Top > ブキ > スプラローラー


スプラローラー

Last-modified: 2017-03-26 (日) 17:22:08

基本性能 Edit

スプラローラー射程55
DPS178.5d/s
キルタイム0.350s/kill
飛沫ダメージ25~125
飛沫数12
拡散値2.2(中心部0.88)
転がしダメージ140
インク消費振り9.0%,転がし0.100/F
塗り移動速度1.20*1
平時速度補正補正無

射程は短いが、振り速度が速く、攻撃範囲も広い。
相手を一撃で倒すほどの攻撃力も兼ね備えている。
ローラー種で最も早く解禁されるローラー種の初期ブキ

オリジナルマイナーチェンジブキチセレクション
標準スプラローラースプラローラーコラボスプラローラーコロコロ
見た目違いヒーローローラー レプリカなしなし

セット情報 Edit

スプラローラーサブウェポンキューバンボム
スペシャルウェポンメガホンレーザー
スペシャル減少量小(40%)
射程55
塗り進み速度50
軽さ40
開放条件ランク3
備考

ブキ指南動画「スプラローラー」

ゲーム内紹介 Edit

塗装するためのローラーに手を加えたブキ
塗りながら進むだけでなく、ふりおろして弾を飛ばして攻撃できる。

ブキチ解説 Edit

このメインウェポンの スプラローラー
ローラーと呼ばれていて、ゆかをコロコロ
塗りながら 接近戦もできるタイプでし

ZRを押して インクを放って攻撃!
押し続けながら 移動すれば
すみずみまで ゆかを塗れるでし!

最初は 非公式なモノだったでしが、
ファンのアツい要望に 答える形で
公式にサポートされることに なったでし!

キューバンボムメガホンレーザー
強力でしから、ローラーに慣れるなら、
まずこのブキを かわいがるといいでし!

運用 Edit

【総評】

攻撃速度、威力のバランスが良く近距離では敵なしのメインに、キューバンボムメガホンレーザーによる中遠距離に対しても対応できる万能性がウリ。
同じメインを持つスプラローラーコラボと比較すると「一人でできること」が非常に多い。
そのため、初心者には何を使うべきかで戸惑い、万能性があだになりがち。
しかし使い込むほどにその対応力とギアでの拡張性の高さに驚くであろう。

 

基本にして玄人向けのブキである。

メインウェポン Edit

近距離への攻撃手段

 

振りかぶりによるインク飛ばしや、転がしながら直接轢くことでの一撃必殺が強力。
(インク飛ばしを便宜上バシャ、轢くことをコロコロ、とここでは呼ぶこととする。)
バシャは遠距離までインクを飛ばせ、威力もすさまじい。
しかし距離が離れるとヒット数が減り、一撃必殺ではなくなるので注意。
特に縦軸がズレると当たらないので、縦軸の照準にだけは気を付けよう。
バシャの射程の確認には試し打ち場のイカが良い。
ローラーのメインアクションとなるため、確実に一撃で倒せる位置をしみこませよう。
またコロコロは自身の後ろしか塗れないがムラなくきれいに塗ることが可能。
また、シューターなどに比べ塗りの音が小さく、相手に気付かれづらい。
ひっそりと塗り進み、相手に気付かれる前にイカセンプクし、近づいてきた相手をバシャっと強襲するのが基本戦術。
特に曲がり角や障害物の影といった敵の死角や、自チームのインクの中、壁、高台からの強襲が効果的。
味方色のインクに近づくことに恐怖心を植え付けてやろう!

