Top > 大神博之
HTML convert time to 0.015 sec.


大神博之(おおがみひろゆき)

Last-modified: 2018-09-09 (日) 20:35:06

 大神美智男の息子。
 一見すると短気できつく友好的でない性格のように見えるが、気を許した相手には親しげで人がよい面を見せる。また、野球に対しては真剣な人物。
 運動神経抜群なだけでなく、父親譲りの才覚、責任感が強く面倒見のいい性根の持ち主。
 しかしこれが災いし、周囲の期待を振り切って自分勝手に生きる事がどうしてもできない。




パワプロクンポケット4 Edit

 3年目に日の出高校に転入する。最初はオオガミの施設の建設の視察に来ただけであったが、主人公(4)らに野球に誘われる。野球はダサいと一度は断るが隠れてダメダメの野球部のプレーをこっそり見たりしていた。

 

 実はチョコレートアレルギーという珍しい体質にかかっている。
 山田がチョコエッグ収集について主人公(4)に語っていた所に偶々鉢合わせてしまい、そのときにチョコレートに反応して咳をしてしまうことで発覚する。主人公(4)が入院中だと大神が港に居た際におばちゃんがチョコレートを持って通り掛かった事で病院に担ぎ込まれ、それで発覚する設定に成っている。
 過去に野球をやっており名をあげていたが、いやがらせとして試合の際にパウダーチョコをまかれたことがあり、それで試合に出られなかったことでチームとの折り合いも悪くなってしまったことで野球をやめていた。
 それに対して「そんないやがらせをする人はそんなにいないだろうし、こっちが誘ったんだから仮にいやがらせがあった時は無理に出なくても君だけに頼らずチームで何とかするから一緒に好きな野球をしよう」という主人公(4)の説得もあり結局は入部する。
 その家柄のおかげで何かと財力を見せつける場面が起きてしまい、その所為で島岡と殴り合いになるものの、その後は野球に対する姿勢は同じと分かり合い仲直りと、青春物のお約束な展開もあった。
 
 後に高校の超エースとして名を知らしめる。

 

 夏の大会の後は日の出高校の野球部は大神一人という状況になるも自分の代で潰すのが先輩に申し訳ないと思い頑張り立て直したらしく、日の出高校が甲子園優勝した事も有り、プロを目指す生徒達が態々本土から離れた日の出島の日の出高校に来て、部員も結構集まったらしい。
 その時に、卒業後は日の出高校で監督をやると言っていたが父が球団を買い取って指名したこともあり結局はプロに行くことになる。


パワプロクンポケット5 Edit

 2年目に大神モグラーズにドラフト一位で入団する。5の攻略本によると(おそらく1年目の時点で)18歳。
 相変わらず短気な性格。父親が球団オーナーである事と、成績が伸びないことからプロ野球ファンからヒイキとの声もあった。
 シーズン後半になるとペースを上げ、気づけば2桁勝利を上げて新人王を獲得する。
 その後も徐々に力をつけており、プロ野球ファン曰く、「近いうちに日本球界を背負って立つ選手になる」とのこと。

 

 ちなみに小杉優作時代での経験からアドバイスをする主人公(5)を、周りが万年ダメ選手が先輩風を吹かせていると取っている中、何か特別なもの(小杉時代の風格)を感じ取り、初めから真面目に話を受け取り信頼もしていた。
 また、この頃はオーナーの息子ということでチーム内でも影では思うところがあったらしく、主人公(5)が大神と親しくしているとオーナーの息子に取り入っているとみられて反感をもたれるというイベントがあった。


