Top > M7


M7

Last-modified: 2018-08-06 (月) 01:02:09

usa.m7.png

Tier 5 アメリカ 軽戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体装甲厚(mm)38/33/32
最高速度(km/h)60
マッチング範囲(戦闘Tier)5~7
本体価格(シルバー)355,000
派生元車輌M5 Stuart

パッケージ Edit

M7E1 Light
E:5,950
S:59,500
T21
E:32,300
S:900,000
M7
E:?
S:355,000
T7E2
E:3,850
S:29,500
M7E1 (6-pdr)
E:5,730
S:60,000

E:必要経験値
S:購入シルバー

詳細 Edit

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比旋回速度視認範囲
M7Wright C. R-975EC2L75 mm Gun M2LVVSS T48M47350AN/GRC-3
4804652/41/41410
19.9046360
T7E2Wright C. R-975C1L75 mm Gun M2LVVSS T48AM47350SCR 528
6004852/41/41745
24.9146360
M7E1 (6-pdr)Wright C. R-975C1LQF 6-pdr Mk. IIIVVSS T48AM47350SCR 528
6004852/41/41745
25.7646360
M7E1 LightWright C. R-975C1L75 mm Gun M3LVVSS T48AM47350SCR 528
6004852/41/41745
24.7146360
 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
75 mm Gun M2LAP
APCR
HE
56
7G
56
90
125
38
110
110
175
11.541,2691.900.4471+18
-8
QF 6-pdr Mk. IIIAP
APCR
45
6G
105
170
75
75
201,5002.300.43155+18
-8
75 mm Gun M3LAP
APCR
HE
56
7G
56
92
127
38
110
110
175
12.501,3751.900.3871+18
-8

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説 Edit

  • 概要
    Tier5アメリカ軽戦車
    M3 Stuartに代わる軽戦車として開発され、搭載砲の大口径化・砲塔の再設計・さらに装甲の増厚を経て最終的に中戦車として制式化された経緯から以前は中戦車だったが、
    アップデート4.2で軽戦車に変更され、移動時に隠蔽率が下がらなくなった代わりに火力・視界範囲・HPが下げられてしまった。
     
    また、車種変更の影響か、以前はM3 LeeM4 Sherman等と共通だったエンジンや主砲が専用の物になってしまった。
    上位通信機のSCR 528はもう一方のLTルートのM24 Chaffeeや他ルートの高Tier帯の物と共通になっている。
     
  • 火力
    アメリカ戦車としては若干俯角と仰角が狭い。
  • QF 6-pdr Mk. III(英軍規格なので砲弾重量で表記。口径は57mm)
    APの貫通力がTier5軽戦車としてはやや高めで、発射速度と総弾数も優秀な使いやすい戦車砲。
    さらに金弾を使用することで貫通力を大幅に底上げする事が可能。
    T-28T-34の57mm Zis-4と同様、敵に撃たれずに連射できる場面や軽装甲を狙った機動戦などで猛威を振るう。ただし、精度が難があり、遠距離では絞りきっても外れてしまう。
    また、75mm Gun M3Lと比べて1t近く軽く、機動性も良い。
  • 75 mm Gun M3L
    AP貫通力はTier5軽戦車としては平均的だが、金弾を使用しても貫通力はあまり伸びず、重装甲車両を相手取るのは難しい。
    また、弾速が遅いため移動している敵への攻撃は不得手。
    照準速度と精度は6pdr砲より優れているため、あちらの命中精度が肌に合わない場合はこちらを装備すると良いかもしれない。
    ちなみに、75mm Gun M3Lのみ他の砲より防盾が狭く、誤差の範囲だが僅かに砲塔正面の防御力が落ちる。
 
  • 装甲
    同Tierと比較してかなり薄く、傾斜を加味しても心許ない。
    極力被弾しないための位置取りや運用に気を配る必要がある。
    改良砲塔の防盾面積が狭く、車体の側面が薄い事による防御低下が大きい。
     
    • 車体
      避弾経始に優れた形状をしているが、残念ながら正面は素の装甲厚が足りず、昼飯をしても同格MTの弾は防げない。
      一方、側面は正面斜め15°程度からのAPを側面の丸みで跳弾してくれる事もある。
       
    • 砲塔
      跳弾は望めない形状で正面が弱いが、側背面に向けて41mmの丸みのある装甲となっているため、真正面を逸れて掠める角度で当たった場合には同格の弾でも弾く場合がある。
      精度の悪い機関砲などは、運が良ければそれなりに防いでくれる事もあるだろう。
       
  • 機動性
    小型で軽量な車体とそれなりのエンジン出力で機動力は優れている。
    うまく加速できれば最高速度60km/hは偵察や陣地転換・側面攻撃など様々な場面で役に立つだろう。
    また、車体/砲塔ともに旋回速度が優秀であり、最高速だけではない足回りの軽快さも併せ持つ。
 
  • 総論
    トップスピードが良好で視界範囲も軽戦車として平均的な値を持つので、偵察や孤立した敵戦車・自走砲を襲撃する遊撃など攻撃的な軽戦車としての役割に適性をもつ。
     
    走る時は走り、隠れる時は隠れる。強みを活かしメリハリをつけた運用で敵を翻弄しよう。

主砲選択アンケート Edit

どの主砲を良く使っていますか?

選択肢 投票
QF 6-pdr Mk. III  17 
75 mm Gun M3 L/37  3 

史実 Edit

M7中戦車

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 何だこのプリ○ツは、万能過ぎるだろ。元々軽戦車だからって視界380はやり過ぎ、隠蔽もそこそこだしサバイバリティはなかなかなもの。ただ軽戦車よりの「中戦車」であるからか、どうしても器用貧乏に陥りがち。機動力と火力で住み分けしたい所。 -- 2016-08-25 (木) 03:17:43
    • この戦車は軽戦車として運用して差し障りない。火力や機動性がM41ブルドッグと似るところがある攻撃的な高機動戦車。迷彩と視界のスキル、そしてその機動力を活かして味方をサポートしよう。 -- 2017-10-15 (日) 11:28:21
  • 通信範囲850mって何のことだろうな。 -- 2017-02-24 (金) 10:28:48
    • 信号増強つけたら、単純計算で890m強だな? -- 2017-02-24 (金) 10:45:05
  • いつからか知りませんが、車種がLTになってますね。 -- 2018-06-01 (金) 15:24:48
    • 年末(だっけ?)のLTアプデの時からだね。車種変更だけでなく、HPやDPMが下げられてるから注意ね。 -- 2018-06-01 (金) 18:01:56
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White