 

……という「センプクからの奇襲」を相手ももちろんやってくる。
このゲームの共通要素だが相手のインクにうかつに近づくのは大変危険な行為なのだ。
そのためローラーでの相手陣地の塗り替えしは、安全面を考えてジャンプバシャを推奨する。
コロコロとは違い、相手インクから離れた場所からけん制しつつ塗り返せる。
相手を倒した後や安全が確認できている状態であれば、綺麗に塗れるコロコロも使用し使い分けたい。

 

また、後述するサブウェポンがあるため、遠距離からも塗りかえすことが得意なのがこの武器の強み。

 

スプラローラーは不遇のローラー?】
フデを除いたローラーに共通するが、Ver.2.2.0から振り飛沫で一撃になるのは中心部分に限定されている。
具体的には12発放たれる飛沫のうち真ん中の4発が近距離確一なのだが、実はこれは3種類あるローラーで数も割合も最も少ない
カーボンローラーは10発中6発、ダイナモローラーは16発中6発*2である)
このため他のローラーよりも確一飛沫の幅が狭く、(少なくともローラーとしては)半端なエイムだと間違いなくカス当たりが頻発して泣きを見ることになる。

 

それでも飛沫の飛び方やサイズの関係で、わかばシューターのヒット範囲と同等かそれより若干狭い程度の確一幅は持っている。丁寧な狙いであれば、それが裏切られることはないはずだ。

キューバンボム Edit

中距離への攻撃手段

 

クセが少なく扱いやすい。とりあえず投げておくだけで相手を後退させることができる。
最大距離まで投げた後、ボムの周囲にテキはいなくなるのでそこまでは安全にバシャコロで塗り進める。
また、乱戦状態の場所に投げ込むだけでも広い爆発範囲で相手を吹き飛ばすことができる。

 

このサブウェポンローラーの射程の短さを補うだけにとどまらない。
相手のインクが広まり塗りの巻き返しを狙う場面でも、安全に塗り替えせるという大変心強い一品。
潜んでいる敵を炙り出すクリアリングにもなり、かつ塗範囲も大きい。

他の用途

  • 壁に貼り付けておけばローラーの苦手な壁塗りも難なくできる。
  • 相手の後ろに投げ、自分とボムで挟み撃ちといった連携。
  • ガチマッチなどリスポーン地点から前線に戻る道中、塗っていない場所に適当に投げておくと馬鹿にできない量のゲージの回収ができる。

注意点としてダメージ判定は球状に発生するが、塗り判定は吸着した面に偏るという特徴。
地面を塗りたい時は地面に。壁を塗りたいときは壁面にしっかり吸着させよう。
また、インク消費が大きいため、使用は遠距離からに絞ったほうがいいだろう。
前線でのインク切れはそのままデスに直結してしまう。

メガホンレーザー Edit

遠距離への攻撃手段

 

低消費に加え、メイン、サブでも届かない遠距離に対しての攻撃手段として非常に有用。
メガホン単独での撃破を狙うのであれば物陰から撃つのが基本。
硬直時に狙われることもなく、距離が離れているほど相手に気付かれにくくキルの成功率が上がる。
また、キューバンボムを事前に投げておくことで移動方向を制限できればなお良い。
スペシャルを使うことでインクは全回復するのでボム一個分お得に使える。

 

しかしこのスペシャルの真価は、発動後の有利な状況を最大限活用することにある。
発動中のレーザーの中を安全に塗り進んだり、高台のチャージャーをどかしその隙に高台に突撃したり、味方と合わせて突破のチャンスを作ったり、ヤグラやガチホコの周りを守ったりなど。

オススメギアパワー Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

 

基本的に素の状態で十分立ち回れるので自身の戦闘スタイルと相談するのが基本となる。

 
  • インク回復力アップ
    メイン、サブ共に恩恵が受けられるため迷ったらつけるとよい。
    腐ることがないため初心者にもオススメできる。
     
  • インク効率アップ(サブ)
    ガン積みすることでキューバンボムの二連投が可能になる。
    遠距離から塗り返しをする際の手数が倍増するため、自力で道を切り開ける。
    また、単発で投げたあとにも十分なインクが残るのでメインとの連携もしやすくなる。
    なお、きっちり二連投する際に必要なギアパワーは最低「35」(メイン3、サブ2)
    ギアがそろわないうちはインク回復力アップを併用し、ボム→少し回復→ボムで代用可能。
    二連投後はどのみち回復に時間を費やすことになるので相性が良い。
     