パワプロクンポケット8 Edit

 150km/hを超える速球と変化球のキレは健在しホッパーズ屈指の右腕エース。
 相変わらずの性格でゴシップの類の話題が少ないため、逆にマスコミやメディアによる虚偽報道が多く折り合いが悪い。
 それでも最優秀防御率やゴールデングラブ賞、2桁勝利を何度もするなど、球界を背負って立つには上々の結果を残している。
 ホッパーズの一軍バステロ事件のシーズン中盤に、サイボーグ同盟の一員に車に時限爆弾を仕掛けられる。
 父親に野球をやめてオーナーを継げと言われているため、父親とは仲が悪くなっている。
 後継者にしたい理由については強い説得力を持つ血のつながりを以て正式な後継者に指名することで、後継者を狙っての大神内部の競争を防ぐためと父親から説明されていた。
 しかし、本来は後継者に指名する予定ではなく対外的なポーズをとっていただけである。
 後に本当に後継者として良い人材と感じるようになり正式に後継者と発表された。
 このことは世間では、「大神会長も、やはり人の親であった」などと受け取られているが、『冷徹な計算の末であることは間違いない』とアルバム内で語られている。
 後継者がはっきりしたことで大神グループ内の権力闘争は弱まり、その巨大な企業体は、あらゆる部門で他社に攻撃をかけはじめることになった。
 ホッパーズ解散を聞いたときには主人公(8)湯田、チームメイトと共に優勝することを目指すなど野球に対しての真摯さは変わっていない。
 また、その際に解散について何も聞いていなかったのかと詰め寄られたときに「父が自分にそんなことをいうわけがないでしょう」と言って納得されていることから、5の時とは違って父親との関係はチーム内にも知られているようである。


パワプロクンポケット11 Edit

 父親が死去したためパワポケ10の3年目にプロ球団のホッパーズを引退し*1、父の後を継ぎホッパーズのオーナー且つオオガミの会長に就任する*2
 しかし「野球か…僕も野球選手に戻りたいよ」との発言から、野球にはまだ未練が残っている様子。
 亡き父の命令により作られた灰原の改良型の犬井が護衛として共に行動している。
 オオガミに闇の部分があったことに驚いていた為、その方面に関しては犬井に任せている模様。しかし、博之がオオガミ会長就任した事でオオガミは悪の組織から善良な組織に生まれ変わった。
 ジャジメントグループの経営するナマーズには敵視をしているが、ナマーズの選手には優しい一面を見せる。
 神条紫杏の社長としての能力が年相応のものではないことから、どこかで誰かと入れ替わっていることを見抜いていた。また、クライマックスシリーズの試合後、紫杏の態度から、紫杏には父親の記憶のみが受け継がれており、人格のことについては演技だった事にも気づいた。その際「あんたは人並みに優しいよ」と紫杏に言った事から、まだ紫杏に良心が残っていた事を見抜いていた。
 なお、ホッパーズの監督である北条の事を嫌っており、何とか解雇しようと企んでいたらしい。ただし、自身の良識さゆえか強権をもって一方的に解雇するようなまねはできず、クビにできる口実を探していた。
 正史ではホッパーズがナマーズに敗北した際に北条が自ら辞意を表明しており、しつもんコ~ナ~いわく*3クビにする口実が必要なくなり喜んだそうだ。


パワプロクンポケット12 Edit

 ツナミ日本支社社長として働いている。犬井やカイからはツナミ会長への就任を要請されているが、拒否の姿勢を貫いている。また、「一撃計画」については、「現在のツナミの影響力を駆使すれば人類の危機など乗り切れる」という絶対拒否の姿勢を示している。
 プロフィールによるとツナミの裏に薄々気付いているが、それが氷山の一角に過ぎない事は想像だにしていない、らしい。
 また、前会長の死は知らされていたものの、デウエスの存在については知らされていなかった。
 社長としての能力は高く、また、権力の座についても、健全な感覚を維持しているところから、犬井やカイからもツナミの会長に相応しいと思われるほど。
 パカーディのイベントでは、周囲の人間の話からベストの判断を下してルッカ達の活動資金を総取りしたが、そのことでツナミが更に大きくなったことを心配しているようだ。利益分散を考慮して公共事業に大量の資金を投入しようとしたが、その受け皿になる会社もツナミ系列と聞いて、今更ながらにツナミの規模に苦笑いしている。


パワプロクンポケット13 Edit

 ジャジメント日本の社長。
 ジャジメント内部でジオット・セヴェルスに対抗する人物の一人であり、ジャジメントを解体し、世界を正常な姿に戻そうとしている。
 父親譲りの経営の才能が開花し、犬井以外にも彼個人に忠実な部下が増えている。ただし、穏健派の筆頭である彼は洗谷のような武闘派にとっては目の上の瘤のような存在。
 裏社会にも大分慣れてきているが、いつ暴走してもおかしくない雨崎千羽矢の処理を止めさせる等、甘い部分も残っている。
 世界が平和になったため、サイボーグの数は順次減らす方針らしい。
 また、村田克哉の頼みで開拓高校が甲子園へ行くためのお金の援助をしている等、高校時代の仲間との関係も健在な様子。


