AHOY!」「こんれる」などのほうがよく使われるがコメントに流れた際にはしっかりと返事をしてくれる事が多い。
  • カムサれる
    • 감사(カムサ、感謝の意味)と"れる"を組み合わせた言葉。そのまま感謝の意味で使われる。
  • ちょっと a minute
    • Just a minute(ちょっとまって)の日本語と英語を組み合わせた単語。
      配信直後の画面がなかなか映らない時など、比較的多く使われる。
  • ちょっと a bit
    • a bit(ちょっと)を日本語と混ぜたちょっと a minuteの派生系。
      a bitだけで「ちょっと」という意味なので「頭痛が痛い」などと同じ重言になるが語感がいいのでたまに見られる。
      キャプテンの「ちょっとだけね」といいながら長時間配信になってしまうところをネタにしている。
  • Walk the Plank
    • 直訳すれば「板を歩く」ということになるが、意味は「板歩きの刑」いわゆる死刑である。
      語源は海賊が船から突き出た板の上を歩かせ海へ落とした処刑方法から来ている。
      キャプテンがトロール行為をしたときや、スパムが来たときに隠語として使われることがある。メンバー専用スタンプにも存在する。
  • 응애
    • ”おぎゃあ”という意味。赤ちゃんの泣き声。
      こどもっぽい声や言動を見せたときに主に使われる。メンバー専用スタンプにも存在する。
  • 「うにゃっ!」
    • ゲーム中、自身が苦境に立たされる時、苦しいときに口から漏れる鳴き声。かわいい
  • 「そうですよねー」
    • 日本語のコメントに相槌を打つときによく使う口癖。
      日本語をしっかり理解してから返事をするので、難しそうだと感じた時は漢字の読み方や意味を英語や韓国語で伝えてあげよう。
  • 「brrrrrrrrrrrr」
    • リップロールのこと。長考するときに出てしまうことがあるようだ。
  • 「ヘヘッ、ゥオッホォォォウ、イェッヘェェェェェイ!」
    • APEXに登場するキャラクター「オクタン」のフィニッシャーボイスのモノマネ。かわいい
  • 「そんなBAN HADA」
    • Elira Pendoraがコラボ時に放った古臭い日本のネタ「そんなバナナ」から派生した単語。
      Siska Leontyneと三人でコラボしたときに「バナナ」ミームがキャプテンの配信でも発生、そこから「そんなBAN HADA」へと派生した。
      使い方はそのまま「そんなバカな」と同じ。
  • 깜짝이야(カムチャギヤ)
    • ”びっくりした”という意味。ホラゲーやFPSなどジャンルに関わらず驚いたときに使う。
      この単語に関してはコラボ配信であっても特に日本語や英語よりも使用する頻度が高い。
  • RERUちゃん
    • PORTAL初配信の日、ネット環境が悪かったらしく自身の姿がうまく動かず反映されなかったため代わりに自身のアバターとして登場した動かない方のキャプテン。
      普段の配信でもたまに動かず、十数秒後に高速で動いて同期するなど調子が悪い時は多々あったがとうとう動かなくなってしまった結果生まれてしまった存在。
      後ほどネットの改善を行い無事’’Hada’’として再び配信をすることができるようになった。

チャット欄で見られるスラング

チャット欄で見られるスラング

  • Pain
    • Painreruとも。Pain(痛み)という意味だが使い方としては、キャプテンが失敗した時、そうはならんやろ…というようなゲームプレイングをしたときに見られる。
  • F
    • 誰かが死んだときに哀悼の意を表すために使われる。シリアスな場面でも茶番でも使われる。Twitchの配信は様々な配信者のチャット欄で見られるスラング。
  • E(E to Believe)
    • だれかを信じるときに使われる。こちらもTwitchでよく見られるスラング。
  • POG
    • 驚いたり興奮するような衝撃的なプレイをした時に使われる。こちらもTwitchでよく見られるスラング。
  • MonkaS
    • ホラーゲームや白熱した戦いのとき、ドキドキしているときに使われる。
      特徴的なカエルの顔のスタンプでも表され、Twitchでよく見られるスラング。メンバー専用スタンプにもそれを元ネタにしたスタンプが存在する。

イラスト

  • 刀 彼方

    担当報告イラスト

    1万人登録記念イラスト

    誕生日記念イラスト

  • セフィナ

    誕生日イラスト

  • ヤン・ナリ

    誕生日イラスト

  • Siska Leontyne

    誕生日イラスト

活動場所

動画一覧

■YouTube ■他チャンネル ■Twitter 🔒非公開

ライブ配信(アーカイブ)

2021年

05月

05月



}}}