Top > バードハンター
HTML convert time to 0.006 sec.


バードハンター

Last-modified: 2018-07-19 (木) 02:26:04

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【バードハンター】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「近頃は世間知らずのにわかニンジャが増えてかなわん」


人物 Edit

  • ネオサイタマに生きる、フリーランスのニンジャ賞金稼ぎ。
  • 第2部最終章以降のディセンションブーム(?)で増えた、力を無軌道に使う未熟なニンジャを狩って荒稼ぎしていたようだ。
  • フリーランス故にいろいろ勢力間で渡り歩いたり苦労したと見え、未熟な癖に無為に力を行使し、その結果自分に狩られるニュービーを英雄気取りのクズと見下している。
     
  • 彼はその日もニュービー・ニンジャを得物でさっくり斜めに両断し、賞金をゲットしていた。そこにニンジャスレイヤーと名乗るニンジャが現れ……。

外見 Edit

  • メンポと覆面をつけている。
    • 物理書籍版に掲載されたイラストでは、ズボンの膝部分に「鳥」「葬」の二文字がショドーされている。

元ネタ・考察 Edit

  • 名を直訳すれば「鳥の狩人」となる。そのまんまな。
  • あるいはイラストにあるように「鳥葬」の意か。チベット仏教における葬儀の一形態であり、古くはゾロアスター教にルーツをもつという独特な葬儀法。
    • その内容であるが、「死体をバラして屋外の台に置き、肉食の鳥に食べさせる」という、グロ重点なものである。詳しくは検索推奨な。

ワザ・ジツ Edit

  • 得物の影響で、どうにも「実戦空手道とブーメランを組み合わせたまったく新しい格闘技」めいたアトモスフィアが漂っている……。

ブーメランブレード Edit

  • 切れ味鋭い刃を外縁に仕込んだ、人を真っ二つにぶった切れるほどの大型ブーメラン。
    • 街路灯をぶった切っても弧を描いて戻ってくるという中々の業物である。ニンジャ筋力恐るべし。
    • 取り回しは難しかろうが、投げずに振り回すことで近接武器としても使える。ある程度は遠近自在に戦えるあたり彼のワザマエの冴えが伺える。

ストーリー中での活躍 Edit

「ネタバレは比較的ベーシックなジツであるゆえ玉石混交」

一言コメント

バードハンターは刃の血を拭うと、背後を浮遊するコメント欄を振り返った。