パワプロクンポケット14 Edit

 引き続きジャジメント日本の社長として登場。13に引き続きジャジメントの解体に奔走している。
 社長としての手腕は非常に高く、彼の部下である犬井がジオットを襲撃したにも関わらず、ジオットが自身の後継者として彼を指名するほど。犬井も「(ジオットとはちがい)恐ろしくはないが、いいリーダー」と評している。
 本編後にジオットの後継としてジャジメント会長に就任し、巨大になりすぎた組織を自ら解体し、作中の政財界の抗争にピリオドを打ったと思われる。その後は宇宙開発と野球チームの運営に尽力し、ジャジメント崩壊後の混乱を切り抜けたことがプロフィールに記述されている。
 

裏サクセス Edit

 4、5、7、11に登場。いずれにおいても話し方はどこか古風。11を除く作品では武人然とした人物だが、11では全国の学校を支配しようと企む変人で、また皆からその事について馬鹿にされている。

 

RPG風ファンタジー編 (パワポケ4) Edit

 自らを鍛えるために修行の旅をする騎士として登場。強者との戦いのみを望む生粋のバトルマニアであり、街中を甲冑姿でうろつくなど、感覚も多少一般人とずれている。
 初登場時に仲間にすると選択すれば、その場で仲間になるのだが、仲間にせずその場で別れると、後になって主人公(裏)が勇者であることを知り、戦いを挑んでくる。これを受けると戦闘となる(選択肢によっては、戦闘前にファイトマネーをくれる)が、彼が堂々とした一騎打ちを望むために仲間の支援は受けられず、手持ちの爆弾を全て壊される。
 申し出を拒否し続けると野球大会の後で決闘の約束をすることになる(パーティーに空きがある場合はこの時点で強制的に仲間になる)。このイベントを発生させていると野球人形献上後に彼と一対一での戦闘が発生する(爆弾は壊されない)。この戦闘で負けても選手登録には影響しないが、主人公(裏)は死亡扱いとなり、EDは彼のものしか登録されない。ちなみに主人公はオオガミとの決闘の件は誰にも話していなかった様で、ヤマダは「挨拶も無しに勝手に旅に出るなんて」と憤慨している。

 

忍者戦国編 (パワポケ5) Edit

 さる大名からギヤマンの壺入手の任務を任された忍者として登場。主人公(裏)が壺の入手に協力すれば、任務を果たした後、主人公(裏)たちの戦列に加わる。
 おみつに惚れており、ライバルである小角とはしばしば彼女をめぐってもめる。

 

大正冒険奇譚編 (パワポケ7) Edit

 血気盛んな帝国陸軍大尉として登場。大神美智男伯爵の息子だが、表同様親子仲は疎遠。
 主人公(裏)とは軍の生物兵器研究に絡んだ事件を調査中に知り合う。
 智美とは古い知り合いらしく、尊敬の念とともに好意を寄せていることをほのめかす描写もあった。
 脚気の病因の隠蔽や剣術の制式採用といった上層部の方針への不満を隠そうともせず、外国人を見るやいなや夷敵呼ばわりして切りかかるなど、表サクセス以上に気の短い人物として描かれた。
 後に腐敗した軍組織の改革のために活動するが、反対派のテロに路上で刺殺され、志半ばで最期を遂げる。 
 キャラ設定の元ネタは、昭和初期の軍人である永田鉄山。

 

装甲車バトルディッガー編 (パワポケ10) Edit

 登場はしていないが、ハガネのイベントでオオガミの名が挙がる。キングダム王国の話では騎士であるオオガミは、ハガネの村では侍であると伝えられていたらしい。
 ただし、ハガネのEDが4のオオガミのものと同様であることなどから、やはりここで語られるオオガミとは4に登場した騎士オオガミのことと思われる。
 ここで語られる彼のエピソードは何故かセルバンテスの『ドン・キホーテ』と類似している。

 