    てっとり早く35のギアを作りたいときの厳選ギアの注意点として
    メインギアインク効率アップ(サブ)かつサブギア枠にも同じギアパワーをつける必要がある。
    その際「フォーリマ」ブランドのものはインク効率アップ(サブ)がつきにくいので別のブランドがいいだろう。
    上記二つのサブギアにそれぞれ一個ずつ付けば10+3+10+3=26となる。35までの残り9=最低サブ3つ。
    なので残りの部位でメイン一個orサブ3つそろえることで二連投ギアの完成だ。
    ちなみに、サブ枠でインク効率アップ(サブ)が付きやすいブランドは「ホッコリー」。
    アタマではイカ速度のエイズリーバンダナ、カモメッシュ、インク回復のフグベルハットあたりがおすすめか。
    なお、クツ部位でホッコリーブランドの物は2.7.0時点ではないので注意。
 
  • ボム飛距離アップ
    キューバンボムの飛距離を伸ばすことによって長射程の相手に対して応戦することが可能になる。
    また、高台に張り付けることで壁塗りができるためタチウオなどで味方に頼らず接近することが可能に。
    とりあえずメインに二個つけると違いが実感できるだろう。
    ただし使用感が変わるため飛ばしすぎて壁に張り付いたり等、マップによっては使いづらいかもしれない。
     
  • 復活時間短縮防御力アップ
    前線で戦うため、被弾をした際の保険に。こちらも初心者にオススメできる。
     
  • スペシャル増加量アップ
    必要なスペシャル発動ポイントが低いメガホンレーザーと相性が良い。
     
  • スペシャル減少量ダウン
    近接武器の関係上、無敵SPにカウンター食らうのが日常であるため、こちらも有効。
    メインに1つつけるだけでもSP減少量を40%から約25%にまで抑えることができる。
     
  • イカニンジャマーキングガード
    ステルス状態を強化してくれる。センプク奇襲をメインにするなら重要度は高い。
    しかしサブを使用するためにはヒト状態にならざるを得ない点から、相手に発見されやすい。
    これらを採用する際にはサブにやや制限がかかることも考慮しよう。
     
  • イカダッシュ速度アップ
    センプク時の移動速度が速くなる。
    逃げや、前線への復帰時間短縮、スティック半倒しでの手動イカニンジャする際にも恩恵があり、汎用性は高い。

  • ヒト移動速度アップ(非推奨)
    コロコロ移動時の速度が上昇したりはしない。
    一応平時の歩き速度は上昇するものの基本的に人状態で立ち回るのは悪手。
    金網の上でたちまわりホコを積極的に持つ場合等有効な場面は非常に限定的。
    なお金網の上や塗れない床の上でコロコロ移動で轢いても相手を倒すことはできない。

情報/その他 Edit

ちょっとした小技や小ネタを募集中。

  • 開幕時などに役立つ素早い塗り進み方
    ジャンプバシャ→コロコロ→イカセンプク→ダッシュジャンプ→ジャンプバシャ→…
    バシャをジャンプ中に出すことでより遠くまでインクを飛ばし、着地からはコロコロすることで遠くに飛ばしたインクと繋ぐ。繋いだ後はイカセンプクからのジャンプで移動距離を稼ごう。
    ジャンプしたあたりは塗れないがその分移動距離は稼げる。塗るよりも素早く移動したい時に。
  • ちょっとした段差塗り
    コロコロ状態で壁にローラーを押し付けると接面した壁も塗れる。
    そのままジャンプしたり上下にローラーを動かすと壁を塗ることが可能。
    Bバスパーク中央エリアなどの小さな段差などで有効。
    落下中にも判定があるのでヒラメが丘団地の中心の壁などを落下中に楽に塗ることができるかも。

コメント Edit


旧コメント欄

最終更新日時:2017-03-26 (日) 17:22:08






*1 射撃なしのヒト移動速度を0.96とする
*2 2.8.0までは16発中8発だった為、本ブキとは対称的に確一が広かった