Top > P-51H
HTML convert time to 0.019 sec.


P-51H

Last-modified: 2018-04-21 (土) 02:09:16

Tier8 アメリカ 戦闘機 North American P-51H Mustang Edit

XP-51F.jpg
▲初期状態 XP-51F

P-51H.jpg
▲最終状態 P-51H

 

スクリーンショットはエンブレム・ノーズアートなし

 

性能一覧(v2.0.4.8) Edit

スペック解説

項目初期状態最終状態
火力
Gun Armament
1121
爆装
Bombs and Rockets
0
抗堪性
Survivability
1011
耐久値
Hit Points
340360
速度
Airspeed
5861
最適高度最高速度(km/h)
Top Speed at Best Altitude
750780
最大降下速度(km/h)
Maximum Dive Speed
880900
機動性
Maneuverability
6365
一周旋回時間(s)
Average Time to Turn 360 deg
11.110.8
横転率(°/s)
Rate of Roll
150
最適速度(km/h)
Optimum Airspeed
504525
失速速度(km/h)
Stall Speed
140
高度性能
Altitude Performance
82
最適高度(m)
Optimum Altitude
2,500
上昇率(m/s)
Rate of Climb
144.4148.6
フラップあり
ブースト時間(s)12
本体価格(Cr)2,370,000
 

装備 Edit

武装 Edit

固定武装

翼内機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
4x 12.7 mm MG-53-2 (W)52800540
6x 12.7 mm MG-53-2 (W)
6x 12.7 mm MG-53HB (W)65560
 

その他の項目 Edit

機体

名称耐久値
P-51F340
P-51H360
 

エンジン

名称馬力
(hp)
冷却方式ブースト時間
(s)
V-1650-71,695水冷12
Merlin 145M1,910
V-1650-92,220
 

搭乗員

1Pilot
 

派生軍用機

派生元P-51D
派生先FJ-1
 

解説 Edit

  • v2.0
  • v1.9
    Tier8のアメリカ戦闘機。
    今まで同様、高高度での戦いを中心に。
     

史実 Edit

P-51は、アメリカのノースアメリカンにより製造されたレシプロ単発単座戦闘機である。愛称はマスタング (Mustang)、あるいはムスタング。
第二次世界大戦の半ばにイギリスのロールス・ロイス マーリンエンジンを搭載した後は、大きな航続力、高高度性能、運動性を与えられ、多くの戦功を残し、最高のレシプロ戦闘機とみなされている。

 

1939年に第二次世界大戦が勃発してすぐに、イギリス及びフランス政府は共同で合衆国内(ニューヨークのマンハッタン)に、サー・ヘンリー・セルフを長とする英仏購入委員会(Anglo-French Purchasing Commission) を設立した。この委員会はドイツによるフランス占領後はイギリス単独の機関となった。セルフが抱えていた多くの仕事のなかには、イギリス空軍のためにアメリカの戦闘機製造を組織化することも含まれていた。この時点では、完成ずみのアメリカ製航空機のうちで、ヨーロッパの水準に達しているものは皆無だった。カーチス製のP-40 ウォーホークだけがいい線を行っていたが、工場は最大限稼働していたにもかかわらず供給は不足していた。
1940年2月25日、セルフはノースアメリカン (NAA) の社長 "ダッチ"・キンデルバーガーに「カーチスからライセンス供与を受けてP-40を作れないか」と尋ねた。ノースアメリカンは既にAT-6 練習機のイギリス向け輸出型、ハーバード Iを生産しており、その品質はイギリス空軍でも高く評価されていた。3月のある日の午後、キンデルバーガーは主任設計士のエドガー・シュミュードに相談した。シュミュードはかねてから戦闘機設計の構想を抱いていたため、戦闘機の自社開発は出来ると答えた。キンデルバーガーのヘンリー卿への回答は、「ノースアメリカン社は、同じエンジンで、もっといい航空機を、より短い製作期間で、初飛行させることができる」というものだった。そして、5月29日、ノースアメリカン社とイギリス空軍の間に契約が交わされた。

P-51H
P-51のプロトタイプ NA-73は、USAAFの荷重倍数基準: 7.33 Gで設計された。強度は充分だったが、イギリス基準の荷重倍数: 5.33Gで設計した場合よりも、かなり重くなってしまった。USAAFとイギリス空軍の双方が、P-51をスピットファイア並に軽量化する計画に興味を示した。これによって、マスタングの性能は大幅に向上すると期待された。新たに社内名NA-105と名付けられたこの機体計画において、エンジンの異なるプロトタイプがいくつか作られた。
P-51F
P-51Dと同じマーリン V-1650
P-51G
マーリン 14SM
P-51J
アリソン V-1710-119
これらのモデルは実験的な性格が強く、驚異的な性能を示したが、いずれも量産には至らなかった。しかしながら、その成果は確実にH型に生かされた。