怪奇ハタ人間編 (パワポケ11) Edit

 金持ちの転校生として登場。
 パライソタウン近辺の中学校を自分の支配下に置こうとしているが、それはあくまでも手始めであり、最終的には全国制覇を目論んでいる。
 具体的には他の学校に校長立会いの下、学校の看板を賭けた剣道の試合を申し込むというもので、20校中4校で成功を収めるなど、それなりに成果を挙げている(本人は満足していないようだが)。
 このような一見現実離れした夢を大真面目に語るなど、奇異な言動が目立つことから主人公(裏)らからは変人扱いされているが、頭は悪いほうではなく成績も上位。また、戦闘能力に関しても剣道を習っているため、仲間内でも高い。得意武器はもちろん刀剣系。
 EDでは実家のコネと財力を利用し、世界中で宇宙人との戦いの経験を公演をしていた。最終目標は反宇宙人組織を結成し、政界に乗り込むことらしい。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはこのwikiの趣旨に反しますのでご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • 博之は一撃計画をツナミが実行したら、この組織を辞めるかな? -- 2010-08-05 (木) 14:15:15
  • 責任感があるから阻止するためやその後始末のために残る可能性あり。 -- 2010-08-06 (金) 06:32:36
  • 犬井が認めてる程の男なのに、ツナミの裏を少ししか知らないっておかしいな -- 2010-08-09 (月) 20:56:09
  • ↑生真面目な性格だし、ある程度信用を得てからじゃないと反発するからじゃない? -- 2010-08-09 (月) 22:35:51
  • 12の時点で4年間も実戦から離れてるし、既に32歳くらいだから球界復帰は厳しいだろうね。 -- 2010-10-01 (金) 09:12:41
  • とりあえずジャジメントを誰が倒すんだ、戦力的に無理だろって心配してたが、悪はジャジメントというよりジオットになってきてるな、つまりこいつがジオットに対するキーになってきたし、犬井とかもいるから戦力的には五分とは言えんが抑止にはなってるようだ。今後の活躍に期待。 -- 2010-11-29 (月) 23:22:02
  • プロフィールに全てを投げ出して野球選手に戻りたいとか書いてあったから、今後に期待だな -- 2010-12-03 (金) 03:27:42
  • 犬井はアンドロイドだから寿命が人間の5分の1 -- 2010-12-16 (木) 18:52:46
  • ↑浜野みたいに新しい肉体にデータ流し込めば問題無い。 -- 2010-12-16 (木) 18:55:55
  • ↑犬井は新しい体が用意できるとは限らないぞ?同じコストをかけても同一個体を用意できるとは限らん -- 2010-12-16 (木) 19:27:13
  • とりあえず木村が開こうとした大会が15の大会でしょ -- 2010-12-19 (日) 21:59:36
  • ↑OBでやるってやつ?それだったらなんか5の主人公がまた主人公になってそうww -- 2010-12-19 (日) 22:49:15
  • 13やったか?犬井の寿命が5分の1はない。テロメア短縮アンドロイドはかなり昔の話。犬井はそこまで古くないしサイボーグ化して強化だからそんなことする必要性がない。あと違う体にデータ流し込めばいいとか言ってるがそれは出来ない。だったらもう一体造れるし、浜野とは状況が違う。 -- 2010-12-25 (土) 23:06:12
  • まぁ300億くらいジャジメントなら簡単に用意できそうな気もするが。 -- 2010-12-26 (日) 00:31:48
  • なんとなく大神は違う体を用意するという考え方を嫌いそう。裏社会に慣れても、危険の多い千羽矢を殺させなかったんだから、たぶんサイボーグやアンドロイドも人間のくくりで捉えているんじゃないかと思う。 -- 2011-01-02 (日) 23:52:00
  • 結局OBの大会開いたんだろうか?  -- 2011-01-03 (月) 17:07:59
  • 開くだろうね。発案者はいなくなったわけだけど実現にこぎつけたと言っていたし。犬井とか洗谷とかは反対しそうだけど大神自身はやりたいだろうしね。 -- 2011-01-03 (月) 17:12:18
  • 穏健派だからな・・・ジオットには口での説得は無理っぽいからどうすんだろ・・・武闘派が集まってそうな犬井派とどう接してんだろ? -- 2011-01-09 (日) 15:28:06
  • 武闘派とは一歩離れている気がするな。間に犬井が立っているから意図的に遠ざけられているというのも考えられる。キーパーソンなのは間違いないが、もし次の作品で野球に戻ったりしたらそれこそ世界の命運は大変なことになるぞ。 -- 2011-01-09 (日) 22:29:46
