ローゼンベルグ

Last-modified: 2020-01-17 (金) 14:08:47

◆noteエピソードの登場人物◆詳細を書きすぎないように◆本編を読み、知ろう◆

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0214 【ローゼンベルグ】 ◆殺◆
ローゼンベルグ・オウゴンオニスタッグ昆虫の力と人間の力を組み合わせたバイオニンジャ(全長2メートル)。奥ゆかしい職人気質で、辛抱強く分別がある。また人間かニンジャかを問わず、全てのサワタリ・カンパニーメンバーに対し敬語で接する。

登場エピソード Edit

 

「役に立つかどうかはわかりませんが、自分でよければ、お供いたします」


人物 Edit

  • サワタリ・カンパニーに所属するバイオニンジャ。本社周辺の偵察を主な業務とする。
  • 奥ゆかしく辛抱強い性格の持ち主であり、誰かが話をしている時には決して口を挟まないことで知られている。その口調は極めて丁寧なもので、常に敬語を使って話す。

外見 Edit

  • 身長2メートル超の逞しい体格。迷彩ニンジャ装束を身に纏う。
  • その外見はクワガタに酷似しており、オウゴンオニクワガタの頭と昆虫じみた黒く丸い目を持つ。

元ネタ・考察 Edit

  • ローゼンベルグ(Rosenberg)はドイツの地名・人名であり、直訳すると「薔薇の山」となる。
    • ニンジャ名鑑に記されているように、彼の素体となったローゼンベルグオウゴンオニクワガタから取った名前だろう。

ワザ・ジツ Edit

  • 柄頭を繋ぎ合わせることが出来る特殊なカタナを武器とする二刀流の使い手。
  • そのワザマエは卓越しており、防弾ガラスを容易く貫通する斬撃を繰り出す他、カタナを高速回転させて銃弾を弾くことも出来る。
  • オウゴンオニクワガタ由来の羽根を使って短距離飛行も可能。

一言コメント

「つまり彼らは、よく忘れてしまうのですね? なぜ自分たちがコメント欄に投稿しているのかを」