Top > MiG-3


MiG-3

Last-modified: 2019-06-29 (土) 03:23:20

Tier5 ソ連 戦闘機 Mikoyan-Gurevich MiG-3 Edit

MiG-3_001.jpg
▲初期状態

MiG-3_002.jpg
▲最終状態

 

スクリーンショットはエンブレム・ノーズアートなし

 

性能一覧(v2.0.4.8) Edit

スペック解説

項目初期状態最終状態翼下BK装備時
火力
Gun Armament
611
爆装
Bombs and Rockets
0
抗堪性
Survivability
56
耐久値
Hit Points
190200
速度
Airspeed
374140
最適高度最高速度(km/h)
Top Speed at Best Altitude
580620610
最大降下速度(km/h)
Maximum Dive Speed
680700
機動性
Maneuverability
6668
一周旋回時間(s)
Average Time to Turn 360 deg
10.510.3
横転率(°/s)
Rate of Roll
130
最適速度(km/h)
Optimum Airspeed
342361
失速速度(km/h)
Stall Speed
140
高度性能
Altitude Performance
53
最適高度(m)
Optimum Altitude
1,700
上昇率(m/s)
Rate of Climb
116.5122.7121.1
フラップあり
ブースト時間(s)8
本体価格(Cr)308,000
 

装備 Edit

武装 Edit

固定武装

同調機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
1x 12.7 mm BS (S)47800500
 
同調機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
2x 7.62 mm ShKAS (1941) (S)341,500440
 
外装機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
No weapon---
2x 12.7 mm BK (O)47800500
 

その他の項目 Edit

機体

名称耐久値
MiG-1190
MiG-3200
 

エンジン

名称馬力
(hp)
冷却方式ブースト時間
(s)
AM-351,200水冷8
AM-35A1,350
AM-381,665
 

搭乗員

1Pilot
 

派生軍用機

派生元I-17
派生先I-210
 

解説 Edit

ソ連Tier5戦闘機。

  • v2.0
    低空格闘戦が主なお仕事であった前TierのI-17からうって変わって、ここからのMiG製高高度戦闘機ルートは高高度での戦闘が主な業務となる。
    高高度には爆撃機や重戦闘機がうろうろしているので、これらを追い回して撃墜していくのがいいだろう。
     
    初期状態では7.62mmが2丁に12.7mmが1門とかなり寂しいが、どちらも発射速度に優れるので命中させ続ければまずまずの火力になる。
    外装12.7mmを装備すれば一層火力が伸びるので、爆撃機や重戦闘機を削る分には何ら問題を感じなくなるだろう。
     
    一方今まで得意だった低空での格闘戦は全く不得手となる。
    マルチロール機相手であればともかく、戦闘機相手に3桁mや1000mそこそこでドッグファイトをすればたちまち後ろを取られてそのまま地面へ叩きつけられるだろう。
    相手がうっかり2000m台まで上がってくるようであれば適正高度の差で一方的に戦えるので、可能な限り高高度へ相手を誘い出すようにしよう。
     
     
    MiGと同じ高高度がナワバリのBf109はかなりの厄介者。
    相手のほうが瞬間火力に優れるのでヘッドオンは不利、機動力が互角なのでドッグファイトは不毛、適正高度は相手のほうが微妙に上で高空吊り上げも効果ナシとまさにお手上げ。
    相手が爆撃機や重戦闘機の尻に夢中になっているときぐらいしかチャンスはないだろう。
  • v1.9
    第二次世界大戦時にソ連が使用した高高度戦闘機。
    Tier5の中では、重戦闘機に匹敵する高高度での戦闘に適正のある高速戦闘機になっている。
    お世辞にも機動性が良い機体といえないが、十分に性能を発揮できる者がすくない高度1800m以上を戦場にする機体の中では軽快な部類に入り、失速速度の低さも相俟って、かなり一方的な格闘戦を展開出来るポテンシャルがある。
    しかし、高高度が得意な割りに上昇力に難があり、そこに上がるまでが大変だったりする。
    また、武装が最高でも12.7mm機銃3丁と貧弱。
    武器の性能的に遠距離戦が苦手なので、弾薬で補うにも限界がある。
    格闘戦にしても、一撃離脱戦法にしても、終始、火力不足に悩まされる事になる。
     

史実 Edit

MiG-3.jpg
 

MiG-3(ミグ3;ロシア語:МиГ-3ミーグ・トリー)は、ソ連のミコヤン・グレヴィッチ設計局が開発したレシプロ戦闘機(後に戦術偵察機)。
MiG-1を原型として、高々度用に過給器を付けた液冷エンジンミクリンAM-35Aに換装した高々度戦闘用の高速戦闘機である。
最大速度640km、実用上昇限度は12000m。
MiG-1からの改修点として、エンジンの変更に伴い補助燃料タンクを増設していること、キャノピー形状を変更して操縦席からの後方視界を向上させたこと、主翼の上反角を増やして機体安定性を向上させたこと、などがあげられる。
3000機(3300機という説もある)が生産されたが、上記エンジンの生産中止に伴い、生産を終了した。

 

出典:MiG-3 wikipedia

 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 機首の3門を20mm1門に換装したい・・・ -- 2014-10-30 (木) 03:54:10
    • 火力的に厳しいん? -- 2014-10-30 (木) 10:56:44
      • 実質3x12.7mmだから撃墜まで時間かかるんだよね。まぁ隣のYak-1も相当な酷さだったけど。 -- 2014-10-30 (木) 23:20:51
  • 米軍の12.7mmより微妙に攻撃力が盛られているお陰か総合では思っていたほどの火力不足は感じなかった。それよりも射程の足りなさで支援射撃や味方を追ってる機体の引きはがしが難しく、瞬間火力の点で実は機体性能のワリに一撃離脱がイマイチな事が気になった。機銃のオーバーヒートし辛さのお陰で重戦や爆撃機を追うには悪くないと思ったのでまさに「迎撃機」として使うべきか? -- 2018-02-04 (日) 22:01:44
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White