Top > 【愛情のオムレツ】


【愛情のオムレツ】

Last-modified: 2019-05-26 (日) 08:58:29

【天使と悪魔の調理職人】

【天使のオードブル】-【審判のスープ】-【調和の魚料理】-【悪魔の肉料理】-【必殺のサラダ】-【混迷のリゾット】-【深淵のデザート】-【愛情のオムレツ】

概要 Edit

【調理】職人レベルの上限が60まで解放される。

クエストNo.464
条件調理職人レベル54以上
受注場所【オルフェアの町】
依頼者【マスター・ポシェル】
初回報酬Lv56以上調理職人になれる
【立ちかた】「マスター級職人」
リプレイ報酬【ウルベア金貨】
名声値81

攻略 Edit

クッキングデビルからの挑戦状が来たので、まずは練習でできのよさ☆2つ以上の【あいじょうオムレツ】を作る。
【マスター・ポシェル】に渡すと一味足りないので、隠し味の秘密を得るため【ミュルエルの森】の小屋に向かう。
 
小屋に着くとクッキングデビルの弟子で料理を食べて死んだはずのマシュポムが生きており、隠し味の「エンジェルクリーム」を託される。
【プクレット広場】に赴き、クッキングデビルとの料理対決が開始される。特別審査員は【ナブレット団長】
 
クッキングデビルが主人公の作ったオムレツを渡されて食べると、正体を現す。なんとマスター・ポシェルだった。
ポシェルはクッキングデビルの影に怯える一方、父親のことも否定できずにいたため、二重人格になり、クッキングデビルとしても行動していたのだった。
 
ポシェルはこんな自分は「マスター失格」だと考え辞めようとするが、ナブレット団長は主人公のような料理人を育てたポシェルはギルドマスターを続けるべきだと諭し、ポシェルはマスターを続ける事になった。
 
職人レベルの上限が開放され、【調理を継ぐ者】の称号を獲得する。