最終生産型となったP-51Hは新型のV-1650-9エンジンを積んでいた。これはマーリンエンジンの一種で、自動スーパーチャージャー制御を備え、水メタノール噴射によって最大出力は2,000 HP (1,490 kW)に達した。数百ポンドの機体軽量化・出力の増加・ラジエーター形状の改善によって、P-51Hは高度7,600 m (25,000 ft)で784 km/h (487 mph)に達することができ、おそらく当時世界一速いプロペラ推進戦闘機となった。

日本への侵攻作戦において、全てのマスタングのモデルをP-51Hによって置き換え、USAAF標準の戦闘機とすることが計画されていた。生産は増加したが、555機が前線に送られたところで終戦となり、予約済みだった追加発注分はキャンセルされた。

 

出典:P-51 Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/P-51_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ん?機動性468!?複葉機よりもいいの!? -- 2013-07-14 (日) 22:35:39
  • 乗り出しが苦しいなんてもんじゃないな… -- 2016-12-25 (日) 21:00:24
    • このtier にもなれば、フリーで開発を終えとくべきだよ。 -- 2016-12-26 (月) 15:04:48
  • このTierまで来てこの火力・・・ぺちぺちやってると囲まれてフルボッコ、曲芸しかできることないぞコイツ・・・ -- 2017-05-05 (金) 18:29:09
    • エンジン性能で勝負 -- 2017-05-05 (金) 18:37:04
  • 初期状態だとびっくりするくらい火力無くて笑っちゃう。Ta 152の後ろについて撃っても全然削れない。体力の減っている(二桁台くらいまで)相手の止めを刺すか、速度を失っている相手を真横から撃つくらいしか意味が無い。Botに追いかけられている味方を助けるなどでチームとして戦う以外に生き残るすべは無い。 -- 2017-05-07 (日) 12:00:52
  • 今のbotは、細かく命令しないと迷走するから、的確な指示すると言う事聞くよ。拒否したゴミbotはとりあえず戦力にならないから撃墜しとけばいい。敵のbotが2機編隊で連携してたりしていろいろ進化してる。 -- 2017-05-14 (日) 00:39:51
    • だけどまだ地形には弱いですね。谷マップで対地攻撃機を攻撃しようとして自爆はまだあります。P-51H使ってみて思ったけど、A・D型に比べればまだ使いやすいです。機体性能を活かして援護ととどめに十分な火力が有る。 -- 2017-06-02 (金) 23:23:21
  • 万能機(器用貧乏)なので味方Botと一緒に攻撃しないと撃墜まで時間がかかりすぎてジリ貧になってしまう。一旦数的有利が確保できればそこからどんどん差を広げていこう。2~3機分楽になったらTa-152や重戦闘機を追い掛け回して仕事をさせないようにさせればひっくり返されることも無くなるはず。 -- 2017-08-12 (土) 20:23:42
    • こんな前向きなことを書いといてなんだが、開幕直後にほぼ確実に味方Botが死んでどうしようもない。2~3機不利から全くひっくり返せない戦闘しか無くて心が折れて売ってしまった。結局P-51全てを扱いきれなかった。敵とカチ合ったときに味方Botに勝ってもらうにはどうすればいいんですかね…… -- 2017-10-04 (水) 00:02:06
      • 12.7mmの豆鉄砲を使って、味方Botを追い回してる敵Botに何発か当てて回避行動させるぐらいしかないな。 -- 2017-10-04 (水) 01:31:01
      • やったんですよ!必死に!これ以上n(ry 援護する以前に開幕で相手に数的有利を作られて、そのまま各個撃破されちゃうんです。追われてる味方Botを救出していても既に別のところで各個撃破されてどんどん不利が広がっていってしまう。 -- 2017-10-04 (水) 01:46:46
      • Botがクソだったならばどんな機体で何をしようが勝ち目は無いよな -- 2017-10-04 (水) 19:09:20
  • wowp todayで勝率見てみたら過去2週間ru 1618戦 46.91%、eu 1243戦 48.11%、na 219戦 46.12%。火力の無さが響いてるんかねぇtier8では。tier7の51DはRUで49.57%、EUとNAでは55%前後だし。 -- 2017-10-04 (水) 04:02:02
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White