Centurion Action X

Last-modified: 2021-07-10 (土) 07:24:16

Tier 10 イギリス 中戦車

公式紹介ページ

スペック

HP1,950
車体装甲厚(mm)121/51/32
最高速度(km/h)53
重量/最大積載量(t)55/60
実用出力重量比(hp/t)18.92
本体価格(シルバー)6,100,000

パッケージ

Centurion AX
E:180,000
S:6,100,000

E:必要経験値
S:購入シルバー

詳細

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比地形抵抗旋回速度視認範囲
Centurion AXRolls-Royce Meteor TTSC105 mm Gun L7A2Centurion Action XCenturion Action X1,950SR C45
1,04050 / [42.86]254/152/95750
18.910.6/0.7/1.548410

※車体旋回速度の実質値は通常地形、操縦手熟練度100%で計算。スキル及び超信地旋回の可否は考慮していません。

 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
105 mm Gun L7A2APCR
HEAT
HESH
1,200
12G
950
268
330
105
390
390
480
6.982,7222.100.32
?
?
68+20
-10

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説

  • 火力
    • 105 mm Gun L7A2
      前身と同じオードナンスL7砲だが発射速度、照準時間、拡散率が改善されており、かなり扱いやすくなっている。
      また、新たに他国の中戦車と同じ330mmの貫通力を持つHEATが金弾として追加された事で同格~格下と対峙した際に貫通可能となる箇所が増えている。
      榴弾はHESHで105mmの貫通力を持つのでB-C 25 t,FV4005,WT auf E 100などの軽装甲車輌相手には積極的に使用していこう。
       
  • 装甲
    • 車体
      前面上部は傾斜57度の121mmで220mm程度となる。
      また、履帯が装備されている部分は133mmのため傾斜込みで245mmとそこそこ堅い。
      下部は傾斜45度の76mmのため実厚108mmしかなく、おまけに弾薬庫が控えており致命的な弱点となっている。
      側面は51mmで装甲スカートが6mm、スカート上部の狭い範囲はスカート6mm+履帯25mm+車体51mmで合計82mmとなっているが、大部分はスカート6mm+車体51mmの57mmで格下のAPですら容易に貫通し、自走砲の至近弾なんて食らおうものなら大ダメージは避けられない。
      後面に至っては32mmしかなく、口径100mm以上なら掠っただけで貫通できる。
    • 砲塔
      前面は砲身基部及び頬が198mm、額が85mm~95mm、額の両端が152mmとなっている。
      砲身直下は垂直で弱点となっているが、それ以外の左右は内から外にかけて傾斜が強くなっており、245mm~305mmとかなり堅い。
      外縁の152mmの部分は57度~70度の傾斜があるため282mm~437mmの実厚を持ち、命中箇所次第では同格の弾を弾く可能性もあるが、安定した防御が望める程ではない。
      額は85mm部分が66度、95mm部分が64度の傾斜により双方210mm程度でこのままでは格下にすら貫通されるが、俯角を取った状態であればAP、APCRに対して強制跳弾を狙うことができる。
      ただしHEATに対してはあまり意味がなく、他の部分と比べても薄く範囲も広いため大きな弱点となっている。
      側後面は95mmの垂直で被弾=貫通と思っておこう。
       
  • 機動性
    ロールス・ロイス グリフォンを上回る1,040という暴力的な出力を持つロールス・ロイス TTSCを搭載、英国車輌の中でも高めの出力比19.01を誇る。
    最高速度は前身の40km/hから53km/hまで上昇し、ソ連中戦車に匹敵するほどの走破性を手に入れた事で機動力は大幅に向上した。
     
  • 総論
    全体的な性能が高水準で纏まった、非常に扱いやすい車輌である。
    前身のCenturion Mk. 7/1や置き換え前のFV4202とは異なり、課金弾の貫通力不足が解消された事で砲は格段に扱いやすくなった。
    また、Tier10MT相応の高い機動力を手に入れたので、それまでのセンチュリオンシリーズよりも取り得る選択肢が広がった。
    防御面は車体に不安が残るものの、砲塔だけはハルダウンを駆使する事で一定の防御力が期待できる。
     
    総じて走攻守のバランスが良く、明確な欠点は弾薬庫が脆い事くらいである。
    一方、他の車輌に比べて尖った部分が無いので、明確な目的と適切な判断力を以って行動しなければ、バランスの良さはたちまち器用貧乏へと早変わりするだろう。
    ようはプレイヤーの腕が率直に現れる戦車である。
    数々の苦難を乗り越えてきたであろう英国戦車長の諸君には、是非乗りこなして頂きたい。

史実

センチュリオン・アクションXはセンチュリオンの更新計画として、1955年に開始された。
一輌がセンチュリオンMk.7の車体をベースに、防盾の無い新型砲塔を搭載した。
また夜間戦闘を考慮し赤外線暗視装置の投光機を装備しているのが大きな特徴。
前面装甲は8インチ(203.2mm)とされ、既存のセンチュリオンの6インチ(152.4mm)の前面装甲に3インチ(76.2mm)の増加装甲を装備する砲塔の代替として検討されていた。
一時はセンチュリオンの後期型をこの砲塔で製造することが提案されたものの、却下され試作段階から先に進行することはなかった。
この試作車輌は後に歩兵科の訓練に使用された。

コメント

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 早く頭固くならないかな -- 2018-01-04 (木) 03:45:38
    • ソ連のお株を奪うと粛清されちゃうからしょうがないね... -- 2018-01-06 (土) 09:27:12
  • エンジン音うるさすぎ…キィィィィみたいなジェット機じみた音が… -- 2018-07-25 (水) 00:44:44
    • エンジンの音は全般的におかしくなったのばかりだ。 -- 2018-07-25 (水) 07:37:07
  • stb-1の上位互換になったな。優等マークがデカくて目立つから好き。 -- 2018-09-23 (日) 23:32:20
  • FV4202やchiselや、30Bたちに何かしら負けてて、何も輝ける要素が無い。せめて隠蔽上げてくれ。 -- 2021-03-05 (金) 14:28:43
    • ある意味隠蔽率上がってるぜ。全然見かけない。 -- 2021-03-05 (金) 15:14:10
      • リニア開発ラインになってFV4202から先に開発済ませないとコイツは開発出来なくなってしまったからね。 -- 2021-03-06 (土) 01:30:15
  • ようやく開発めっちゃ使いやすいストレスフリーな車輌 -- 2021-06-30 (水) 15:17:42
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White