  • 8で「出た」って言っても作中に登場したわけじゃない。会話のなかで「お前のために絶対に裏切らない優秀な部下を残してやる」ってセリフが出ただけ -- 2011-02-06 (日) 11:53:04
  • ↑「優秀な部下を残しておいてやる」と未来の話をしているのだから、その段階で犬井はまだ生産されてなくても問題ない。13まで進んだ今となっては結果論として犬井でほぼ確定だろうし。 -- 2011-02-07 (月) 18:13:10
  • 11の1年目には「去年まで選手だった」と言ってるのに、13では木村の引退の2年前に博之は引退していることになっている。一体どう考えればいいんだ・・・。 -- 2011-02-08 (火) 09:15:45
  • 年表だと13の情報準拠で11の1年目に引退したことにしてるけど、そっちの考えだと11の博之の発言と矛盾してるんだよ。 -- 2011-02-08 (火) 19:41:36
  • 博之の感覚って相当鋭いな。紫杏の行動や人格が演技っていうことに気付くし、ツナミの裏もうすうす気付いてるし。 -- 2011-02-16 (水) 20:35:07
  • 11裏の大神の設定ってクロマティ高校の北斗に似ているような…白ランで全国の高校を支配する野望を持つ変人ってところが。 -- 2011-02-21 (月) 03:06:05
  • 誕生日は80年5月19日ソースはパワプロ10超決定版2003メモリアルの攻略本 -- 2011-03-05 (土) 02:14:58
  • ↑それに従うと荒井三兄弟は82年生まれだし大神より三兄弟のが年下になってしまうが。 -- 2011-03-05 (土) 12:23:20
  • 5の頃までは短気だったのに今はいい人になってるよな。 -- 2011-06-11 (土) 22:13:16
  • 野球したい気持ちが爆発して、デウエスみたいになってしまう気がするのだが -- 2011-07-26 (火) 11:43:45
  • ↑↑まだ性格が子供だったしね -- 2011-07-27 (水) 14:36:28
  • もう結構な年だしな。 -- 2011-08-05 (金) 20:09:44
  • 日ハム菅野と被るな -- 2011-10-28 (金) 15:48:29
  • ↑菅野の名が知れ渡る前の4から大神は出演してるし、モデルになっているセンはないだろ。 -- 2011-10-28 (金) 17:29:29
  • サクセスの設定ではエースなのに何でアレンジではサクセスの設定とは違って二番手(日の出では三番手)なんだ? -- 2011-10-28 (金) 17:34:14
  • ↑実は主人公が毎回ポジション投手ってのが正史で、アレンジの時はそこに代わりが入ってひとつ繰り下がってるとか、日の出はわからん、年功序列か。 -- 2011-11-09 (水) 22:02:14
  • いくつか考えられる案を出してみる。『システム上の問題』『アレンジチーム担当者が大神<菱村等と判断した』『年功序列』『主人公が投手』『実はサクセス中もエースじゃない』『実は先発タイプじゃない』・・・自分はムード×が打線に影響して、アレンジチームとして楽しめない部分があるから、と考えている。例えば、諸星のパワーを楽しみたいという場合とか。 -- 2011-11-11 (金) 18:08:53
  • でも、パワポケ6では大神は随分とふてぶてしいよね -- 2011-11-13 (日) 18:25:08
  • ↑6なんて出てないぞ。8の間違いか?↑×4 能力は高いけど、ムード×でチームメートからエース扱いされてないという表現ではないかと思っている。 -- 2011-11-14 (月) 21:13:36
  • ↑ごめん、パワポケ3だった… -- 2011-11-14 (月) 23:06:17
  • 初登場は4だが? -- 2011-11-14 (月) 23:37:16
  • 結婚しないのかね? -- 2011-11-20 (日) 11:33:22
  • 奥さんに裏でのいざこざの被害に遭うと厄介なのでは? -- 2011-11-20 (日) 12:04:28
  • 前会長の息子であることを自覚し始めてるが故にあえて家庭を持たないかも知れない。 -- 2011-11-21 (月) 20:10:26
  • 14はもともとプロ野球編の予定だったっぽいけど、いつかの攻略本でコメントされてた通り、プロ野球が舞台なら博之に焦点を当てたストーリが入ってたのかな? 今作(14)ではほぼ出番なしだったが・・・ -- 2011-12-15 (木) 22:37:40
