Top > FV4202


FV4202

Last-modified: 2019-07-30 (火) 12:38:23

GB-FV4202.png

Tier 10 イギリス 中戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP1,950
車体装甲厚(mm)121/51/32
最高速度(km/h)40
重量/最大積載量(t)39.96/42.5
本体価格(シルバー)6,100,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

FV4202
(180,000/6,100,000)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比地形抵抗旋回速度視認範囲
FV4202Rolls-Royce Meteor M120A105 mm Royal Ordnance L7A1FV4202FV42021,950SR C45
81050200/200/200750
20.260.7/0.8/1.640410
 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
105 mm Royal Ordnance L7A1APCR
HESH
HESH
1,200
13G
950
268
210
105
390
480
480
6.982,7222.10.32
?
?
72+20
-10

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説 Edit

  • 概要
    Tier10イギリス中戦車
    かの第2世代MBT:Chieftain(チーフテン)のプロトタイプ。
    アップデート 3.3:TyphoonでCenturion Action Xとの置き換えでTier8プレミアム中戦車FV4202 (P)に変更された。
    アップデート4.9でツリー上に復帰した。
     
  • 火力
    • 105 mm Royal Ordnance L7A1
      派生元のCenturion Mk. 7/1と同じ。
      欠点であった発射速度が改善されており、かなり使いやすくなっている。
      またイギリス高Tier火砲の特徴であるHESH*1を使用できるのがポイント。
      装甲を貫通すれば、爆風ダメージで多くのモジュールや搭乗員にダメージを与える他、貫通出来なかった場合もダメージを与えれる。
      しかし、あくまでHEの一種なので、履帯や空間装甲等に当たるとそこで爆発してしまい、肝心な車体を爆風範囲から逃してしまう。
      一枚板の車体や砲塔の装甲に直撃するように慎重に狙う必要がある。
      また、非貫通の場合は内張り装甲でダメージを軽減されてしまうので注意が必要だ。
      この戦車は他国のような貫通300mmに達するHEAT(対戦車榴弾)がないため、Maus,E 100,T110E3,T110E4のような重装甲の相手に対しては弱いので、その時は味方に任せたほうが得策。
      もし横や後ろに回りこむことができれば上記のHESHを打ち込むと良いだろう。
       
  • 装甲
    • 砲塔
      正直心許無い。
      正面装甲厚は数値上では196mmだがこれは砲塔下の円柱状の部分のみであり、センチュリオンシリーズにはあった防盾も無くなっている為、頭出しでも簡単に貫通されてしまう。
      さらに砲塔には砲手と装填手が配置されているので搭乗員が負傷する。
      しかし、砲塔上部はそれなりに弾いてくれるのと、キューポラも196mmなので運がよければ弾ける。
      貫通180mm程度の砲を持つ相手には車体下部以外は貫通を許さないのでごり押ししても勝てるだろう。
    • -車体
      一応派生元より進歩しており、数値上の車体正面装甲厚は121mmと同じであるが、良好な傾斜が掛かっているので貫通280mm程度までなら安定して弾ける。
       
  • 機動性
    最高速度は40kmと相変わらず同TierMT最低であるが、良好な出力重量比を持っているため、改善された旋回性能も相成って起伏の激しいマップだろうと市街地マップだろうと安定した機動力を発揮してくれる。
     
  • 総論
    Tier10MTの中でもバランスの取れた車両であるが、逆に言えば最も中途半端な車両でもある、そんなこの車両の一番の進歩は隠蔽率である。
    MTの中で最悪クラスだったセンチュリオンシリーズに比べ、隠蔽率がかなり改善されており、M48A1 Patton以上T-62A以下と一気に平均値まで上がったので、これまで諦めていた乗員の迷彩系スキルも検討できる。
    基本的な運用方法としては序盤は良好な精度、俯角、視界、隠蔽率を活かした中遠距離からの支援砲撃に徹することだ。
    先頭に立って戦うなど以ての外、間違っても会敵早々体力を半分近く持ってかれました、なんて事にはなってはいけない。
    また重装甲の敵車両に対してはHEを使って少しでもダメージを与える、履帯を切るなどの工夫を凝らそう。
    終盤は孤立した敵車両やSPGに対し、HESHを使用した攻撃によってダメージと撃破を稼ぐと良いだろう。
     

史実 Edit

第二次世界大戦後、主力戦車であるセンチュリオンと、センチュリオンを支援する為に開発された支援用重戦車コンカラーの統合を目指した新型主力戦車の開発がスタートしました。
1950年初頭から計画され1954年には基本案(最大重量50t、主砲は120mmライフル砲、傾斜装甲を持つ低い車体、エンジンはコンパクトなV型8気筒液冷ディーゼル・エンジン)がまとまり「FV4201」の名称で設計作業がレイランド・モータース社で行われることになりました。
その後1956年にレイランド・モータース社はセンチュリオンをベースに走行試験車両として、FV4202を開発します。
FV4202はテストに供されますが、1957年にはNATOの協定に基づく新型多燃料液冷ディーゼルエンジンをレイランド社が開発。
1958年には最終仕様が決定し、1959年にはモックアップが完成しました。
1961年~1962年にかけてFV4201の試作車両を6両製作、1963年~1965年に追加で34両生産、これは後にMk.1と呼称。
1966年から最初の量産型であるMk.2の生産を開始、FV4201はチーフテンとして制式化されました。

チーフテンは120mmライフル砲と最大250mmの強固な装甲により、戦後第二世代MBT最強としてその名を轟かせていました。
チーフテンに対抗する為に、ソビエト連邦は125mm砲を搭載したT-64やT-72を開発することになります。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 要するにこいつを開発してガレージにおいておけば、Tier8課金戦車と新戦車、ガレージ1つがプレゼントされるということだな -- 2016-09-15 (木) 05:45:54
  • 今までありがとうな -- 2016-09-15 (木) 14:53:31
  • 一番最初に手に入れたTier10で楽しかった -- 2016-09-16 (金) 02:19:59
    • 思い出の車両ですね (^^) -- 2018-08-25 (土) 23:59:52
  • 車体はAPCR250ミリ前後を安定して弾くし、頭も硬いから低貫通組には非常に強い。 -- 2019-09-25 (水) 14:58:52
  • こいつと正面から対峙したら車体下が見えてない限りは車体を撃つのはやめた方がいい。むしろ砲塔の方が柔らかくちゃんと装甲配置を理解してればティア8でも十分貫通を見込める。最高速はAXに劣るものの、出力重量比が20オーバーとAXよりも優れているため細かい動きに関してはこちらに分がある。 -- 2019-09-26 (木) 02:52:32
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 HESHとは、High Explosive Squash Headの略、日本語で粘着榴弾と呼ばれる特殊な砲弾で、ゲーム内では高い貫通力を持つHE(榴弾)として扱われている。