  • たしかに14が予定通りプロ編なら、大神が野球選手に戻るかどうかの選択をする場面があったんじゃないかな、と思う。比較的新しい紫杏やジオットといったキャラに比べて、DS移行前の旧キャラは作中であまり取り上げられないのがつらいね。いくらなんでもプロフィールでオチつけんのはあんまり。 -- 2011-12-15 (木) 22:40:58
  • 犬井が言ってた「あなたは(ジオットとちがって)恐ろしくはないがいいリーダーだった」って台詞はリアルタイムで4やってた身としてはよかったな -- 2011-12-16 (金) 17:26:46
  • 犬井が大神じゃなくジオットを選んだのは、大神に恐ろしさがなかったせいなんだろうな。任務と戦闘にしか興味がなかったころの犬井は大神を認めてなかっただろうし。 -- 2011-12-16 (金) 22:08:19
  • ↑最初ぎすぎすしてたもんな。セリフがゆっくり流れたり(笑)してさ。なんだかんだで犬井が本心から大神を認めたのって13,14にかけてじゃないだろうか。 -- 2011-12-16 (金) 23:41:49
  • 11では、紫杏が出てくるなり“はい、社長”だったしな -- 2011-12-16 (金) 23:44:24
  • 結構ひどいよな。あれ。リアルタイムでプレイしておいおい・・・ってなったわ。 -- 2011-12-17 (土) 12:32:08
  • 犬井を送り出す時にわざわざ命令だ、って言うわけだけど・・・大神は犬井が負けるのを見越してたのかな?犬井の勝算を高く見積もってたとは思えないし、あの場面で命令と口にしたのは負けるのを予期してた感じがするんだが。 -- 2011-12-21 (水) 22:04:12
  • 犬井は死んででもジオットを止めようと考えてただろうし、大神もそれを感じ取ってたんじゃないかな。ジオットには底知れない恐ろしさがあったから、どうあってもただでは済まないだろうと考えたんでしょう。 -- 2011-12-22 (木) 14:28:49
  • 高校の先輩である山田平吉に対して今でも「こんにちは、山田センパイ」と礼儀正しく挨拶しているところが何となくほっこりした -- 2012-02-04 (土) 16:22:07
  • ↑↑あからさまに罠だったからだろ。ジオットも「やっと止める気になった」と言ってたしずいぶん前から挑発されていたんだろ。 -- 2012-02-06 (月) 12:14:57
  • ↑↑大神と会うイベントってあるの? -- 2012-06-13 (水) 22:15:34
  • ↑私は14しか持ってないので他は知らないですが、14なら自宅をうろつくと両親の話で登場して、そこで出会う -- 2012-12-22 (土) 09:49:05
  • パワポケ5に年上の女性と交際していることをスキャンダルされるという没イベントあり -- 2014-03-19 (水) 16:19:49
  • パワポケ11の欄で、「正史ではホッパーズがなマーズに敗北した際に北条が自ら辞意を表明しており、~」と、ぎなた読みになっていたので修正 -- 2016-03-18 (金) 01:58:29
  • はっきりいって偉人だよな -- 2017-01-30 (月) 10:39:50
  • 燃やした -- 2017-01-30 (月) 21:20:24
  • 裏では楽しそうにしてるw -- 2017-02-22 (水) 09:18:38
  • 選手としてまだ全然やれたのにオーナー&会社都合で強制的に辞めさせられるとかカワイソス、と思ってたら現実で高橋由伸がそうなったという -- 2017-02-26 (日) 11:10:34
  • 主人公(5)が大神と仲良くなってると反感持たれるイベントってどんな感じのイベントだったけ? -- 2017-03-01 (水) 15:40:08
  • 11裏はキャラ安定しないけど両親の話をするイベントではかっこよくて好き -- 2017-03-29 (水) 16:59:22
  • 牙突好きだw -- 2017-06-11 (日) 05:20:21
  • こいつデビルスターズにいてもおかしくないステータスだよな -- 2017-12-18 (月) 08:54:15
  • そういえばこいつと諸星ってどんな関係なんだろう。どっちもチームを代表する選手だったから交流はあったんだろうけど描写がなかったね。 -- 2018-01-27 (土) 21:32:10
  • シリーズ常連だったけど裏表ひっくるめて浮いた話が一つもなかったな。14がプロ野球編なら話は違ったんだろうか -- 2018-07-21 (土) 10:30:20

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 1年目に「去年まで野球選手をやっていた」というセリフがあることから
*2 11しつもんコ~ナ~第09回によると、28歳の時に会長職を継いだとのこと
*3 11の22回